知の現場

知の現場

TOP香里ヌヴェール知の現場「選択学習プログラム」

2018/12/19

「選択学習プログラム」


皆さん、こんにちは!

師走のお忙しい日々いかがお過ごしでしょうか? 

中高では、2学期の学期末試験も終了して成績処理の期間となっています。 


先生たちは、それこそ「師走」の言葉通り、忙しいのですが、 
そこはヌヴェールの先生たちです 
「日ごろの授業とはまた違う学びを展開できないか」と考えました。 
そして、実施されているのが、「選択学習プログラム」です。 
今回は夏に続き、第2回目となるプログラムの内容を、一部紹介いたします。 
(一部ということで漏れた先生すいません!) 

「アラビア語入門」 
~アラビア文字を読めるようになり、アラビア語で自分の名前を書けるようになります。

「中東=戦争。怖い」というイメージを語学を通して変えてみませんか? 

「マンガや映画などに登場する数学」 
~マンガ、映画、小説などに出てくる数学の話題を探し、考察します 。

「自分の取り扱い説明書をつくろう」 
~心理学に基づく性格診断サイトを利用し、結果を分析しながら自分自身を知りましょう。 

「美術館に行く ルーブル美術館」 
~今回のテーマは肖像。肖像画になってきた社会的な役割や表現上の特質を考えます。 

「K-POPを歌おう」 
~主にK-POPを歌うことで韓国の文化に親しみます。 

「屁理屈じゃない!ゲームから将来役立つ私たちが本気で学べること」 
~ゲームを競技として捉え、いろいろな側面からどう将来へ活かすかを考えます。 

「暗闇の中で話そう」 
~暗闇の中で、グループごとにフィールドを移動してもらいます。

楽しく、でも真剣に人と人との関係性・コミュニケーションについて体感しながら知る講座です。

教員も多数参加します! 

「夜の部 天体観測」 
冬の夜空の天体観測をします。京都聖母に、なんだかすごい天体望遠鏡があるんです。

でっかい天体望遠鏡使うのも、夜の学校にみんなで集まるのも、どちらもちょっとワクワクしません?

BGMは、もちろんBUMPです。 

上記のような内容です 
本校教員のオリジナル企画です。ワクワクしませんか。 
日ごろの教室でも学びも上記の学びも、「学びには上下はありません」 
「主要教科」とか「副教科」なんて言い方もやめたいですね! 
ではまた 

 

記事一覧に戻る