校長ブログ

1年生の学校探検は大成功でした。

カテゴリ:生徒たちのこと

2016.04.28

「トントントン」

「ガチャ」

「失礼します」

校長室に入って来るときのお約束を守って1年生が校長室にやってきました。今日は2年生が1年生を連れて学校を案内する「学校探検」の日でした。事前に2年生が校長室のお約束を聞きに来ました。それを今日は1年生に教える日です。

1.ノックをする。2.扉を開ける 3.「失礼します」と言って入る、という校長室のお約束を守って1年生が校長室に入れたのは2年生がちゃんと1年生に教えてくれたからです。2年生は立派なお兄さん、お姉さんになりました。2年生の皆さん、ご苦労様、がんぱったね。



「校長先生、今日は学校探検で 校長室に入れてくれてありがとうございました」

「よいお休みをお過ごしください」

これは、下校するときの1年生のご挨拶です。ご立派の一言です。ありがとう、1年生。

信頼関係という縦の糸、友情という横の糸を紡いでいきます。

カテゴリ:校長のつぶやき

2016.04.22

 「学校の様子や登校・プチパ(学童保育)の様子を実際に見て本当に安心することができます。 おかげさまで仕事に集中できます。ありがとうございます。」

 今朝、校門で子ども達を出迎えているときに、1年生のお母様がおっしゃってくださった言葉です。

 4月19日(火)・20日(水)・22日(金)に今年度最初の参観を実施しました。1年生保護者の皆様にとっては、小学校の授業を始めて観ていただきました。みなさんニコニコしてお子様の張り切る様子をご覧になっていました。保護者の皆様には、参観・学年懇談会に足をお運びいただきありがとうございました。

 4月は教員と子ども達の信頼関係を築く時期です。クラスや授業のルールの確立を図りながら、教員は一人ひとりの子どもの理解深めていこうと取り組んでいます。参観時の学年懇談会で各学年の取り組みについてもお話させていただきましたように、学校とご家庭とが同じ方向を向いてお子様を育てることでお子様のよりよい成長を実現することができると思います。

 また、子どもと教員の関係を縦の糸に喩えるならまた、友だちとの関係は横の糸に喩えられます。来週は親睦を深める遠足や一年生の歓迎会を予定しています。行事を通して友だちとの関係もより良いものになるよう努めてまいります。

 教員と子ども達との信頼関係という縦の糸と友情という横の糸を紡いで、この一年間、大阪聖母学院小学校の教育を織りあげてまいります。

 改めまして、この一年間どうぞ、よろしくお願いします。

子ども達の未来のために走り続けます!

カテゴリ:学校のこと

2016.04.19

新年度が始まって2週間がたちました。子ども達は新鮮な気持ちで張り切って学校生活を送っています。いくつかのうれしい話を聞くことができました。



 児童会議長の認証式での挨拶です。

「今年の児童会のスローガンは、素直 笑顔 平和の天使です。」

とってもさわやかに話してくれました。代表委員のみんなで言葉を出し合い、「まず素直そして笑顔になれば平和の天使になる」と考えて出来上がったスローガンです。創立者レべランド・メール・マリ−・クロチルド・リチュニエは「平和の天使になりなさい」とおっしゃいました。

  

 

 ある先生のコメントです。

「6時間ぶっつづけで教えても全然疲れません。

子ども達がとてもよく話を聞き、発表するからです。

とってもやりがいがあります。」

わざわざ、初日の授業終了後の夜に電話をしてきてくれました。



保護者からのお言葉です。

「先生がとってもよく子どものことをみてくれる学校だと思います。」

 

「学校改革おめでとうございます。 

今回の改革とてもうれしく思います。

勇往邁進してください。」



始業式から2週間が経過し、学校生活を張り切って過ごす子ども達とやる気いっぱいの教員、そして、温かく応援くださる保護者に恵まれて、大阪聖母学院小学校は走り出しました。

これからも教員一同、子ども達の未来のために走り続けます!よろしくお願いします。

21世紀型教育始動!

