校長ブログ

社会との繋がり

カテゴリ:校長のつぶやき

2019.12.08

12月2日(土)に開催したクリスマス点灯式の様子を枚方つーしん様が記事にしてくださいました。プロのお仕事は素晴らしいですね。当日の様子が詳しくまとめられています。ご一読くださいませ。

http://www.hira2.jp/photo/never-20191206.html?fbclid=IwAR1aIBwYOoF8t6ZvacPgzT9Idh1a8USj4SxCChL31p4uEms2C4HHsjpyUUg


「子どもたちは可能性に溢れている!」、「多様性を大切に!」とはよく言うものの、自分たちが受けてきた教育だけに縛られたり、固定概念に囚われすぎていないか自分が所属する組織を俯瞰して見るようにしています。多様性を担保するためには、大人が複数の物差しを備え、子どもたちを温かく包み込みながら、彼らの力を伸ばす環境を整えてあげることがまず大切です。

学校と社会を繋ぎ、人と人とを繋ぎ、子どもたちに面白い世界を見せてあげることもこれからの学校には必要なこと。

大人ひとりひとりの知識やできることは限られているという自己認識から学校は少しずつ変わっていきます。ヌヴェール小の子どもたちは本当に素晴らしいので、彼らの力を従来の枠組みに囚われず、複眼的な視点で育んでいきたいです。

Trash Art(まさにSDGSまさにSTEAM教育)

カテゴリ:イベント

2019.12.05



12月8日(日)に本校で開催するTrash Artでは、廃プラスティックゴミの環境へ与えている深刻な悪影響を意識し、どんな行動ができるかを小中高生と大人が真剣に考えます。

廃プラスティック廃棄量世界2位の日本人として、廃プラがもたらす環境被害や海洋汚染を自分ごとにしていくきっかけとなるでしょう。

これからの時代、問題を発見する力が求められます。11月23日(祝)のDay1では90分のガイダンスを実施。難しい内容だったかもしれませんが、そんな心配はよそに、予想以上に児童たちが前のめりになり、廃プラがもたらす問題の深刻さを俯瞰して見ることができるようになりました。

そして、Day2に向けて廃プラを回収するなど行動を続けてきました。Trash Artに参加している3年生から6年生までの児童たちの意識は日々高まり、Day2ではどんな化学反応が起こるのか予想がつきませんし、またそこが楽しみです。

人が集まる学校へ

カテゴリ:イベント

2019.12.03

お知らせしていた通り、昨日はクリスマスイルミネーション点灯式に合わせ、ベルナデッタホールの外壁一面にプロジェクションマッピングを投影いたしました。



元々は本校小学校の情報担当教員の発案から始まったプロジェクト。彼のアイデアと巻き込み力によって、例年以上に素晴らしい点灯式となりました。プロジェクションマッピングを背景に小学校の吹奏楽部がライオンキングメドレーを演奏し、中高の美術部や生徒会が作成したプロジェクションマッピングが紹介されました。

朝から降り続いた雨は上がり、6年生の児童が直前まで運動場の水取りをやってくれました。連日遅くまで学校に残って、試行錯誤を繰り返した担当者の苦労が報われる予想以上の来場者。

いつも頑張っている子どもたちへの一足早いクリスマスプレゼント。世代を越えて大勢の方々がイルミネーションとプロジェクションマッピングに喜んでくださいました。

元々学校は人が集まる場所ですが、アイデア次第でより多くの人々が足を運び、より活気付きます。今回のプロジェクトですっかり香里ヌヴェール学院はプロジェクションマッピングの発信基地となり、普段見慣れた日常の景色を非日常に変えるほどの魔法を手に入れました。

プロジェクションマッピングは人間の創作意欲を掻き立てます。そんな人間の好奇心を見逃すはずのない香里ヌヴェール学院小学校は今後、プロジェクションマッピング甲子園を企画致します。乞うご期待。お楽しみに。

寒い中、点灯式にご来場頂き、誠にありがとうございました。


トップへ戻る