校長ブログ

芸術の朝

カテゴリ:学校のこと

2019.05.20

月曜日は朝、ベルナデッタホールで全校朝礼を行います。

今日は児童会から「外からいらしたお客さまにもしっかりと挨拶をしよう!」という呼びかけがあり、ステージ上で挨拶の仕方に関するデモンストレーションがありました。今週金曜日に西日本私立小学校教員研修会が本校で行われます。1200名ものお客さまに丁寧にご挨拶ができるかな。

さて、その後は6年生と5年生から合唱の発表がありました。最初に6年生が単独で『あんたがたどこさ』を歌ってくれました。早朝にも関わらず、よく声が出ていましたし、しっかりと練習したことが伝わる素晴らしいパフォーマンスでした。次に5年生と合同で『群青』。人数も二倍になり、圧巻でした。

通常、コーラスコンクールなどの行事で見かけるくらいの高いレベルの合唱を月曜朝礼で聴くことができ、ついマイクを持って感想を述べてしまいました。それほど、下級生にとっても教員にとっても誇らしいくらいの出来栄えで、驚きと称賛が入り交った清々しい気持ちになれました。5年生と6年生の皆さん、ありがとうございました。

『あんたがたどこさ』という郷土の歌を聴くことができたのも、御縁なんでしょうね。

さらに、朝礼後に見学した1年SECの授業も偶然、図工でした。英語イマージョンで図工というもの。教員の英語での説明を熱心に聞き、自身の創作活動に没頭する姿に見入ってしまいました。作品の仕上がりが今から楽しみ。

週のあたまの月曜日。芸術色の強い朝となりました。

(追記)
共遊の時間とお昼休みに外で遊びました。たくさん声をかけてくれるけれども、体がひとつということがとても悩ましいです。

トップへ戻る