学校長あいさつ

21世紀の世界で
活躍できる子どもたちを
全力で育成します。

校長 荒川伸二

本校は、教育活動において、Man For Othersの精神を大切にしています。それは、他者のために自分の力を使うことこそが人間の本当の幸せな生き方であるからです。反対に、自分に向かって自分のことばかり考えて生きることは孤独につながります。子どもの将来の幸せを願う時、Man For Othersの精神を伝えずにはいられません。さて、AIが発達する21世紀の社会においては、他者とともに最適解を見つけていくことが必要になります。そのために、本校は、対話型の授業のPIL(peer Instruction Learning)と問題解決学習のPBL(Problem Based Learning)を取り入れながら、発想力・表現力・対話力を育成し、子供たちの自己課題解決力=判断力を育成します。また、授業において、一人ひとりが安心して自分の思いを表すことができる人間関係が育っているとき、子どもたちの学びはより深まり、本質に近づいていきます。私どもは、お預かりしたお子様の一人ひとりの笑顔が広がるBig Smile Schoolの教室で、「MFO」の精神の具現化である最適解を生み出していく教育を展開し、ダイナミックに変貌する21世紀の社会をたくましく生き抜く力を育てる教育にまい進してまいります。

香里ヌヴェ−ル学院小学校 校長 荒川伸二

子どもたちのいきいきとした日常生活をブログで紹介していきます!

トップへ戻る