校長ブログ

始業式に参加して

カテゴリ:校長のつぶやき

2019.04.09

4月8日(月)、香里ヌヴェール学院小学校でも始業式が行われました。私にとっては2年生から6年生までの在校生との初対面。4月1日に本校に着任してからというもの、カトリックの建学の精神が本校の風土・文化の至る所に垣間見られ、学校全体の落ち着いた雰囲気に感銘を受けていました。さらに昨日の始業式や着任式の際、真剣にそして心穏やかにお祈りをする子どもたちの姿にいたく感心しました。その数分後に学校長挨拶のために登壇する私自身の方がかえって心が乱れていたかもしれません。

さて、学校長挨拶ということでしたが、今年度こんな学校にしていきたいという思いとそのために必要な3本柱を説明しました。近年、本校は21世紀教育やグローバル教育を教育方針として打ち出していますが、本校の可能性はこういった新しいタイプの教育方針と創立以来脈々と受け継がれてきたカトリック教育の親和性にこそ秘められていると考えています。伝統とは革新の連続という考えもありますが、本校の強みとは1923年の開学以来ずっと大事にされてきたカトリックの人間観・世界観に基づく精神性に深く根ざしており、新しいものに簡単に飛びつくのではなく、子どもたちがお祈りの時間に見せたような落着きをもって、そして先見の明を持ち、うまく伝統と革新を織りなしていくことにあると思っています。

前置きが長くなりましたが、1年かけてともに創り上げていきたい学校の全体像をthe marvelous schoolとしました。関わる全ての者の中に備わっている個性や強みがお互いの支えによって輝き始めるような環境になればという思いを込めました。また所属している者が誇りを持てるような学校であり続けることも目標としました。以下が大切な3本柱です。

・The place of love for everyone…建学の精神に基づいた愛と奉仕と正義に生き、常に平和な世界を築こうと人間が集う場所。自分も他者も大切にできる場所である学校。

・The place where you welcome failure…1時間悩むよりも、30秒で即断即決して、とりあえずやってみる。そして正のフィードバックを受け続ける。チャレンジする文化が当たり前で、失敗した人をみんなで応援できる学校。

・The place where your magic begins…ひとりひとりの長所や強みを臆せず発揮でき、慈愛の心を持ってお互いの違いに目を向ける。個々の潜在能力が次々に開花していく学校。

この3本柱が具現化されると、教室の安心・安全が確保され、大人も子どもも学び続け、真に平和な世界を築くことに貢献できる人材が集うthe marvelous schoolが実現します。さあ、いよいよ新年度のスタートです。今日からの一年間、どうぞよろしくお願いします。

今朝、はじめて正門に立ち、子どもたちを出迎えました。じゃんけんを挑んでくる児童もいたり、「あ、校長先生だ!」と気さくに声をかけてくれた児童もいて、とても気持ちの良い朝となりました。

トップへ戻る