校長ブログ

友情を深める勉強

カテゴリ:校長のつぶやき

2015.08.31

8月28日の始業式では、友情を深める2学期にしようと呼びかけました。学校では勉強も遊びもいつも友だちと一緒にします。だから、1学期に出会って仲良くなった友だちと勉強と遊びを通して、2学期はもっともっと仲良くなってほしいと話しました。

そこで、今日の朝礼では、「勉強で友情を深めるってどういうことなのか」について子どもたちと一緒考えました。

まず、友だちと一緒に考える良さを想像してもらうために、子ども達にいくつかクイズを出してみました。その一つを紹介します。皆さんも考えてみてください。

(Q)タクシーは手を上げればとまってくれます。
   でも、足でタクシーをとめる人がいます。
   どんな人でしょう?


はじめは、子ども達は一人で考え、あまり手があがりませんでした。そこで、相談していいよと言いました。とたんに、子ども達はにぎやかになり、徐々に手もあがり始めました。
「手を怪我している人」、「両手がない人」などの答えが出ましたが、足をどのように使うかがイメージできないため、正解となりませんでした。

また、相談が始まりました。しばらくすると、「ブレ−キ」という答えが出ました。ほとんど正解です。でも、どんな人という質問の答えにはなっていません。
そうすると、「タクシーの運転手。タクシーを止めるにはブレ−キを足で踏むから」というという答えが出てきました。
今度は、きちんと理由も言えているのでみんな納得の正解です。

友だちと相談してクイズを解いた子ども達に、一人で考えるときと友だちと考えるとの違いを考えてもらいました。すると、「友だちと一緒に考えると楽しい」「友だちと一緒に考えると答えの理由が分かる」という意見が出てきました。
こうして、授業中、楽しくかつ良く分かる体験を通して、友だちと仲良くなっていくのだよということを伝えました。

他にも、「友だちと一緒に考えるとよく考える、途中で諦めない」という良さがあることも伝えました。

これからの社会は、人とつながる力がますます必要になります。良く考え、自分の意見を伝え、相手の意見を聞き、再度自分の考えを練り直して、よりよい解決を目指す力です。

また、今の中学一年生が大学受験の際には、「知識偏重型」から、思考力や判断力を多面的に評価する「知識活用型」を重視する入試になるといわれています。

知識活用型の力はいつ身につくのでしょうか。知識偏重型の学習をしていて、ある日急に知識活用型の力がつくわけではないと思います。やはり、日々の授業が大切になってきます。

そのためには、友だちと仲良くなる勉強とは、結果のみを重視するのではなく、一緒に考えることで、自分の考え方を伝え、相手の考えを聞き、より深く考えていく子になるという知識偏重型の力をつける学習でもあります。言い換えれば、自分で考え行動する力を付けていく学習の一つです。

もちろん、小学生の時代には、広い知識を備えるための基礎・基本をおろそかにはできません。
本学の子ども達は、漢字〈読み〉先習や朝読書の活動に加え、漢字検定、算数検定※、JETに挑戦し、よりしっかりとした基礎・基本の力を身につけ、高学年においては中学受験を視野に入れた問題に取り組みます。
(※実用数学技能検定グランプリ金賞(小学校の部)を受賞しました。本賞は、実用数学技能検定(数学検定)を受検し、グランプリ奨励賞を受賞した団体の中から優秀な成績を収めた団体に贈呈されるものです。)

 けれども、知識だけでは生き抜く力になりません。

友だちとの友情を深める学習(自分の考え方を伝え、友だちの考えを聞き、より深く考えていく「知識活用型」)を通して、自分で考え行動する力を育ててまいりたいと思います。

子ども達から学ぶ2学期

カテゴリ:生徒たちのこと

2015.08.27

本校では、子ども達一人ひとりの笑顔が広がり、平和なクラス・学校をなることを願って、A Big Smile School(笑顔広がる学校)を創ろうと子ども達に呼びかけています。

小学生にとって、自分のクラスが平和であるということは、クラスの友だち同士の仲がよいということです。

子ども達は、仲良く遊ぶときもあれば、けんかするときもあります。しかし、けんかをしても、仲直りができれば、もっと仲良くなっていくことができます。
仲直りをするということは、相手を許すということです。そして、許してもらった方には感謝の気持ちが芽生えます。より多くの子ども達がたくさん許し、たくさん感謝し、どんどん仲良くなっていく学校にしたいと思っています。

