校長ブログ

見えない距離は近く

カテゴリ:校長のつぶやき

2020.04.21

4月16日、新型コロナ感染に関する「緊急事態宣言」が全国に拡大されました。専門家は、人と人との接触の8割削減を提言。非常に厳しい設定目標ですが、皆で力を合わせて頑張るしかありません。

さて、感染者数と同様に気になる数字を見つけました。OECDが発表した「社会的孤立調査」です。そのデータを見てみると、コロナウイルスの感染者数が低い国が社会的孤立調査の上位にきているのです。メキシコが20カ国中第2位で14%、日本が第1位で15%となっています。ちなみに米国3%で日本の5分の1、スペインは日本の3分の1、イタリアは2分の1、ドイツも5分の1。つまり、孤立が進んでいた国の感染率が低いことがこの調査から窺えます。

3月2日を境に子どもたちが学校から離れ、随分と長い時間が経過しました。大人だけでなく子どもたちも感染拡大を防ぐために、「物理的な距離」を空ける努力をしてくれています。しかし、OECDの調査結果で明らかになった「心の社会的距離」が日本社会では非常に大きな課題であることがしばらく頭から離れません。

休校延長が決定し、子どもたちや保護者の方々と直にお会いすることができなくなっています。始業式や入学式が延期になったことで、子どもたちは担任や教科担当に会うこともできていません。

紙ベースの課題配布に加え、学校再開までに何かもっとお互いの距離を近づけることができる取組はできないものかと随分悩みました。学びの保障とコミュニケーションの担保を目標とする中で、本校としてはどんなことが可能なのか、短い準備期間の中で考えました。その結果、当面の間以下のような取組を行っています。

@郵送による課題のお届け
A学校ホームページを活用した課題や動画配信
BYouTubeやseesawを用いたオンライン対応

seesawは、学習の成果物等を写真や動画で提出することができ、また双方向のやりとりができるという魅力があります。学校長である私から「自己紹介を担任の先生に送ろう」というメッセージを送り、課題を始めました。また、YouTubeは、基本的に限定公開とし、各学年の掲示板にてアドレスをお知らせし、学びの動画を視聴していただいています。


学校の再開を待ち望んでもらえるような課題や動画作成をどの教員も心がけてくれていて、画面の先にいる子どもたちを想像しながら、学年ごとに連携をとって作成に臨んでいます。

実際、カメラを向けられると緊張もしますので、セリフが飛んでしまったり、表情がこわばったり。中には上手くお話ができて安堵していたら、録音ボタンが押されてなかったりなど様々なハプニングを乗り越えながら、試行錯誤を繰り返しています。

撮影を続けていく中で、カメラアングル、背景、人数、撮影時間、教材の見せ方などお互いにフィードバックをし合い、日に日に技術とチームワークが高まっている印象を受けます。

「三密」を十分に意識しながらも、楽しそうに動画作成に没頭する教員たちを眺めていると、本当に子どもたちのことが大好きで、より良いものを届けようとする姿勢が伝わります。オンラインでの動画配信やコミュニケーションという新しいことに嬉々として取り組む風土こそが本校が求めている21世紀教育の本質のひとつなのではないかと実感しながら、彼らの様子を観察する日々です。

ただ、今大切なことは感染を防ぎ、命を守ること。オンラインの取組に対して保護者の皆さまにはご無理のない範囲でとお願いしております。教職員も同様です。

休校期間中、常に念頭に置いておきたいことは、学校が再開が決定された際、誰もが学校に元気に戻ってくること。その「復活」の日を信じ、その日まで香里ヌヴェール小学校に関わる全ての人々の「心の社会的距離」が離れることなく、毎日を過ごしてもらえることをいつも願っています。

あなたたちで本当に良かった

カテゴリ:校長のつぶやき

2020.03.17

本日無事に香里ヌヴェール学院小学校の卒業式が挙行されました。コロナウイルスの影響で、在校生の参列はなく、ご家族や来賓の方々のご参加にも制限を設けさせて頂きました。そんな条件下での実施でしたが、結果的には予想以上に素晴らしい式を行うことができました。6年生、本当に凄かったよ!

