ニュース&トピックスNEWS & TOPICS

世界の死者月って?

カトリック教会では、11月は「死者の月」として定められています。

本校では、11月の初めに全校で「死者月追悼の祈り」を行い、この一年間に亡くなった方々に祈りを捧げました。そして、宗教の授業では「死者の月」について学習します。今回3年生はそこから発展して、世界の死者の月とメキシコについて知りました。

メキシコでは死を怖く悲しいものとして捉えているのではなく、死者の日にまたみんなで会えるといった楽しいお祭りとして位置付けられています。

そんなメキシコの死者の日を題材とした映画「リメンバーミー」を、皆さんはご存知でしょうか。今、3年生は図工でもパペルピカドという切り絵に挑戦しています。この切り絵も映画の中にたくさん出てきます。宗教の時間や図工の時間を通して、様々な角度から世界の文化に触れることで興味を広げていってほしいと思います。

TOP