1学期の朝礼で子ども達に、友だちを許すことと友だちに感謝の気持ちを持つことの大切さを伝えました。7月の学校便りにも掲載した話を紹介します。


『二人の友人がいた。

ある日、一方が相手を殴った。殴られた方は、怒りと悔しさでいっぱいになり、砂の上にこう書いた。

「あいつは僕を侮辱して殴った。一番分かり合える友だちだと思っていたのに、何てひどいやつだ!」

しばらくして、殴られた方が、海で遊泳中に溺れかけた。あの同じ友人が気がついて、必死で助けた。助かった方は、石にこう刻んだ。

「僕が溺れかけたとき、君は助けに来てくれた。僕の命を救ってくれた、一番の友だちだ!」

石に刻みつけているのを見た友人は不思議そうにきいた。
「なぜこの前は砂に書いて、今度は石に書くのかい?」

「友だちにされたいやなことは、そのうち消えて忘れるように、砂に書いた。そして、してくれたいいことは、いつまでも忘れないように、石に彫っておこうと思ったんだよ。」

(作者不詳)』


私にとって、人からされた嫌なことを忘れることや人を許すことはなかなか難しいことです。一方、周りの人からしてもらってことは、忘れてしまいがちです。
人からされたいやなことは忘れて、してもらった良いことは心に深く刻むという生き方は素敵だと思います。でも、なかなか、真似できないことですよね。

学校では、子ども達が友だちに「ごめんね」と言うと言われた子が「いいよ」と許してあげている姿を見かけることが多いです。この柔らかく暖かな子どもたちの心を真似たいものだと常日頃、思っています。

真似ることは学ぶこととも言います。

明日から2学期が始まります。子ども達の柔らかく暖かな心から学ぶ、2学期にしたいと思いながら、明日の子ども達の登校を心待ちにしています。

素敵な笑顔の子ども達!

カテゴリ:校長のつぶやき

2015.08.25

「子ども達の笑顔が素敵ですね。」

これは、本校に見学に来てくださる方々の感想です。加えて、先生達も楽しそうですねとおっしゃってくださいます。

マザーテレサは「平和は微笑みから始まります。」とおっしゃいました。

笑顔は良い意味で伝染しますので、自分の気持ちだけでなく、回りの人の気持ちも明るくしてくれます。すると、明るい気持ちをもらった人が笑顔になり、その笑顔がどんどん広がり、周りの友達を明るくしてくれます。こうして、笑顔の相乗効果のおかげで良好な人間関係が出来上がっていきます。

他にも、笑顔の効用としてはストレス解消があげられます。人の表情と血液の流れには大きな関連があり、人は笑うと血行は良くなります。血流がよくなると生理的なものが落ち着くのでストレス解消となるのだそうです。

また、遺伝子の研究で有名な科学者村上和雄氏は、「笑いは副作用のない薬」とおっしゃっています。村上氏は、糖尿病患者の方を二つのグループにわけて、一方は大学教授の糖尿病の話しを聞く、もう一方はお笑い芸人の漫才を聞くという実験をしました。漫才を聞いて笑ったグループは、血糖値が下がったそうです。こうして、笑いが病に効くことが証明されました。

このように、笑顔にはたくさんの効用があります。私達、大阪聖母学院小学校の教員は、子ども達一人ひとりの笑顔が広がり、周りの友だちを明るくし、平和なクラス・学校をなることを願って、A Big Smile School(笑顔広がる学校)を創ろうと子ども達に呼びかけています。

笑顔は顔のたるみを予防するエクササイズにもなるので、若返りにも効果があるそうです。つまり、美容にもいいといえますね。私達、大人も笑顔でくらしていきたいですね。

創立記念に思うこと

カテゴリ:学校のこと

2015.08.24

6月3日は本校の創立記念日ですので、校内掲示は創立記念関係のものに張り替えられます。

今年は、学校の歴史を感じるものとして、過去の正門写真と緞帳の校章を掲示しました。
正門写真は香里キャンパスに短期大学があった頃のものです。
現在の正門とは、鉄扉のデザインが異なっており、興味深いです。
また、緞帳を2年前に新調したおりに残していただいた校章をタペストリ−としてお披露目しました。
本校の入学式屋卒業式を長い間見守ってきた校章だと思うとと感慨深です。

フランスから来日したシスター 方は日本の子どももフランスの子どもも大事だと考え、本校を創ってくださいました。
それは人間は神様がお創りになったという考えにもとづいています。
私たちもどこの国の子どもも神様がお創りになったのだから大切だということを子ども達に伝え、平和な地球を創る大人に育てることが創立者への恩返しだと思います。

トップへ戻る