学院案内 建物について
京都・藤森キャンパス
藤森キャンパス聖母女学院本館は、京都でも屈指の歴史ある建造物です。外観は古典様式の意匠でまとめられており、室内の装飾は簡素ながらも、天井の真飾りや各部屋で異なる暖炉の装飾、階段の意匠など、随所にさまざまな趣向が凝らされています。
1908(明治41)年8月に、陸軍第16師団司令部の庁舎として建てられたこの建物は、戦後、平和を心から愛する当学院の創始者メール・マリー・クロチルド・リュチニエのもとに払い下げられ、正門前のマリア像と共に、当校で愛されています。
藤森キャンパスイメージ藤森キャンパスイメージ 大阪・香里キャンパス
香里キャンパスイメージ香里キャンパスの校舎の建築は、1931年3月12日、創立者メール・マリー・クロチルド・リュチニエの「鍬入れ」に始まり、翌年(1932年)の年明けに完了しました。設計に当たったのは、軽井沢夏の家(現ペイネ美術館)、東京女子大学、聖アンセルモ教会など、多くの名建築を日本各地に残し、日本の近代建築の発展に大きく寄与したことで有名な建築家アントニン・レーモンド氏です。
当時、レーモンド氏は自ら、東京から汽車に揺られて何度もこの地に足を運び、この小高い香里の丘の上に、アーチを多く使った、この白く華やかな校舎を完成させました。1997年5月29日には、国登録文化財(有形文化財建造物)にも指定されています。
香里キャンパスイメージ香里キャンパスイメージ

> トップへ戻る

学院案内 スクールシンボル
幼稚園スクールシンボル幼稚園
本学院の設立母体であるヌヴェール愛徳およびキリスト教的教育修道会の修道女で、聖母マリアの忠実(従順)な使者といわれた聖ベルナデッタは、フランスのルルドの洞窟で18回、マリア様の御出現を受けました。その時マリア様の足下に咲いていたといわれる野バラが園章となりました。
小学校 中学校・高等学校スクールシンボル
小学校 中学校・高等学校
エルミンという想像上の動物を中心に「OBEISSANCE ET PURETE」という、フランス語で従順と純潔を意味する文字がそれを囲んでいます。
エルミンはフランスの動物で、真白い毛皮に包まれた体が少しでも汚れると死んでしまうという言い伝えから、聖母女学院創立当初に純潔の象徴とされ校章となりました。
短期大学スクールシンボル
短期大学
地のブルーは聖母マリアの色、3つのリス(百合)は、従順・純潔・誠実を表し、型は、これら3つを楯として、内的、外的悪に立ち向かうよう、意味されています。

> トップへ戻る

理事長メッセージ 建学の精神 教育方針 沿革 建物について スクールシンボル 本学院の状況
理事長メッセージ 教育方針 入試情報 情報公開 採用情報 同窓会について