高い場所に

 ワクワクしながら幼稚園の屋根に上ってみました。○○と煙は高いところが好き?

 ところが、周りを見ても自分より高いものがたくさんあって、イメージした光景とは違ってちょっと残念。上には上がいる・上には上があると感じました。まだまだ上にいきたと思うのは上昇志向か強欲のなせる業か・・・イエスが悪魔に連れられて高い場所に行かれる場面を思い出しました。 下を見てみると、咲き始めた桜が見えて、地面の緑色ときれいに映え、地上からの景色とは違って美しかったです。

 昨日は園内独自の職員研修で、一昨日はカトリック保育者連盟の研修会でした。2日間たっぷり勉強できてお腹がいっぱいになりました。これまでの保育をふりかえりながら、新しい時代の保育をつくりあげていく作業に終わりはありません。常にアップデートしつづける幼稚園でありたいと思います。

 今年度の保育のまとめと各種報告書に提出書類、教室の整理・荷物の移動・新しい年度に向けたさまざまな準備に加えて、新しいシステムの調整もしながらと、精力的にお・し・ご・とに取り組んでいる先生たちのモチベーションは、こどもたちの成長と笑顔です。

 子どもたちの笑顔と声が響いてこそ、エネルギーのスイッチも入るのだと思います。

 園長ブログNo.170で、今年度は終了したいと思います。お読みいただいた方には、深く御礼申し上げます。ありがとうございました。

画像

画像

画像

画像

by 田中 圭祐

 

自反尽己 じはんじんこ

 2019年3月21日は春分の日+満月という特別なスタートを始めるにはぴったりのそんな時に、整理されていない我が家のデスクから手にとった一冊の小冊子より

 ここに人有り その我を持つに横逆を以ってすれば 則ち君子は必ず自らに反るなり

 ここに一人の男があって、自分に対して非道無礼な態度を取るとしたら、相手を批判するのではなく、有徳の人は必ず自分を反省する。 2000年以上前の【孟子】の言葉

次は、iPS細胞でノーベル賞を受賞したの山中伸弥氏の信条

 「うまくいった時はおかげさま。うまくいかなかった時は身から出た錆」

最後は、安岡正篤氏の言葉より

 賢は賢なりに、愚は愚なりに、
 一つのことを何十年も継続していけば
 必ずものになるものだ。
 君、別に偉い人になる必要はないではないか
 社会のどこにあっても、
 その立場立場において、なくてはならぬ人になる。
 その仕事を通じて、世のため人のために貢献する。
 そういう生き方を考えなければならない

 その立場立場において、なくてはならない人になる。それが「一隅を照らす」ということだと

 ともに新しいスタートを 

画像

画像

by 田中 圭祐

 

元気の源

今日は青空に見守られながら、今年度の修了式がありました。
年少さん年中さんの元気な入場から始まり、昨年4月の入園式、進級式の時と比べて体が大きく成長し、行進する足腰もしっかりと力強いものになっていて、子どもたちの成長した姿を見ることが出来ました。
年長さんが先日卒園されちょっぴり淋しい人数のお遊戯室でしたが、子どもたちはとてもハキハキと大きな声で歌を歌いました。
園長先生のお話を聞いた後に退場する時には、キラキラと眼を輝かせて胸を張って行進し、4月からひとつ上の学年になることの自信に満ちあふれた表情でした。
式の後、預かり保育となって、子どもたちは昼食前に園庭でひと遊び。卒園した年長さんも何人かいて、みんなで楽しそうに園庭を駆け回ったり遊具や砂場で遊んでいました。そんな預かり保育の子どもたちが昼食のために別棟のまりあの教室に行ってしまったら、幼稚園の中がひっそりと静かになってしまい、何だか淋しく物足りない気がします。
いつも子どもたちの元気な声を聞いたり元気に遊ぶ姿を見ることで、元気のパワーをもらっていたのだなあと実感しています。
来週からは春休み。体調を崩したり、大きなケガなどがないように過ごせますように。そして4月に会えるのを楽しみにしています。

by 塩貝 喜代枝

 

預かり保育の場所を変えてみたら

 昨日の卒園式のあと、職員みんなで荷物を運びいれたり、不要な机やロッカーを運び出したりと、荷物は大きいけれど入口は小さいのでまるでアリの巣の引っ越しのように行列を作っては運ぶという光景でした。

