京都聖母学院小学校

文字サイズの変更 文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大
  • 小学校概要
  • 教育について
  • 総合コース
  • 国際コース
  • 入学案内
  • よくある質問
  1. トップ
  2. 教育について
  3. 4つのプロジェクト
  4. 命を知る

教育について

4つのプロジェクト

命を知る

生涯を通して命と健康について考えられる子どもの育成

命の学習

生命には始まりと終わりがあることに気づき、守り育ててくださっている方々への感謝の心を養うための時間です。各教科と連携して、生きとし生けるもの全ての命を大切にする心を育てます。

「生」の意味を考える死者の月

カトリックでは、11月は死者の月です。生と死について考え、生かされていることに感謝して祈ります。神から与えられた生命を大切にし、一生懸命生きていく力を育みます。

イエスの誕生を待つ待降節・クリスマス

待降節では、苦しむ人・悲しむ人・重荷を負って悩む人が、イエス・キリストの訪れによって、闇から光り輝く命を見出せるよう願います。クリスマスには、救いのためにこの世にお生まれになったイエス・キリストの誕生を感謝のうちにお祝いし、お祈りします。

合宿で学ぶ体験合宿

各学年の発達段階に応じて行う自然体験学習は、人と人との関わりや、人と自然との関わりについて考える絶好の機会です。たくさんの人々のおかげで生かされていると気づくことで、感謝の心が養われます。また平和学習では、平和と命の重みについて考え、平和の天使として生きる子どもを育てます。

聖書のことば

あなたは、わたしの母の内にわたしを宿してくださいました。

わたしは、あなたに感謝をささげます。

(詩篇 139.13.14)

児童の作文

おかあさんは、元気な赤ちゃんが生まれてとてもうれしい気持ちになりました。
ぶじに生まれてきて、かみさまにありがとうといいました。
おとうさんは、その日おしごとがあったので、じぶんがおしごとをしているあいだに生まれたらどうしようとおもいました。

でも、赤ちゃんがおしごとがおわるまでまってくれたのでほっとしました。
おばあちゃんは、おかあさんがあまりにもいたそうにしているのでしんぱいでした。
でも、かわいい赤ちゃんがうまれたので、しあわせな気もちになりました。
かぞくがぼくのことをたいせつにしてくれていることがよくわかりうれしくなりました。

2016年度の例
学年行き先
3年滋賀(1泊2日)
4年和歌山(2泊3日)
5年九州(3泊4日)
6年広島 平和学習(1泊2日)

ページの先頭へ戻る