香里ヌヴェール

沿革

TOP香里ヌヴェール沿革

香里ヌヴェール学院の沿革

1921年5月 創立者 メール・マリー・クロチルド・リュチニエをはじめ7人の修道女がフランスより来日。
1923年 3月 大阪市中央区玉造に聖母女学院 創立。同年4月開校。
1925年 3月 文部大臣により認可を受け、 聖母女学院高等女学校となる。
1932年 2月 大阪府寝屋川市香里園に校舎を落成し、聖母女学院高等女学校が移転。同年4月聖母女学院小学校開校。
1947年 4月 聖母女学院中学校発足。
1948年 4月 聖母女学院高等学校発足。
1949年 4月 京都市伏見区藤森に姉妹校、(聖母学院)設立。
1962年 4月 香里園に聖母女学院短期大学を開学。
1980年 10月 ベルナデッタホール(体育館)落成。
1981年 4月 京都市伏見区藤森に聖母女学院短期大学を移転。
1997年 6月 マリー・クロチルド記念プール落成。
2004年 4月 中学1年より文理総合コース、英数特進コース新設。
2007年 4月 高校1年より文理総合コース、スーパー英数コース新設。
2011年 4月 大阪聖母女学院中学校、大阪聖母女学院高等学校に校名を変更。
2017年 4月 「香里ヌヴェール学院中学校・高等学校」に校名を変更。男女共学化、中学2コース、高校 3コースを新設。