たのしいね!


クリスマス会に向けて本格的に
ピアニカなど楽器の練習が
始まりました

年中は「サンタが町にやってくる」と
「ウィンターワンダーランド」を楽器で演奏します。

 「ミファソソラシドド

おうちでも歌っているようで、
「昨日お母さんに聞いてもらってん」と、
にこにこ教えてくれました。

ピアニカは始めは少しずつ区切って
練習していましたが、繋げてみると
いつの間にか、なが〜く曲が吹けるように
なっていて子どもたち自身もびっくり…


「もうすぐ完成かな」 
「でもまだ続きの曲あるで
など、わくわくする声を聞かせてくれたり、
曲の完成に向けて頑張っています


お天気もいいのでお外遊びにも行っています。
園庭でお友だちと走ったり、砂でクッキーやケーキを
作ったり、アスレチックに挑戦したり、鉄棒で逆上がりの
練習をしたり…

遊びは様々です

うんと遊んでお腹がすいた子どもたちは、
給食をもりもり食べていました

少しずつ寒くなってきましたが、そんな寒さには
負ける様子もなく元気いっぱいの
子どもたちです

画像

画像

画像

画像

by 熊谷 恵里

 

アンファンクラス

今日は久しぶりに全員揃って登園

教室ではままごとを使ってお買いものごっこをしたり

パプリカ」の曲が鳴ると思わず踊ったり

歌いだしたりしてみんなで好きなことを楽しんでいます


もうすぐクリスマスなので

「サンタさんリンリンリンって鳴らしてきてくれるかなー」

「プレゼント持ってきてくれる」

「おひめさまもらうの」と子どもたちと話し

鈴を鳴らして遊ぶことを楽しみました

今、みんなで歌ってる「あわてんぼうのサンタクロース」や
「きらきらぼし」「山の音楽家」など親しんでいる曲に

合わせて鳴らすことを楽しみました

みんなリズム打ちも上手で、歩きながら鳴らすと大喜びでした

外遊びでは友だちと一緒に走ったり
友だちが遊ぶ姿を見て、一緒に平均台や遊具を

楽しんだりする姿が見られています

みんなと一緒が嬉しくなってきているんだなと

かかわりを見ていると感じます

これからも楽しいこといっぱいしようね

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 北村 晴香

 

ファミーユクラス

だんだん、秋が深まってきました。
 
北風の吹く季節になってきましたが、ファミーユクラスのお友だちは、上着を着て元気に登園してきてくれました。

新しいお友だちも加わって、お祈りをしたり、お歌を歌ったりしました。

そして、今日は、クリスマスに向けてクリスマスツリーを作りました。

ツリーの木も「大きい順に、貼ってね。」とお話しすると、よーくきいていてくれました。

つえや、ゆきだるまや、星に、のりをつけて、一生懸命つくりました。

出来上がると、指のスタンプでツリーに飾り付けです。


スタンプの感触が楽しい様子で、何度もポンポン押してできあがり

みんなで壁面に飾って、教室がクリスマスの雰囲気に変身しました。

お片付けもみんなで運んできてくれて、ありがとう

そして、大好きなお庭で三輪車や、バスケット、アスレチックと沢山遊んで楽しかったね。

来週で、今学期のファミーユクラスは終了です。
寒くなってきたので体調に気を付けてきてくださいね

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 粕渕 享子

 

その一歩を・・踏み出せますか?

 先日、小学校の代休日だったので、こんなチャンスは二度とない?と人工芝で新調された運動場で遊ばせてもらうことにしました。そこで小さなドラマがありました。

 年長さん限定で、大きな遊具に挑戦してもいいことにしました。ところが、この遊具が子どもたちの勇気を試すべく大きく立ちはだかったのです。小学校の高学年でも上まで上がれない子もいるし、ましてや棒から滑り降りるなんて・・・という小学生もいます。

 ジャングルジムって、足元(下に空間)が見えちゃうから、結構怖いんですよね。ましてや、そこから足元に何もない地上まで、棒だけを頼りに下まで滑り降りるなんて・・・・・

 できます?下から応援しているのと、上からの景色はこんなに違います。

 ここから下までの高さを想像しながら、まずは両手で棒を掴む。ここまではOK
 そこから足を踏み出して【棒】に飛び移るのができない!!

 できない子や怖い子を集めて、地上から登り棒に飛びつかせます。下からズズズっとせり上げて、「そのまま下まで降りてごらん。手を離さなければ、ほら大丈夫でしょう」と地上では・・できるのです。

 ではもう一回と、いざ上に立てばそうはいかないのです。
 下から私が棒を掴んで「ほらこの手を踏んで!」「さあいけぇ〜」と何度繰り返したことか・・

 棒は掴めても、そこから下まで一気に落ちちゃうかも〜って思うのでしょうね。

 「この手をを踏んだら大丈夫だから、ほら、いけ!」これを何度も繰り返した子もいれば、何回目かで飛び移った子もいました。中には、飛び移ったまま動けなくなって降りられない子も!

 これにはさすがに焦りましたが、しばらくがんばって?しがみついたままズズズと降りてきた足を下から支えて、もう大丈夫。

 初めてできた時のあの満足そうな、自信いっぱいの表情は最高でした。できた子も、できなかった子も、いい経験になったかな?スパルタじゃないですよ、上に上ると決めるのは、子ども。やるか、やらないかを決めるのも、子ども。どちらの決断をしても飛び切り褒めました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 田中 圭祐