香里ヌヴェール学院小学校

サイトメニュー

校長ブログ

2020.03.11

機会ロスから子どもたちを守るためのテクノロジー

3月2日(月)から休校措置が取られ、校舎には学童保育で登校する児童以外には大人の姿しか見当たりません。学校とは子どもたちがいてこその環境だということを日々思い知らされています。

いま一番苦しいのは、おともだちと会えず、自由に外で遊べず、不自由な生活を強いられている子どもたちだと思います。コロナウイルスの感染拡大はとどまることを知らず、世界規模となっていますが、できるだけ早く鎮静化し、平和な日常生活が戻ることを心から願っています。

さて、こんな時こそテクノロジーを駆使して苦境を乗り越え、ピンチをチャンスに変えることができれば、子どもたちを機会ロスから守ってあげることができます。一斉休校に対応したオンラインプログラム一覧をご紹介します。お子さまをお持ちの方々のお役に立てれば幸いです。

href="https://piyolog.hatenadiary.jp/entry/2020/03/03/071125?
fbclid=IwAR271EQfWvzwAsJC9yy7ke3qQwV2oC23kSSRPadg-rF12jZwIxqSJcfM27w" target="_blank">

一斉休校となり、オンラインのインフラがここ数週間で整備されている学校や会社などがありますが、以前から登校し辛い子どもたちを救うためにこういった技術は試されるべきものであって、マジョリティのためだけに人々が行動していることにはある種の違和感も感じてしまいます。

この際、ICTのみならず、Children Firstを念頭に学校や社会の制度設計を見直し、改良を重ねていくことが求められているのではないかと強く感じています。

トップへ