カテゴリ:イベント

2016.04.14

21世紀の世界で
活躍できる子どもたちを
全力で育成します。

 21世紀は、自ら課題を見つけ判断し、周りの人と協働して課題を解決する力が必要とされますが、21世紀を生き抜くための課題は地球規模であるため、グローバルな視点でどのように社会・世界と関わり、ともに幸せな人生を送るかということが問われています。
自らの笑顔で周りの人を幸せにしていく本校のA Big Smile School(笑顔 広がる学校)の精神を身に付け、人のために生きることができる子どもを全力で育成します。



詳しくは、本校ホームページから特別サイト「21世紀型教育始動!」をご覧ください。(http://www.21st-century-edu.jp)

スーパー一年生になろう!

カテゴリ:イベント

2016.04.08

今日は、入学式でした。かわいい、元気な一年生を迎えることができました。在校生は、元気な歌と温かい雰囲気で1年生を迎えてくれました。



次の挨拶で1年生をお迎えしました。少し長いですが、紹介します。

 



『1年生のみなさん。入学おめでとうございます。今日からみなさんは大阪聖母学院小学校の1年生です。今、一人ひとり元気な声でお返事ができましたね。素晴らしい1年生が入学してくれて先生はとってもうれしいです。

今日、みなさんが入学することを、2年から6年のお兄さん、お姉さんたち、そして先生たちみんなで、とてもとても楽しみに待っていました。

 2年生から6年生のお兄さんお姉さんは皆さんに聞かせてあげたいお歌を練習して待っていました。後で聞いてくださいね。また、6年生は一生懸命、この体育館の椅子を並べたり、皆さんの教室の掃除、飾り付けをしたりしました。それは皆さんがかわいい、かわいい弟であり妹になるからです。

大阪聖母学院小学校は神様が「そうだ、日本の大阪に学校を作ろう。そして、自分がしてほしいと思うことを周りの人にしてあげられる子どもたちを育てよう」とお考えになって作ってくださった学校なのです。だから、2年生から6年生のお兄さんおねえさんは、「大きくなるっていうことは自分より小さい人にやさしくできるってこと」を知っているお兄さんとお姉さんたちです。皆さんも今日から聖母の子どもなので、自分がしてほしいと思うことを周りの友達にしてあげる優しい子どもになるようがんばってください。そうしたら、笑顔いっぱいの楽しい学校になると思います。そして、もうひとつ、自分が頑張りたいと思うことを一生懸命にやり遂げてください。優しい子どもになることを忘れなければ、何を頑張ってもいいです。そうしたら、1年生の終わりには、皆さんはスーパー1年生になっていますよ。頑張りましょうね。優しい子になること、ス−パ−1年生になることをお話しました。忘れないでくださいね。



保護者とご家族の皆様、お子様のご入学、誠におめでとうございます。

本日、制服に身を包んだお子様の姿をご覧になって、ご誕生からの喜びや子育ての感動、あるいはご苦労の日々が走馬灯のように浮かんでおられることと推察いたします。私ども親にとって、子どもは神様から与えられいのちであり、かけがえのない、愛する存在です。

 私たちは今日から6年間という時間を頂戴し、皆様の大切なお子様をお預かりします。マザー・テレサは、「Peace begins with a smile(平和は微笑みから始まります)」とおっしゃいました。笑顔あふれるビックスマイルスクールとなるよう全力でお子様の教育に邁進してまいります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 



また、ご来賓のみなさまにはご多用の中、入学式にご出席いただきありがととうございます。本日より、全教職員が一丸となりまして、1年生の健やかな成長のため、全力で努力してまいる所存でございます。今後ともご指導ご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

 



では、1年生のみなさん、月曜日から元気に学校に来てくださいね。待っていますよ。



最後に、お祈りをいたしましょう。

神様、今日ここに一年生とその家族の方々を迎えることができたことに感謝いたします。新しく迎えたこの聖母ファミリー一人ひとりを卒業の日まで見守り、お導きください。そして、それぞれのご家族を祝福してください。また、2年生〜6年生までの在校生と先生たちも共に学び支えあい成長していくことができるようにお導きください。 



これで先生のお話を終わります。

2016年4月8日大阪聖母学院小学校 校長 荒川 伸二

トップへ戻る