ニュース&トピックス

さあさあ、みんなで魚を食べよう!

2014.02.20

「魚を食べると、たくさん良いことがあります!」
2年生が、保健の一ノ瀬教諭の食育の授業を受けました。昔、魚売り場でよく耳にした「おさかな天国」の歌を聞いて、とても楽しく魚について教えてもらいました。
日本の近海には、4000種類もの魚がいるという話を聞いて、子どもたちは目を丸くして驚いていました。魚を食べると、「たんぱく質の力で、血や筋肉といった体を作ってくれる」、「DHAの力で、脳の働きを活発にしてくれる」、「タウリンの力で、疲れをとってくれる」、「カルシウムの力で、骨や歯を丈夫にしてくれる」、「EPAの力で、血をさらさらにしてくれる」といった5つのいいことがあるそうです。

この食育を機会に、魚好きが増え、みんながより健康になってくれることを願っています。

おさかな天国

おさかな天国

トップへ戻る