 日が明けて、本日から幼稚園の別棟で預かり保育をしてみました。午前保育で、午後から課外の体操教室もあったので預かり保育は大賑わいです。

 子どもたちが実際に入ることで、気づかなかったことやもっとこうすればよくなるといったアイデアを持ち寄りながら、より良い環境を作っていきたいと思います。

 新しいことをするには、従来通りにするよりも時間も手間もかかりますが、その分みんなで話し合ったり、あぁでもないこうでもないとコミュニケーションできることも偶然の産物でした。

 卒園していった年長さんも預かりや課外教室は利用できるので、何人かの顔が見られます。明日の修了式は年少さんと年中さんだけなので、空きスペースが寂しく感じるかもしれませんが、それも新しいことを始めるためのステップだと思います。

画像

画像

画像

画像

by 田中 圭祐

 

きっと大丈夫

本日、卒園式にて保育修了証書を授与しました。

 初めて幼稚園に来たあの日から、一人ででできることがどんどん増えてきたことでしょう。

 あの日より、泣かなくなった

 あの日より、大きくなった

 あの日より、笑えるようになった

 あの日より、いっしょに遊べるようになった

 あの日より、がまんできるようになった

 あの日より、ありがとうが言えるようになった

 ひとりでできることが増えたということは
 誰かのために自分を使えるようになったということ

 小学校は楽しいことばかりじゃないだろうけれど
 それでもきっとうまくいくって思える人であってほしい

 これまでたくさんの笑顔をありがとう
 君たちの笑顔から本当にたくさんのエネルギーをもらったよ

 だから、きっとうまくいくって祈っています。

 ホントはめちゃくちゃさみしいけれど

 卒園おめでとう

by 田中 圭祐

 

卒園おめでとうございます!!!

本日、57名の子どもたちが卒園式を迎えました

卒園おめでとうございます


今日の卒園式では、立派に行進したり、

大きな返事をした後、園長先生から証書を受け取ったり、

おもいでを話したり、歌ったり・・・

とってもかっこいいお兄さん・お姉さんになっていました


小さいお友だちが困っていたり泣いていたら

     すぐに近寄って声をかけていたこと

ブリッジを頭がつかずにできるようになり

     片足を上げたり、片手を上げたりできるようになったこと

側転ができるようになったこと

運動会で組体操ができたこと

聖劇を通してイエス様のお誕生を伝えたこと

お友だちと力を合わせて生活発表会に取り組んだこと


年長組になってたくさんできることが増えました

小学生になったらもっとできることが増えるはず

これから楽しみだね



みんなと過ごした毎日は笑いが絶えず

楽しいことがいっぱいありました

これからみんなが教室にいなくなるのは寂しいけど、

先生はみんなのことをずっと応援しています

またぜひ遊びに来てくださいね



卒園おめでとうございます

画像

片足ブリッジ

画像

片手ブリッジ

画像

年少組からメダルをいただきました

画像

ゆりぐみ

画像

きくぐみ

画像

きくぐみ

by 佐々木 亜里沙

 

あしたは卒園式

卒園式に向け、年中組の子どもたちもお遊戯室での卒園式練習に

参加してきました。いよいよ明日です


静かな雰囲気で執り行われる卒園式。

静かだからといって、悲しい式ではないことは言うまでもありませんが、

胸を張って歩く年長組さんの姿をただただじっと見ている年中組のみんな。

どんなことを感じているのでしょうか?


年長組さんとは、いっしょに律動をしたりゲームをしたり…

また、運動会後にはパラバルーンを一緒にしたり、組体操も教えてもらったり

した思い出があります。


先週のお別れ会の際に、年長組さんへのお礼の言葉を

面と向かって伝えると、

「じ〜んとした」
「涙が出そうだった」との感想があり、

みんなのそんな姿も、成長した証だなあと感じました


「(あこがれの存在だった年長組が)次はぼくたちのばん」

「つぎはなにぐみかな?」

「もうすこしねんちゅうさんでいたいなあ」

そんなことを感じながら、参加しているのでしょうか・・・。


あとの3日間も

みんなでたのしく過ごしたいと思います。


明日は、たいせつなたいせつな年長組さんの門出の日

全園児、全職員で心いっぱいの笑顔で見送りたいと思います


年長組のみなさん ご卒園 おめでとうございます!!

by 村井 愛子

 

