校長ブログ

学校は第2の家族でありたい

カテゴリ:校長のつぶやき

2018.08.27

2学期がスタートしました。
子どもたちが元気な姿で
登校してくれました。
教育活動が再開できることに
感謝しています。

学校を子どもたちにとって
家族の集まりのように温かく、
居場所のある場所にしていきたい。

我々教員が
第2の父母兄姉のまなざしで
子どもたちを見つめ、
ありのままを受け入れることができたら
学校は子どもにとって
第2の家庭のような場所になる。

家族だから
子どもたちもお互いに気を配り、
お世話し合うことで
笑顔が広がっていく。

そうしたら、
学校は、笑顔広がる、Big Smile Schoolになるに
違いない。

そして、将来、子どもたちが大人になって
それぞれの居場所で笑顔を広げる人になってくれたら
世の中は、Big Smile Worldになるに違いない。

(2018年度2学期初日に思うこと)

考えるとは?

カテゴリ:校長のつぶやき

2018.06.04

今年の土曜参観では六年生が
修学旅行のまとめをポスタ−セッション形式で
発表しました。

テーマは、
「あなたなら今年の修学旅行の学びを
 どのように伝えますか」です。

この日の発表は修学旅行前から伝えてあったので
修学旅行中も子どもたちはガイドの方々のお話を
熱心に聞いていました。
また、質問も次々に出たためか
ガイドの方々が温かく子どもたちを迎えてくださり
子どもたちとの間にいつしか一体感が生まれているように
感じました。

勾玉づくり体験、テーブルマナー講習、二十六聖人記念館・出島・ド・ロ神父記念館見学で
お世話になった方々に感謝。

インプットしたことをアウトプットすることが
考えることです。今回のプレゼンを振り返り、
次回は沖縄平和学習のプレゼンに生かしていきます。

保護者会もPBL!

カテゴリ:校長のつぶやき

2018.05.15

本日は、2018年度香里ヌヴェ−ル学院保護者会合同会議でした。
コンクリ−ト打ちっぱなしの近代建築の代表的な建築物である
トレーニングルームを今年から開放し、集まっていただきました。


保護者会評議員と小学校の学級代表、
そして中学校・高等学校の学年代表の皆さまが集まって、
今年度の活動について話し合いが持たれました。
例年通り、保護者会長様と両校長の挨拶の後、
文化教養部・広報部・ボランティア部のいずれかに
分かれていただきました。
そして、各部でリーダー、副リーダー、書記を
決めていただくのですが
今年ここからが違いました。
会長様から「ジャンケン、くじ引きで決めるのは
最後の方法にしてください。」の一声で、
保護者の皆様は一気に対話モードに突入です。


保護者の皆様が対話を通して
自分らしさを発揮しておられる空気感が
トレーニングルームに溢れていました。
まさにProject Based Learningです。
素敵なスタートとなりました!

避難訓練を自分事と捉えたい

カテゴリ:校長のつぶやき

2018.05.11

今回は地震を想定した避難訓練を実施しました。

子どもたちは今年も゛押さない、走らない、喋らない」という学校の指導を
素直に守って行動できました。
昨年度から子どもたちは、教えられて通りに避難訓練の型を覚え、
実行できる力をつけてきたと感じています。
次は自分の判断も入れながら行動するという提案型の避難訓練に
していく時期に来ていると感じています。

そのためにもっと避難訓練が自分事になるにはどうしたらよいのか、
そんなことを考えていると、夕刻の教員の振り返りで
「サイレンの音が怖くて緊張した子がいた」ということを聞きました。
訓練が自分事になるには、地震が起きたらあなたならどうする?という問いに
子ども自身がある程度の不安を持って取り組むことが必要なのではないでしょうか。

