校長ブログ

聖書の集いを行いました!

カテゴリ:校長のつぶやき

2017.05.16

昨日は、「聖書の集い」を先生たちと行いました。
自由参加です。
聖書を読み、その内容について、説明を聞いた後、
それぞれが感想や疑問を分かち合いました。

参加者同士で、自分の意見を伝え合うことを
ディスカッションと言いますが、
分かち合いは相手の話を聞き、
その思いを正確に理解するために
質問をするという形で
進めていきます。

分かち合いをすると、
お互いのの考えがよくわかり、
相互理解が深まるのです。
聖書の集いではよく行われる方法です。

昨日は、旧約聖書のアブラハムとモ−セの話でした。
二人とも、神様の無茶ぶりともいえる命令(試練)に
勇気を出して従った人です。

先生たちからは、次のように話がありました。
・私たちも試練と思うことにぶち当たるけれど、
 それは神様がチャレンジする力を与えてくださっているのだと
 いうことが分かった。
・試練に対して、自分の頭で考えて乗り越えていかなければ
 いけないと思う。大変だけど、乗り越えたときに自分の成長という
 素晴らしいお恵みを与えられるのだと思う。
・踏み出すことは勇気がいるけれど、神様を信じているから、
 踏み出すことができる。
・どうして、こんな試練をあるのかと思うけれど、
 この時のいろんな人との出会いが、
 次のチャレンジの時に自分を助けてくれたりする。
 「すべてにときがある」という聖書の言葉通り、
 神様の深い計らいを感じる。

素敵な時間を共有できたことに感謝! 

トップへ戻る