コース紹介

SSC(スーパースタディズコース) SEC(スーパーイングリッシュコース)

SEC(スーパーイングリッシュコース)

英語力養成を最重点にPBL授業を進めるコースです。

スーパーイングリッシュコース

複数教科を英語で授業するイマージョン教育を行い、
英語運用能力の飛躍的向上とグローバル社会に対応できる人材を育てます。

英語で授業をするイマージョン教育を導入

イマージョン教育=多言語で行う授業

英語力は、日本の教育で最も弱い部分と言われています。
本校では、英語・算数・理科を中心とした複数教科を「英語」で学びます。
これによって、英語に接する時間は英語科授業の数倍となり、英語力と英語による表現力を飛躍的に伸ばすことができます。
(文部科学省教育課程特例校)

ネイティブ教員と日本人教員による2名担任制

ネイティブ教員による授業を日本人教員がサポートする2名体制を取り入れた授業を実施。
すべての児童がいずれも英語力を大きく伸ばせるよう、きめ細かな指導を行います。

週3時間の英語授業(公立校5・6年生は週1時間)

ネイティブ教員(日本人教員サポート)による週3時間の英語授業により、基礎的な英語力を小学生で確立。
その数倍にわたる英語によるイマージョン教育により、聞く・話す・読む・書くの4分野を取得。
6年生卒業時には、英検準2級以上(高校一般レベル)または3級を目指します。

ICT活用による、分かる授業

電子黒板などの活用により、教科書を読むだけの学習から「視覚」「聴覚」による学習理解向上をはかります。
また、4年生以上は全員タブレットを所持し、Blended Learning(タブレット活用による個別授業)の導入による個別に応じた学習を展開します。

PBL(Project Based Learning)授業(課題解決型教育)

21世紀型教育では、PBL授業により従来の受け身教育からの大きな転換を図ります。
個人が理解するだけの教育にとどまらず、グループ討議を導入することで他者の意見を組み入れる、人との協調による意見集積等により、自らの意見を大きくステップアップさせることを目的とします。
まさに社会に望まれる基礎力を養成します。

3つの特色

  • 6年卒業時に2/3が英語検定準2級または3級の合格を目標
  • スカイプを使った海外児童との交流による異文化体験
  • 全員参加の海外研修(ホームステイ)の実施(5年生)

※ISとはIntegrated Studies。
赤字は英語で教える教科。
※本カリキュラムの時間数は変更することがあります。
※教科学習の約60%を英語の環境に浸るイマージョン教育を実施。1コマの授業にも必要に応じて日本語の指導が入ることがあります

トップへ戻る