コース紹介

SSC(スーパースタディズコース) SEC(スーパーイングリッシュコース)

SSC(スーパースタディズコース)

課題解決力と英語力を養成するコース

課題解決力と英語力を養成するコース

総合的学力向上を目指し、PBL授業(課題解決型授業)の幅広い導入により、グローバル社会で活躍できる基礎力を養います。

PBL(Project Based Learning)授業(課題解決型授業)

本校の21世紀型教育はPBL授業が中心となります。
PBL(Project Based Learning)とは、チームで協働しながら具体的な課題の解決方法を導き出していく実践型・参加型の学習方法です。
子どもたちが自分の考えをしっかり持ち、友だちとの対話の中で、クリティカルにクリエィティブに課題を見つめ直して、最適解を探っていきます。
課題解決力を武器に、グローバル社会で活躍する基礎力を養成します。

専科制、2名担任制による学力向上

英語、理科、音楽、図工、習字は専門教員が教える専科制として、理解力の向上と学力アップを図ります。
また、算数、英語は2名担任制として、児童一人ひとりの学習理解にあった指導を行っています。

充実した英語教育を実施

外国人教員(日本人教員サポート)による週4時間の英語授業を行い、英語力も育成します。
聞く・話す・読む・書くの4技能をバランスよく伸ばし、6年卒業時にはCEFR A2レベル(※)を目指します。

(※)CEFRとは、多言語が行き交うヨーロッパで、どれくらいの語学力(とくにその語学を使ったコミュニケーション力)があるのかを、共通して測るものさしとして欧州評議会(Council of Europe)が20年以上研究して開発したもので、2001年から公式に活用されています。
CEFR A2レベルとは、下記レベルを指します。
@自分自身に関係の深い内容(例えば、自分自身や家族のこと、買い物、地元の地理、生活など)についての文章やよく使われる表現は理解できる。
A慣れ親しんだ内容であれば単純で直接的なやりとりができる。
B自分自身について、また自分自身が置かれている環境や、今すぐに必要な事項について簡単な表現を用いて表現することができる。

ICT活用による、分かる授業

電子黒板などを積極的に活用し、教科書を読んだり板書したりする学習から、視覚や聴覚なども使って学習理解の向上を図っています。
情報の授業では、各学年に合ったプログラミングソフトを使ってICT活用技術を学習します。

朝読書とフラッシュカードを使った読み先習による基礎力の定着

学習の基礎は、読む力です。
毎朝の「10分間読書」でその力を養います。
4年生の1学期までに小学校で学ぶ漢字(1,006字)が読めるよう、フラッシュカードによる「読み先習」を行い読解力の向上を図ります。

3つの特色

  • PBL授業を推進
  • 充実した英語教育を実施(週4時間)
  • 専科制による学力向上

赤字は英語で教える教科。
※本カリキュラムの時間数は変更することがあります。

トップへ戻る