プライバシーポリシー

学校法人聖母女学院における個人情報保護に対する取り組み

2005年4月1日より「個人情報の保護に関する法律」が全面施行されました。学校法人聖母女学院では、園児・児童・生徒・学生の個人情報だけではなく、その保護者や卒業生、教職員の個人情報も多く取り扱っております。このため、個人情報保護の重要性を十分認識し、個人情報の漏洩や悪用等の不正使用を防ぎ、個人情報を適切かつ安全に使用していくための体制を構築しております。そのひとつとして、「個人情報保護方針」を制定し、4月1日より運用を開始いたしました。
本学院では、教職員の個人情報保護へのさらなる意識向上を図るとともに、法令および以下のことを遵守した取り組みを実践しております。

個人情報の取り扱いについて

1.目 的
個人の尊厳を保つ上で個人情報の保護が重要であることに鑑み、学校法人聖母女学院(以下「本学院」といいます)が保有する個人情報の取り扱いに関して必要な事項を定めることにより、個人情報の適正な収集、管理、利用、保存を図り、本学院における個人の権利利益およびプライバシーの保護に資することを目的とします。
2.定 義
□ 個人情報
本学院の園児・児童・生徒・学生およびその保護者・保証人ならびに役員、教職員、校友その他これらに準ずる者に関する情報であって、本学院が業務上取得し、または作成したもののうち、文書、図画、写真、フィルム、磁気テープ・磁気ディスク等の各種の媒体に記録されたものをいいます。

□ 情報主体
個人情報から識別され、または識別され得る個人をいいます。
3.個人情報の収集
1)個人情報の収集は、本学院の業務上必要な業務を遂行する上で必要最小限度の範囲内で収集するものとします。
2)個人情報の収集にあたっては、収集の目的をできるだけ具体的に明示します。
3)個人情報は、適法かつ公正な手段で収集します。
4)個人情報は、本人から収集することを原則としますが、下記に該当する場合は、本人以外の方・機関等から収集することがあります。
  • ・本人の同意があるとき。
  • ・法令または本学院の定める方針によって収集するとき。
  • ・個人の生命、身体、財産の保全上、緊急を要するとき。
4.個人情報の管理
1)個人情報を保有する各所属の長、ならびに法人事務局長・事務長は、個人情報の保護と正確性を維持するために、必要な措置を講じます。
2)各所属の長、並びに法人事務局長・事務長はその所管する業務の範囲内における個人情報の収集、管理、利用、提供、ならびに情報主体からの開示・訂正の請求に関し、適正に処理する責任を有します。
5.個人情報の利用
1)収集した個人情報は、本学院の教育・研究および業務に必要な場合で収集目的の範囲内で利用します。
2)収集した個人情報が下記に該当する場合は目的外で利用する場合があります。
  • ・本人の同意があるとき
  • ・法令の規定にもとづくとき
  • ・個人の生命、身体、財産の保全上、緊急を要するとき
6.個人情報の提供
1)提供とは、本学院が保有する個人情報を本学院以外の団体・機関、本人以外の個人等に提供することをいいます。
2)本学院以外へ個人情報の提供を行う際は、提供を受ける者に対し、その利用目的もしくは利用方法に必要な制限を付し、本学院の個人情報保護の水準と同等の措置を講ずることを求めます。
7.個人情報の開示及び訂正
1)開示とは、情報主体の個人情報内容が事実にもとづき正しく記載されているかを、情報主体が確認するために、その個人情報を情報主体に提示することをいいます。
2)情報主体は、情報主体自身の個人情報に関して開示請求する事ができます。ただし、下記に該当する場合は、該当する個人情報の全部、または一部について開示しないことがあります。
  • ・開示請求の対象となる個人情報に、第三者の個人情報が含まれる場合
  • ・個人の指導、評価、診断、選考等に関する個人情報で、開示することにより該当指導、評価、診断、選考等に著しく支障が発生するおそれがある場合
  • ・開示することにより、本学院の業務に支障が生じるおそれがある場合
3)情報主体は個人情報に関して明らかに事実と異なる場合、訂正を請求することができます。
8.個人情報保護規程の運用
本方針の運用にあたり、解釈・取り扱い等に疑義が発生した場合は、速やかに調査・検討し、必要があるときには適切な改善策を施します。
■個人情報の取扱に関するお問い合わせ
学校法人 聖母女学院 法人事務局
TEL 075-641-0507  FAX 075-644-2680
理事長メッセージ 教育方針 入試情報 情報公開 採用情報 同窓会について