校長ブログ

見えない距離は近く

カテゴリ:校長のつぶやき

2020.04.21

4月16日、新型コロナ感染に関する「緊急事態宣言」が全国に拡大されました。専門家は、人と人との接触の8割削減を提言。非常に厳しい設定目標ですが、皆で力を合わせて頑張るしかありません。

さて、感染者数と同様に気になる数字を見つけました。OECDが発表した「社会的孤立調査」です。そのデータを見てみると、コロナウイルスの感染者数が低い国が社会的孤立調査の上位にきているのです。メキシコが20カ国中第2位で14%、日本が第1位で15%となっています。ちなみに米国3%で日本の5分の1、スペインは日本の3分の1、イタリアは2分の1、ドイツも5分の1。つまり、孤立が進んでいた国の感染率が低いことがこの調査から窺えます。

3月2日を境に子どもたちが学校から離れ、随分と長い時間が経過しました。大人だけでなく子どもたちも感染拡大を防ぐために、「物理的な距離」を空ける努力をしてくれています。しかし、OECDの調査結果で明らかになった「心の社会的距離」が日本社会では非常に大きな課題であることがしばらく頭から離れません。

休校延長が決定し、子どもたちや保護者の方々と直にお会いすることができなくなっています。始業式や入学式が延期になったことで、子どもたちは担任や教科担当に会うこともできていません。

紙ベースの課題配布に加え、学校再開までに何かもっとお互いの距離を近づけることができる取組はできないものかと随分悩みました。学びの保障とコミュニケーションの担保を目標とする中で、本校としてはどんなことが可能なのか、短い準備期間の中で考えました。その結果、当面の間以下のような取組を行っています。

@郵送による課題のお届け
A学校ホームページを活用した課題や動画配信
BYouTubeやseesawを用いたオンライン対応

seesawは、学習の成果物等を写真や動画で提出することができ、また双方向のやりとりができるという魅力があります。学校長である私から「自己紹介を担任の先生に送ろう」というメッセージを送り、課題を始めました。また、YouTubeは、基本的に限定公開とし、各学年の掲示板にてアドレスをお知らせし、学びの動画を視聴していただいています。


学校の再開を待ち望んでもらえるような課題や動画作成をどの教員も心がけてくれていて、画面の先にいる子どもたちを想像しながら、学年ごとに連携をとって作成に臨んでいます。

実際、カメラを向けられると緊張もしますので、セリフが飛んでしまったり、表情がこわばったり。中には上手くお話ができて安堵していたら、録音ボタンが押されてなかったりなど様々なハプニングを乗り越えながら、試行錯誤を繰り返しています。

撮影を続けていく中で、カメラアングル、背景、人数、撮影時間、教材の見せ方などお互いにフィードバックをし合い、日に日に技術とチームワークが高まっている印象を受けます。

「三密」を十分に意識しながらも、楽しそうに動画作成に没頭する教員たちを眺めていると、本当に子どもたちのことが大好きで、より良いものを届けようとする姿勢が伝わります。オンラインでの動画配信やコミュニケーションという新しいことに嬉々として取り組む風土こそが本校が求めている21世紀教育の本質のひとつなのではないかと実感しながら、彼らの様子を観察する日々です。

ただ、今大切なことは感染を防ぎ、命を守ること。オンラインの取組に対して保護者の皆さまにはご無理のない範囲でとお願いしております。教職員も同様です。

休校期間中、常に念頭に置いておきたいことは、学校が再開が決定された際、誰もが学校に元気に戻ってくること。その「復活」の日を信じ、その日まで香里ヌヴェール小学校に関わる全ての人々の「心の社会的距離」が離れることなく、毎日を過ごしてもらえることをいつも願っています。

トップへ戻る