先生の言う通りにしていたら安心という段階から、
自分なりの不安をもとに地震を自分事として捉え、
自分の命を守るために、どのように行動したら良いのかを、
対話する授業が必要な段階に来ていると感じました。


iPhoneから送信

2018年度入学式挨拶

カテゴリ:校長のつぶやき

2018.04.10

1年生のみなさん、香里ヌヴェ−ル学院小学校へようこそ。
今日からみなさんは香里ヌヴェ−ル学院小学校の1年生です。
今、みなさんは、名前を呼ばれて「はい」と返事をしてくれましたね。
みなさん一人ひとりの声が聞けて校長先生はとってもうれしいです。
声を出すっていいことだね。
だって、みんなの気持ちや言いたいことが分かるからだよ。
元気いっぱいの「はい」
しっかりとした「はい」
笑顔いっぱいの「はい」
緊張した「はい」など
いろいろな「はい」という返事が
あってとっても良かったなと思いました。

このように、小学校では、お友だちや先生に
みんなの気持ちや考えたことを
声に出してお話ししましょう。
そして、お友だちのお話も耳を
澄まして聞いてみましょう。
そうしたら、「なぜなぜ」って思っていた不思議なことが
「なるほど」って思えてくるんだよ。

さて、みんなは不思議だなって思っていることがありますか。
校長先生はいっぱいあります。
たとえば、あの空はどうして青いでしょう
あの鳥はどうして飛べるのでしょう
あの虫はどうして羽鳴らすのでしょう
桜の花はピンク色なのに葉っぱどうして緑色なのでしょう
あの猫はなぜ目が光るのでしょう
こう考えると不思議なことはまだまだたくさんありますね。
こんな不思議をみんなにはいっぱい考えてほしいです。
そして、「なぜなぜ、どうして」って思うことが
「なるほどな、いいな」に変わっていくお勉強を
していきましょう。

このようにお友だちとお話しながら
いっしょに考えていくお勉強をするには
大切なことが3つあります。
それは、
お友達と仲良くしましょう。
お友達の喜ぶことをしましょう。
お約束をしっかりと守りましょう
の3つです。
この3つが出来たら、お勉強は楽しくなります。
そして、笑顔いっぱいの教室になります。
笑顔広がる学校のことを「Big Smile School」といいます。
覚えてくださいね。

では、おうちの方にご挨拶しますから、
みなさんはそのまま静かに待っていてくださいね。

保護護者のみなさま。
お子さまのご入学、誠におめでとうございます。
今日、制服に身を包んだお子さまの姿をご覧になって、
ご誕生からの喜びやご苦労の日々のことが
走馬灯のように浮かんでおられることと推察いたします。
私ども親にとって、子どもは神様から与えられいのちであり、
かけがえのない、愛する存在です。
私は子どもたちに次の世代で
幸せになってほしいと思っています。
そのために子どもたちに残してあげられる財産は
教育だと思います。
子どもたちが私達親の世代の後に幸せな社会を
作っていくことができる力をつけてあげたいと思っています。
そのために21世紀型教育を徹底して進めていきます。
私たち教職員は保護者の皆様から6年間という時間を頂戴しました。
私たち教職員一同全力でお子様の教育に邁進していく所存です。
どうぞ、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。
 
また、ご来賓のみなさまにはご多用の中、
ご参列いただきありがととうございます。
私ども教職員はこれからますます成長していかなくてはなりません。
トライ&エラ−の精神で全教職員が一丸となりまして、
この106名の1年生の健やかな成長のため、
全力で努力してまいる所存でございます。
今後とも本校への変わらぬご指導ご支援を賜りますよう、
心よりお願い申し上げます。

 
では1年生のみなさん。明日から元気に学校に来てくださいね。
待っていますよ。
最後に、お祈りをいたしましょう。
神様、今日ここに106名の一年生とその家族の方々を迎えることが
できたことに感謝いたします。
新しく迎えた一人ひとりを卒業の日まで見守りお導きください。
そして、それぞれのご家族を祝福してください。
また、2年生〜6年生までの在校生と教職員もともに学び支えあい
成長していくことができるようにお導きください。
わたしたちの主イエス・キリストによって。 ア−メン。

2018年4月10日
香里ヌヴェール学院小学校 校長 荒川 伸二


トップへ戻る