おもいで

今日から午前保育が始まりました。

徐々に荷物を持って帰ったり片づけたりと、学年の終わりに近づいています。

そんな中、今日は年長組さんの「おもいで」を聞きに遊戯室へ行きました

教室でそのことを伝えると「おもいでってなに?」「今日年長さん卒園式なん?」と

子どもたちの頭の上にはてながいっぱい

「年長組さんが幼稚園でたくさん楽しいことをしたことを歌をうたったり、お言葉にして

伝えてくれるよ」と言うと、「お友だちと遊んだり?」 「運動会とか?」と

年少組も経験してきた楽しい出来事をたくさん言ってくれました

遊戯室へあがり、「おもいで」が始まるとじーっと年長組さんのお顔を見て

真剣に聞いている様子。

預かり保育や園庭遊びでたくさん遊んでもらったり、困っていたら助けてもらったり、

優しい言葉をたくさんかけてもらったりしたと思います。

はじめての幼稚園にどきどきし、わからないことだらけだった子どもたちは

年長組のお兄さん・お姉さんにも教えてもらって日々成長してきました。

「おもいで」を聞いている間、子どもたちが「〇〇ちゃんや・・・」と、にこにこと嬉しそうな表情

終わった後は「どうだった?」と聞く前に「すごかった・・・」とすぐに言っていました。

もうすぐ年長さんが卒園するということを年少の子どもたちも感じ、

残り少ない園生活を楽しく過ごそうとしています

卒園まであと2日。

みんなが元気に笑顔で卒園できますように。

画像

画像

by 前田 杏奈

 

園庭あそび

 新しい砂場が増えたり、どこからともなく大きな段ボールが出てきたりして園庭あそびの様相に変化がみられるようになりました。

 泥団子が得意な先生に教えてもらったり、一緒につくったりする子。段ボールを布団にしたり、ベッドにしたり、お部屋をつくりたくなる子、小さな段ボールを電車に見立てて砂場で遊ぶ子など・・・。

 私自身も、これまでは園庭にあったただの水たまりが、いい具合の泥にみえたり、地面でお絵かきをする子に目が行くようになったりと、子どもたちを見る目も変わってきたように思います。

 少しヒントをあげると、子どもたちの創造はどんどん膨らんでいきます。まさに遊びの天才であります。

 それでも段ボールやガムテープの切れ端、ビニール袋など遊びの残骸が残っていると、片づけていただく教職員には申し訳なく思ったりする反面、それが子どもたちの遊びの足跡だと思うと、少し嬉しくなったりもします。

画像

画像

画像

画像

by 田中 圭祐

 

楽しい一日「あー楽しかった!」

先日の5日に、新しくできた砂場で

どろんこ遊びをしました。

ふかふかの砂で

気持ちよさそうに裸足で

踏みしめていました。

水を使って良い砂場なので

山を作ったり、固めたりして

歓声をあげて楽しそうに

遊んでいました。

その後、昼食タイム

最後のお弁当日

お天気も良く、あたたかだったので

本館前の芝生でピクニック

出かける前に、

「わーい!楽しみやなぁ」

ウキウキワクワク

青空にいくつもの飛行機雲を

眺めながらのどかに過ごしました。

しあわせなひと時でした。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 岡林 由希子

 

学年末の整理整頓

年中組で過ごす日々ものこりわずかとなりました。

最近は子どもたちと一緒に1年間の整理や片付けをしています。
すみれ組では今日、来週に持ち帰る
お道具箱の中の物をみんなで整理しました。

間違えてお友だちの物をしまっていない?
無くなっているものは無い?

そしてのりのケースを洗って水滴を拭き拭き。
4月から使用するのりもキレイに入れ直しました

お道具は来週持ち帰りますが、色鉛筆やクレパスなど
短くなっていないか、名前が消えていないかなど
また確認してあげて下さい

そして粘土の中身もみんなで整理です
ぱらぱらになっている粘土を全て出し、
一まとめにずっしりとまとめる作業

教室内に、
ドシーーン!!ズシ――ン!!ペッタ――ン!!ペチペチぺチ!
と、鳴り響く爆音

先生幼稚園こわれない

と、心配する子も(笑)

こんな程度では壊れないと分かると

あーーーもぅこれ、めっちゃ楽しい〜〜〜
  ずっとしてたいわ〜〜

と、園舎を労りる気持ちは即抹消され(笑)
作業続行


パン屋さんでーす!
おまつりですー!
こちらはおもちつきー!

