校長ブログ

親子の愛情

カテゴリ:校長のつぶやき

2017.10.19

秋の長雨というのでしょうか。
先週の暑さから一転して
肌寒い日が続きます。

1年生の心温まる日記を
紹介します!

「せんせい、あのね
きょうは、あめで
そとがさむいです。

でも、パパのそばにいると
あったかいです。
どうしてかな。
ふとっているからだと
おもいます。

でも、ママは、やせているのに
あったかいです。
なんでかな。」


ミニ説明会(B・C日程入試向け)を開催しました!

カテゴリ:校長のつぶやき

2017.10.18

ロジカル・感性・宗教の3つのキ−ワ−ドで
本校の教育方針を語る石川学院長の話で始まったミニ説明会。
昨年より、多くの方に参加いただきました!

荒川校長のPBLと英語教育、入学してほしい子ども像の話と
東山教頭の入試概要の説明を
熱心に聞いてくださる保護者の方々の姿を拝見し、
お子様に残してあげられる教育という財産を
探し求めておられるのだとひしひしと感じました。

また、参加いただいた方の中には
卒業生のお母さんがおられ、
ご自身が小学校の時の担任教諭と再会し、
喜びを分かち合った姿も私学ならではの
温かい空気が流れた時間となりました。

本日から25日(水)までB日程入試出願を受け付けております。
皆さまの出願をお待ちしております!


鑑賞って、そして対話って、いいもんですね!

カテゴリ:校長のつぶやき

2017.10.03

4年生は、初めての彫刻刀にチャレンジして、
それぞれがイメージする『すてきなお城』という版画に
取り組んでいます。

今日の授業では、お城の背景の空を彫りました。

版画は、間隔を詰めて彫ると白っぽい画面になり、
広げて彫ると黒っぽい画面になります。
絵画と違い、摺った時に時にどうなるかを想像しながら
彫っていくところが難しくもあり、面白いところでもあります。

彫刻刀のつくり出す線の感じと彫る方向や間隔を工夫して
自分のイメージしている空の様子を
いかに表現するかというプロジェクトに
見事に取り組んでいました。

途中で、友だちとそれぞれの作品を紹介しあい、
対話を通してお互いの良さに気付き、
自分の表現と比較し、取り入れていきました。
鑑賞って、そして対話って、いいもんだなと感じました。

図工科は、
これからの時代に必要な
「あなたならどうする」という問いに
対応する力を育成しています。

これからは、表現と鑑賞を重視する時代になると思います。

来年の一年生を迎える日が楽しみです!

カテゴリ:校長のつぶやき

2017.10.01


A日程入試が終わりました。
皆さまのご協力に感謝します。

子どもたちはやり遂げた解放感からか
口々に「さようなら」、「ありがとうございました」と
元気挨拶をしてくれました。
本当によくがんばったね。

今回の入試では、
21世紀型教育のアドミッションポリシ−を
ご理解いただいた保護者の方々との
うれしい出会いがありました。

自己アピ−ルタイムでは、
一人ひとりのきらきらと輝いた子どもの姿に
感動しました。

保護者の皆さまが
お子さまの発想・長所を改めて見直され、
親子の関わりを通して
個性を引き出されていたからだと思います。

B・C日程入試の出会いも楽しみです!

我々教員集団も、
「自分の頭で考え、友だちと声を掛け合いながらに成長していく子」
「英語をツ−ルとして使いこなしていく子」を
育てるため、成長し続けます!

トップへ戻る