校長ブログ

校長室を訪れる小さな天使たち

カテゴリ:校長のつぶやき

2019.06.26

ここ3日ほど、どういう訳か校長室を訪れる子どもの数が増えています。昨日は「英語の本を一緒に読んでもらえませんか?」と一人の子どもがやって来ました。発音がとても上手で感心しました。「誰に何と言われようと、今の綺麗な発音に自信と誇りを持って英語を続けてね!」と声をかけました。私自身が中学1年生の頃、複数のクラスメイトから自身の発音をからかわれた時、当時の英語担当の先生が守ってくださったことが教師を志した理由のひとつなので、その子どもが備えている宝物のような才能が同調圧力ややっかみで潰されないように見守っていきたいと痛切に感じました。

それから今日は郵便局との繋がりで授業を行っている2年生子どもたちが校長宛の葉書を配達にやって来ました。手作りの帽子を被り、郵便局員さんに扮した子どもたちがとてもかわいらしく、さらにクラスのみんなが書いてくれた葉書を受け取り、感激しました。それぞれの子どもたちが丹精こめて書いてくれたメッセージはどれも温かく、励まされるものばかり。返事を出しますので、楽しみに待っててくださいね。

さらに複数の子どもたちが「絵本の読み聞かせをしてくれませんか?」とやって来ました。校長室の奥には英語の児童書、絵本、ペーパーバックなどが置かれていることに驚き、お気に入りの本に手を伸ばしては食い入るように見入っていました。共遊の時間やお昼休みの時間は限られているので、「またいつでも来ていいよ!」と伝えると、嬉しそうな表情をして子どもたちは去っていきました。

出張などで留守にすることも多いのですが、より人が入りやすく、敷居の高くない場所として、校長室も認知されたら嬉しいです。今日の午後は特に人の出入りが多く、小学生、中学生、海外からの訪問者が同時に校長室で交流しているという、非常に賑やかな時間帯もありました。

さて、校長室を訪れた子どもたちの素直な目の輝き、生きる歓びを目の当たりにした時、私はマタイによる福音書の、イエス様が仰られた次の言葉が頭に浮かびました。

マタイによる福音書 18章
1 そのとき、弟子たちがイエスのもとにきて言った、「いったい、天国ではだれがいちばん偉いのですか」。
2 すると、イエスは幼な子を呼び寄せ、彼らのまん中に立たせて言われた、
3 「よく聞きなさい。心をいれかえて幼な子のようにならなければ、天国にはいることはできないであろう。
4 この幼な子のように自分を低くする者が、天国でいちばん偉いのである。
5 また、だれでも、このようなひとりの幼な子を、わたしの名のゆえに受けいれる者は、わたしを受けいれるのである。
6 しかし、わたしを信ずるこれらの小さい者のひとりをつまずかせる者は、大きなひきうすを首にかけられて海の深みに沈められる方が、その人の益になる。


この子どもたちの目の輝きを失うことがないよう、私たちはイエス様の言葉の通り、大人こそが、学びの素直さを輝かせて、子どもたちと共に歩んでいきたいと思っています。

よく知られた一節ですが、この18章の書かれた内容を思い出しながら、子どもたちが目の輝きをいつまでも失わないような関わりを続けていきたい、そう強く願う一日となりました。

トップへ戻る