と、友だちと気分を共感しあいながら
楽しんでまとめていました。

ツルンとまとまった粘土になぜかうっとり(笑)

妙な表情を見せる子どもたちでした

粘土は明日持ち帰りますので4月までは
ご自宅で保管しておいて下さい


さらに今日は最後の体操でした!!
この1年でずいぶん身体も成長しましたね
体幹もしっかりしてきて体操のマサ先生に
年長組になったら組体操頑張ってね

と言われ、今からやる気満々の子どもたち。
運動会が終わってから、今でも帽子を後ろに被って
組体操への憧れが強い子どもたちなので
とっても嬉しい激励の言葉のようでした。

色んな、学年最後の〇〇が終わっていますが、
年中組での限られた時間を大切に過ごしていきたいと思います。

画像

画像

画像

画像

画像

by 王本陽子

 

お別れ会

 年長さんとの【お別れ会】は、マリア会コーラス保護者の皆様のステージで幕が開きました。在園児のみんなが一緒に、こんなに楽しい雰囲気で歌える幼稚園って素晴らしい!と改めて感じました。

 その歌声を引き出してくださったマリア会コーラスの皆様、本当にありがとうございました。幼稚園のみんなのなんとも言えないかわいい歌声、このメンバーで歌えるのも最後かな?と思うと、こみ上げてくるものがありました。

 スペシャルステージのあとは、年少さん・年中さんから、お言葉やプレゼントがありました。さようなら、という言葉やその意味がぼんやりとわかってきた年少さんが、「○○ちゃんのねぇね(姉)がいなくなるってこと?」と寂しそうに話していた雰囲気が何とも言えませんでした。

 お別れ会のあとは、年長さんとその保護者様、先生たちとの【お楽しみ会】でした。クイズありゲームありで、大変盛り上がりました。ご準備いただいた学年委員の皆様ありがとうございました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 田中 圭祐

 

ファミーユクラス

今日はファミーユクラス(未就園児保育親子クラス)でした

おはようございます今日はお外で遊べるかな〜と朝から元気いっぱいの子どもたちでした


4月から年少組・アンファンクラス・ファミーユクラスとそれぞれのクラスに元気いっぱい旅立って欲しい思いを込めて、蝶々を作りました
一人でスモックを着て準備が出来るようになりましたね!!画用紙が配られると大喜びの子どもたち。お父さんお母さんと協力をして作り始めました。
画用紙をハサミで切り、好きな模様をクレパスで描き、のりで貼り合わせると可愛い蝶々が完成しました好きな色や好きな模様を自由に描いて楽しんでいました!
蝶々を持って飛ばして遊んでいる子どもたちがとても可愛かったです春が来るのが楽しみですね


最後は園庭遊びをしました。新しい砂場を見つけて、「何これーーーー!!」」「遊んでいいのーーーー??」と興味深々スコップとバケツを取りに行き、みんなで仲良く遊びました楽しく遊べて良かったです。


今日で最後のファミーユクラス。子どもたちと楽しくいっぱい遊ぶことが出来、お父さんお母さん方とお子様のお話がたくさん出来、いっぱい笑って楽しい時間を過ごす事が出来ました。また、子どもたちの成長もたくさん見させていただきました!!4月からの子どもたちの成長も楽しみにしています一年間本当にありがとうございました

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 橋本佳奈

 

あともう少し・・・

今日はお別れ会がありました。


マリア会コーラスのお母様方の歌に手拍子をしたり、一緒に歌ったり、体操をしたり

とても楽しそうな子どもたちアンコールのY・M・C・Aでは、とっても盛り上がっ

て、「もう1回アンコールしてほしい」というほどでした。

年長ぐみさんは来週卒園式を迎えます


4月の頃・・・年少ぐみのお友だちがおうちの方と離れるのが嫌で泣いていると、誰か

にあげるつもりで折って、持ってきた大切なしゅりけんを「これあげる」とそっと渡

してくれたり、園庭でこけているお友だちがいると、さっとかけよって「大丈夫?」と声

をかけてくれたり、年長ぐみさんのやさしさに年少ぐみのお友だちは何度も助けても

らいました

今日のお別れ会では、そんな年長ぐみのお友だちに感謝の気持ちを込めて作った

天使のファイルをプレゼントしました。これからもやさしく、強く、自分と周りの人を幸

せにする人になってほしいという思いがつまっています


大好きなにじの歌も心を込めてプレゼントすることができました


「もう、年長組さんいなくなるの?」と寂しそうな子どもたちもいました。

後少しですが、一緒に過ごす日々を大切にしていきたいです。

by 坂根 有紀

 

