京都聖母学院小学校

文字サイズの変更 文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大
  • 小学校概要
  • 教育について
  • 総合コース
  • 国際コース
  • 入学案内
  • よくある質問
  1. トップ
  2. 小学校概要

小学校概要

教育理念

建学の精神

カトリックの人間観・世界観にもとづく教育を通して、真理を探求し、愛と奉仕と正義に生き、真に平和な世界を築くことに積極的に貢献する人間を育成する。

校訓

従順と純潔 -OBEISSANCE ET PURETE-
従順 真理を探究する歩みの中で出来事を正しく判断し、正しいことをはっきりと表明し、それに誠実に従う強い意志
純潔 真理を純粋に誠実に受け入れ、実践する生活態度

校章について

本学院の校章は、中央にエルミン(HERMINE)という動物を図案化し、その周囲にフランス語でOBEISSANCE ET PURETE(従順と純潔)の文字が記されている。エルミンはフランスの小動物で、"百合の花"ともいわれ、純潔の象徴として使われている。従順と純潔こそ創立者が学院に学ぶすべての者に期待し願ったモットーである。

レヴェランド・メールのお言葉

小鳥は、大空を飛翔するのに二つの羽を持っております。
皆様にとっての二つの羽、それは校章に示された二つの徳、従順と純潔であります。

「創立25周年のお祝いに」から

ページのTOPへ

校長の挨拶

校長 澤井広子(さわいひろこ) 校長 澤井広子(さわいひろこ)

神さまから愛され、皆から大切にされている自分! そんな自分に気付き、神さまから自分に授かっている可能性を発見し、のびのびと開花させていきます。

どの人をも、自分と同じように大切にする心! 愛と奉仕の精神、また生きるために必要な力を備え、家庭、地域、社会に積極的に関わっていけるような人に育ってほしいと願っています。

ページのTOPへ

沿革

本学院(学校法人聖母女学院)はフランス、ヌヴェール市に本部を置く愛徳修道会の創立した総合学園の一端を担っています。

1921(大10) 創立者メール・マリー・クロチルド・リュチニエはじめ7人の修道女来日
大阪の玉造カトリック教会内に居を定める
1923(大12) 聖母女学院設立許可を受ける。開校 生徒27名、職員15名
1948(昭23) 京都深草旧16師団司令部の土地2万坪及び建物の払い下げを受ける
1949(昭24) 京都聖母女学院開校 小学生17名 中学生81名 メール・マリー・クロチルド・リュチニエ校長兼任
1957(昭32) 小学校男女共学制になる
1960(昭35) 小学校旧校舎 校名を聖母学院と改称
1984(昭59) 小学校校舎全面建て替えの許可おりる
合唱団 NHK全国学校音楽コンクール全国コンクール初出場
1986(昭61) 校舎竣工祝別式 小学校校舎竣工
1991(平03) コンピュータ教育を導入
1993(平05) 聖母女学院創立70周年記念式典
1994(平06) 京都・第1回NIE実践校として指定
ルワンダ救済活動開始
1999(平11) 聖母学院小学校創立50周年
2000(平12) 「大聖年ミサと音楽の集い」を国立京都国際会議場にて開催
2002(平14) 稲盛財団「第18回京都賞授賞式」式典に合唱団出演(以後連続出演)
2003(平15) 国際コース開設
学力向上フロンティアスクールとして文部科学省より指定
「全国子どもの読書活動優秀実践校」として文部科学大臣賞受賞
「J-kidsホームページ大賞」優秀賞受賞
2004(平16) 京都・第10回NIE実践校として指定
2005(平17) 緊急メール配信システム導入(登下校状況のメール配信による通信)
2006(平18) 学童保育室設置(1~3年対象)
2007(平19) 弁当給食導入
2008(平20) 西日本私立小学校連合連研修会授業公開
2009(平21) 創立90周年記念事業開始
小学校体育館 耐震及びリニューアル工事
文部科学省教育課程特例校として指定
2011(平23) 校名を京都聖母学院小学校と改称
2013(平25) 聖母女学院創立90周年記念式典
合唱団 NHK全国学校音楽コンクール 近畿ブロック金賞 全国コンクール出場 
2014(平26)   給食「聖母ランチ」スタート
合唱団 NHK全国学校音楽コンクール 全国コンクール出場銅賞受賞
MBSこども音楽コンクール小学校合唱部門 文部科学大臣奨励賞受賞
環境美化教育優良校等表彰事業 優良校/協会会長賞受賞
 2015(平27) 「全国子どもの読書活動優秀実践校」として文部科学大臣賞受賞 
 2016(平28) 合唱団「スポーツ、文化、ワールドフォーラム京都会場」に出演 

ページの先頭へ戻る