香里ヌヴェール学院小学校

サイトメニュー

校長ブログ

2015.11.18

心が変われば、運命が変わる?

昨日は、言葉が変わると心が変わるということを書きました。

その話の続きなのですが、次のような言葉を見つけました。

「心が変われば態度が変わる 

態度が変われば行動が変わる

  行動が変われば習慣が変わる

  習慣が変われば人格が変わる

  人格が変われば運命が変わる

  運命が変われば人生が変わる」

これは、松井秀喜選手の座右の銘だそうです。有名な言葉で、インドのヒンズー教の言葉であるとか、心理学者で哲学者のウィリアム・ジェイムズの言葉であるなど諸説があります。



私は、用務員さんの「やりましょう」という前向きな言葉によって、前向き気持ちにしてもらったわけですが、その気持ちを行動に移さなければ意味がないと思っています。しかし、「行動に移す」だけではないその先があることに気づかされました。

行動に移す、習慣にする、人格が変わる、そして運命が変わり、ついに人生そのものが変わるということなのだと気づかされたわけです。



さて、天使のお告げをお聞きになったマリア様は「おおせのとおりわれになりかし」という素直な言葉でイエス様の母になることを受け入れました。すると、「おおせのとおりわれになりかし」というこの言葉がマリア様の運命を変え、人生そのものを変えたのではないでしょうか?



マリア様は「あなたは神様の子どもであるイエス様を産むでしょう。」と告げられたとき、最初は、奇想天外でとんでもないことだと思われたのではないでしょうか?

しかし、最終的にその運命を受け入れたマリア様はものすごく強い方だったのではないかと思います。「おおせのとおりわれになりかし」という言葉に、私は、素直というだけでは表しきれない、マリア様の神様に対する強い意志と純粋さと誠実さを感じます。



ここで、この話のきっかけとなったマリア像を再度見てみますと、悪の象徴とされている蛇を踏んでいるマリア様であることが分かりました。悪の象徴である蛇の頭を砕いているお姿から、神様に対して、強い意志と純粋さと誠実さをもって従っていったマリア様を想像することができるのではないでしょうか?

トップへ