間に合ってよかった砂遊び

 さすがに朝はまだ冷え込みましたので心配しましたが年長さんがお砂場遊びをするころには、ぽかぽか陽気になってひと安心でした。

 卒園までに泥遊びをすることができました。短い時間でしたが、他学年のお友だちが羨ましそうにする中を裸足で砂の感触を楽しんでいました。

 はじめは砂に足を埋める子が多く、そのうち穴を掘ったり、山をつくたり、トンネルを開けたりしていると、泥団子つくりが始まりました。砂場とは違う種類の砂が必要だと、園庭の砂をかき集める男子たち。さすがの行動力に思わず感心。

 今日は午後から卒園式の練習もあり、お昼は本館前でお弁当タイムなど、まさに分刻みのスケジュールの中で、園長が卒園までに砂遊びを!なんていうものだから現場は大わらわ。泥遊びのあとも、雑巾で足を拭いているのか、みんなで廊下を拭いてるのか、それでも裸足で教室まで歩いて帰る年長さんはとても満足そうに見えました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 田中 圭祐

 

大好きな場所

 背中の大きさとリュックの大きさがアンバランスになってきた年長さんの後ろ姿を見ながら、今年度も残り少なくなってきたことを感じています。 




 先週末、園庭に新しい砂場ができ、子どもたちは遊びたくてうずうずしながら、先生たちは子どもたちの喜ぶ姿を見ることを楽しみにしながら迎えた月曜日は残念ながら雨。1日待った分、喜びが大きくなりました。今日は文句なしの春らしい良いお天気! 





 幼稚園キラキラプロジェクト。子どもたちの大好きをたくさん作りたい。新しい砂場が大好きな場所のひとつになりますように。

画像

園庭に二つ目のお砂場ができました!

by 中村雅子

 

ゼンマイ仕掛け

 ぜんまい仕掛けの玩具と言えば、私の世代ならオルゴールとかプルバック式の車や電車。イマドキのお子さんならハッピーセットのおまけとか・・・。何となく子どもの玩具というイメージですよね?

 もう少しお姉さま世代になると江戸時代の茶運び人形でしょうか?茶運び人形は大英博物館にも収蔵されているそうで、クジラのヒゲを使ったからくり人形などこの辺りになれば、日本人の手先の器用さや技術の高さが伝統文化とされているので、誇らしいとさえ思えます。

 そんなぜんまい仕掛けのおもちゃ、しかも幼児向け?の凄い物があるのです。我が家には幼児はいませんが、思わずクリックしたくなる。その名も「びょんびょんラーメン」なんと麺を挟んだ割り箸が勝手に上下するのです。

 すべて紙です。ようちえん4月号、まさに紙(神)の付録であります。本体価格1000円の雑誌がアマゾンでは最高2175円でベストセラー1位でした。

 こんな風にネットで話題になれば店頭から賞品が消えるということはよくありますが、近くのイオンモールはまだ平和に平積みされており、クリックせずとも定価で購入できたとか。よろしければお近くの本屋さんに在庫があるか、のぞいてみてはいかがでしょう。
 決して購入を斡旋しているわけではございません。

画像

画像

by 田中 圭祐

 

ついに・・3月です!!

新しい一週間が始まりました

早いもので・・もう3月ですね
梅の花がきれいな、季節です
先週は、暖かい日が続いて春を咸じていましたが・・
今日は、天気も悪く肌寒かったです
明日は、良いお天気になるみたいで、良かったです

3月・卒園式まであと少しとなりました

3月に入ってから、年長の子どもたちも「あと〜回で幼稚園終わりや〜」

「バス、あと何回乗れるかな〜」・・と、カウントダウンをしています

年長組さんは、小学校へ行ける楽しみと・・

年中組さん、年少組さんは、進級する喜びで・・

ワクワクドキドキだと、思います

残りわずかの3学期を、子どもたちと一緒に、元気に楽しく
過ごしたいと思います

by 上村紗希

 

じゃじゃ〜ん

 見てください このきらきらした目。アップじゃないと見えないかもしれませんが本当にきらきらするんだ!って思いました。

 子どもたちが見つめる先には、たっぷりと砂を積んだトラックです。「せっかくだから、近くまで来ていいよ」の声に我先にと靴に履き替える子や心配そうに遠くから見守る子もいる中で、いよいよ砂場に投入です。

