校長ブログ

11/30年中児体験会

カテゴリ:イベント

2019.11.30

昨日あたりから冷え込みが厳しくなっておりますが、皆さまお元気にされておられますでしょうか。

さて、本日、年中児体験会を開催いたしました。100名弱のお申込みを頂いておりました今回のイベント、教職員でいつも通り入念に準備を行い、当日を迎えました。

今年4月に着任した私にとっては、先日の新入生体験会、年中児対象説明会、そして年中児体験会は初めてのイベントです。

いつも以上に楽しみにしながら、正門でお出迎えしました。

今回の年中児体験会の最大の目玉はプロジェクションマッピング。本校の伝統、カトリック教育、普段の学校の様子などを映像に落とし込み、ベルダネッタホールの壁面いっぱいに投影しました。

ICT技術の進歩もここまで来たかという感じです。

初お披露目でしたが、十二分にお楽しみいただけたのではないでしょうか?(12月2日(月)のクリスマスイルミネーション点灯式でも行いますので、ご興味のある方はぜひ足をお運びくださいませ。)

その後は理科と図工の体験授業でした。親子で取り組まれる光景はいつも素敵で、かえってこちらが元気を頂きます。

お見送りのご挨拶をしていると、楽しんで頂けたのか、どの年中児さんたちも笑顔いっぱいで、中には「帰りたくない・・・。」なんて言葉を漏らすお子さまもいらっしゃいました。

次回以降の体験会や説明会で、繰り返し本校の教育内容や授業実践、そして教職員や上級生との触れ合いを楽しんで頂ければ幸いです。

寒い中、体験会にご参加された皆さまに感謝申し上げます。

フランシスコ教皇から日本の大人へのメッセージ

カテゴリ:校長のつぶやき

2019.11.28

フランシスコ教皇が先日来日され、ミサが11月25日、東京ドームで行われ、なんとそこには約5万人が参加されたそうです。

長崎と広島を訪問された際には、主に核廃絶を訴えられましたが、東京では、日本の格差や貧困問題を念頭に、「若者が過剰な要求や、平和と安定を奪う数々の不安によって打ちのめされている」とお話になられました。

人生100年時代が現実味を帯び、従来の物差しでは若者の将来を保証できない時代に突入しました。

子どもたちの様々な特性を見極め、個々の成長を温かく余裕を持って支援することのできる、愛情あふれる小学校であり続けたいといつも思っています。

トップへ戻る