3月2日から休講措置のため、校舎からは子どもたちの姿が消え、昨日までとても寂しい時間を過ごしていました。しかし、今日、久しぶりに6年生の元気な声を耳にし、学校に活気が戻ってきました。

しかし、教職員の中には一抹の不安を感じていた者もいたかもしれません。なぜなら、例年は1週間以上卒業式練習を行なっていますが、今年は式直前に行なった約1時間のリハーサルのみ。一通り流れは確認しましたが、本番うまく行くかどうかは誰にも分からず、我々にできることは子どもたちを信じることだけでした。

私は人生で初めての式辞という大役を仰せつかっていましたが、素直に包み隠さず、この1年間6年生に対して感じてきたことを伝えようと決めていました。

4月、新米学校長として本校に赴任。右も左も分からずいましたが、日々の学校生活や行事でリーダーシップや思いやりを見せてくれる6年生に幾度となく助けられました。運動会や音楽発表会をはじめ人が集まる場所で彼らが見せる他者への気配りにいつも感心していました。

幸運なことに、6月の長崎への修学旅行と3月の沖縄への卒業旅行に同行。中学生を引率しているのではないかと感じるほど、メリハリをつけて行動できる彼らの自立心や探究心を目にするたび、彼らへの信頼が増していきました。

卒業旅行から戻り、卒業まで数週間、出前授業などで何か6年生に絡めないかと、学年の教員たちと相談をしていました。そんな折、コロナウイルスによる休講措置。胸にぽっかり穴が開きました。もっともっと4月からお話をしたり、遊んだりしていれば良かったと後悔ばかりが胸に去来する日々。しかし、だからこそ卒業式の式辞では、分かりやすい言葉で、飾らず本心を伝えようと決めていました。

また休校中、6年の学年団はいつも、子どもたちのことを考え、「どうやったら子どもたちが喜んでくれるだろうか?」と腐心し工夫を重ね、せっせと準備を進めていました。そんな彼らの思いにせめて式辞の内容で報いようとも心に決めていました。

そして今日、参列した誰もが目を見張るほど完成度の高い卒業式。わずか直前1時間のリハーサルしかこなさなかったとはとても思えない6年生が見せた集中力と学年のまとまり。この1年間、いや入学から6年間で得た学びや成長が、休校措置という逆境など物ともせずに、結実したことを目の当たりにしました。何より誇りに思えたのは、6年生と学年団の教員の関わりや関係性でした。小学校教育にバイアスがかかっておらず、純粋な目で彼らを眺めていた私は、このチームの中に「他人の心」を見つけていました。

「他人の心」とは、キリスト教教育やホームレス支援に従事されている奥田知志さんの文章から得た言葉です。コロナウイルス蔓延の最中、トイレットペーパーの買い占めが日本だけでなく世界中で起こってしまっています。とても大人気ない醜い行動だと思うのですが、なぜ大の大人が大挙して買い占めという行動を取ってしまうのでしょうか。奥田さんは彼らの中に「他人の心」がないからだと仰っておられます。文章の中でまず灰谷健次郎の「太陽の子」を引用されています。

「いい人ほど勝手な人間になれないから、つらくて苦しいのや。人間が動物と違うところは、他人の痛みを自分の痛みのように感じてしまうところなんや。ひょっとすれば、いい人というのは、自分の他にどれだけ自分以外の人間が住んでいるかということで決まるのやないやろうか。」

トイレットペーパーの買い占めに多くの人々が走ったのは、自分がトイレットペーパーが無くなったらただただ困るから。そして、自分以外の人も困るのではないかという気持ちにはなれなかった。つまり、自分の心の中に「他人」がいなかったからではないでしょうか。心の中に「他人」を持たない人が増えすぎてしまったからではないでしょうか。

対して卒業生である6年生は、本校の教育の中でこの「他人の心」を少しずつ育てていたから、上述したように、下級生のことを慮ったり、学校生活で他者のために動くことができたのではないでしょうか。また、学年団の担任たちの心の中には、6年生の児童たちの心がいつも存在していたから、彼らの幸せや笑顔に繋がる授業や活動をいつも考えることができたのではないでしょうか。

こんなことを考えながら、今日の式辞には色んな想いを詰めました。6年生、学年団、そして支えてくださった保護者の皆さまへのメッセージを5分のスピーチに凝縮。途中、思わず涙腺が緩んでしまったのは、もっと関わりたかっという後悔、担任団の子どもたちへの想いに対する共感、そして何より「今年の6年生が君たちで良かった・・・。」という誇りと安堵感。

式の後も正門の前で写真撮影する子どもたちを眺め、時間いっぱいまで名残惜しそうに学年団の教員たちと過ごす卒業生を見送ることができました。小学校での初めての卒業式でこんな大きな感動を味わえるなんて。4月から様々な出来事がありましたけれど、年度末に幸せに包まれました。

そして、最後にもう一度言わせてください。

今年の6年生があなたたちで本当に良かった。

中学生になってもいつでも小学校に遊びにきてください。待ってます。卒業おめでとう!