 トラックの荷台が上がると「うわぁ〜っ」と歓声が上がりました。一気に砂が流れて砂場の端まで行きわたるかと思えば、そうはいきません。水ならそうですが、砂は落としたその場に積もってしまうので何回かに分けて、落としたものをシャベルで奥まで放り込みました。何度も繰り返すうちに、雪かきをしている人ってこんな感じなんだろうね、その苦労を思いました。

 新しいネットを敷いて、どうか猫ちゃん来ないでね、と祈るしかありません。こうしてまた新たな戦いの幕が開くのでした。

 年長さんは火曜日に泥んこ遊びをするそうです。詳細はミマモルメで確認してください。通常の砂場として使うのは誰でもOKです。今、まさに先生たちは来週の予定を作成しています。新しい砂なのでふかふかで、きっと気持ちがいいと思いますよ。たのしみたのしみ

画像

画像

画像

画像

by 田中 圭祐

 

あと何日〜?

今日から3月に入り年中のばら組で過ごせる日も10日になりました!

「くるみ割り人形の劇、今日もする?」

「またしたいよ〜みんなで教室でしようよ〜」

と嬉しい声を聞かせてくれるばら組の子どもたち!

生活発表会が終わってからも

スクラッチをしたり、くるみ割り人形の絵を描いたり

雛人形制作をしたりと盛りだくさんの毎日です

また小学校に行く機会も多く

子どもたちのなかで小学校は更に身近に感じることができたようです。

たくさんのお兄さん・お姉さんと遊んだり

小学校の先生のお話を聞いて制作したり、作品をみたり、

目をキラキラさせながら楽しんでいる子どもたちの姿をみると

自分でできることも増えて1年前の4月の時から比べると

本当に大きくお兄さん・お姉さんになったんだな〜と感じました。

年長さんになることが楽しみで

「私は百合組やから!」「僕はきく組!」など

気持ちは年長さんになっている子どももいますが

年中の限られた時間を大切に1日1日過ごしていきたいと思います!

来週の月曜日も小学校に行き

図書室や音楽室で楽しいことがあります

また月曜日みんなに会えることを楽しみにしています


最後になりますが・・・

本日雛人形制作を持って帰っています

子どもたちも自画自賛!お気に入りのようです

ぜひお家で飾ってあげてください

by 浦川 朋美

 

アンファン週5クラス

とうとう週5クラスも最終日を迎えました。

今日は、教室でも園庭でも自由遊び
教室では、みんなで秘密基地にこもったり、
お料理をたくさん作ってパーティーをしたり、
電車で遊びました!
園庭では、サッカーをしたり、
鬼ごっこをしたり、かくれんぼをしたり…
全力で走りまわっていましたすると…

「あ〜お腹すいたっ
「今日はキティ―ちゃんやで
「可愛いかまぼこ入ってるの
お弁当をとても楽しみにしている様子。
「どうやってお弁当食べようか」と聞いてみると、
「ピクニック―」「今日もお外で食べるー
外で食べたのが楽しかったようで、大盛り上がり!
今日は、教室にシートを敷いて、ピクニック風に
楽しいお弁当の時間となりました
そしてお弁当のあと、
園長先生と教頭先生が遊びに来てくれましたよ
「えーんちょうせーんせー
「なかむらせんせー!これ見てみてー
大興奮で駆け寄る子どもたち!
抱っこしてもらったり、お喋りしたり、
嬉しい一時を過ごしました。

保護者のみなさま、1年間送迎や毎日のお弁当、
たくさんのご協力をいただき、ありがとうございました。
泣きながら登園していたお友だちも、
今ではすっかりにこにこ
お喋りもたくさんできるようになりました。
お友だちや先生の名前を覚え、
「〇〇ちゃん、一緒にあそぼう!」
「△△のおとなり来て、ここに座ろう」など、
今では、お誘いの声もたくさん聞こえます。
お友だちと一緒に何かする楽しさを覚え、
週5クラスに一体感がうまれてから、
子どもたちの個々の成長とともに、
クラスの成長も多くみられ、とても嬉しくなりました
タオルやスモックがたためるようになったり、
靴が履けるようになったり、
洗濯バサミに赤白帽をはさめるようになったり、
基本的な生活習慣や、園の流れが身につき、
自分でできることが多くなりました。
目に見えて成長する子どもたちを見守ることができ、
毎日“嬉しい”気持ちをたくさん感じることができました。
また、4月ピカピカの制服に身を包んだ子どもたちと
会えること、楽しみにしています。



画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 倉畑 歩美