機会ロスから子どもたちを守るためのテクノロジー

カテゴリ:校長のつぶやき

2020.03.11

3月2日(月)から休校措置が取られ、校舎には学童保育で登校する児童以外には大人の姿しか見当たりません。学校とは子どもたちがいてこその環境だということを日々思い知らされています。

いま一番苦しいのは、おともだちと会えず、自由に外で遊べず、不自由な生活を強いられている子どもたちだと思います。コロナウイルスの感染拡大はとどまることを知らず、世界規模となっていますが、できるだけ早く鎮静化し、平和な日常生活が戻ることを心から願っています。

さて、こんな時こそテクノロジーを駆使して苦境を乗り越え、ピンチをチャンスに変えることができれば、子どもたちを機会ロスから守ってあげることができます。一斉休校に対応したオンラインプログラム一覧をご紹介します。お子さまをお持ちの方々のお役に立てれば幸いです。

href="https://piyolog.hatenadiary.jp/entry/2020/03/03/071125?
fbclid=IwAR271EQfWvzwAsJC9yy7ke3qQwV2oC23kSSRPadg-rF12jZwIxqSJcfM27w" target="_blank">

一斉休校となり、オンラインのインフラがここ数週間で整備されている学校や会社などがありますが、以前から登校し辛い子どもたちを救うためにこういった技術は試されるべきものであって、マジョリティのためだけに人々が行動していることにはある種の違和感も感じてしまいます。

この際、ICTのみならず、Children Firstを念頭に学校や社会の制度設計を見直し、改良を重ねていくことが求められているのではないかと強く感じています。

社会との繋がり

カテゴリ:校長のつぶやき

2019.12.08

12月2日(土)に開催したクリスマス点灯式の様子を枚方つーしん様が記事にしてくださいました。プロのお仕事は素晴らしいですね。当日の様子が詳しくまとめられています。ご一読くださいませ。

http://www.hira2.jp/photo/never-20191206.html?fbclid=IwAR1aIBwYOoF8t6ZvacPgzT9Idh1a8USj4SxCChL31p4uEms2C4HHsjpyUUg


「子どもたちは可能性に溢れている!」、「多様性を大切に!」とはよく言うものの、自分たちが受けてきた教育だけに縛られたり、固定概念に囚われすぎていないか自分が所属する組織を俯瞰して見るようにしています。多様性を担保するためには、大人が複数の物差しを備え、子どもたちを温かく包み込みながら、彼らの力を伸ばす環境を整えてあげることがまず大切です。

学校と社会を繋ぎ、人と人とを繋ぎ、子どもたちに面白い世界を見せてあげることもこれからの学校には必要なこと。

大人ひとりひとりの知識やできることは限られているという自己認識から学校は少しずつ変わっていきます。ヌヴェール小の子どもたちは本当に素晴らしいので、彼らの力を従来の枠組みに囚われず、複眼的な視点で育んでいきたいです。

フランシスコ教皇から日本の大人へのメッセージ

カテゴリ:校長のつぶやき

2019.11.28

フランシスコ教皇が先日来日され、ミサが11月25日、東京ドームで行われ、なんとそこには約5万人が参加されたそうです。

長崎と広島を訪問された際には、主に核廃絶を訴えられましたが、東京では、日本の格差や貧困問題を念頭に、「若者が過剰な要求や、平和と安定を奪う数々の不安によって打ちのめされている」とお話になられました。

人生100年時代が現実味を帯び、従来の物差しでは若者の将来を保証できない時代に突入しました。

子どもたちの様々な特性を見極め、個々の成長を温かく余裕を持って支援することのできる、愛情あふれる小学校であり続けたいといつも思っています。

トップへ戻る