まもなく初めの第一歩

今日は、2018年度新入園児さんのオリエンテーションとお道具渡しの日でした。


冒頭私が保護者のみなさまの前で、ごあいさつをいたしました。

アンファン・ファミューユでの子どもたちの様子・面接の時の姿・保護者のみなさまと交わした言葉。いろいろな事が頭の中で浮かんできて少し複雑な気持ちになりました。


4月から元気に登園してくれるだろうか?

はじめての一歩は、ちゃんと踏み出せるだろうか?

こんな杞憂ばかりではだめだと思いながら桜の開花の頃、子どもたちがこの園舎で笑っている姿を思い浮かべております。


早く園生活に慣れお友だちとの関わりが深まればと切望いたします。


私は、4月から大阪聖母保育園に参ります。

どこにいてもこの思いは、胸の中に持ち続けます。
「頑張って」と心の中で願いながらお子さまの成長を見守りたいと思います。

by 江島幸子

 

修了式〜これからの子どもたちへ〜

本日は、少し春雨のなか修了式を行いました。

入園当初泣いていた年少組の子どもたちもたくましくなりお言葉もたくさん言えるようになりました。

年中さんは、クラスのお友だちとの関係も深まり「個」も芽生え、お友だちとの関わりの中で優しさ・我慢する事・助けてあげる事など心の中の成長を感じます。

子どもたちは、色々な関わりの中、あそびを通して成長していきます。

協力して熱中する楽しさ、意見が合わず気まずい雰囲気になったり・・・そんな経験のなかで、子どもたち同士で折り合いをつけていきます。

子どもたちの中で解決できる事がとても大切だと思います。

色々な育児本や幼児期の本が出版されていますが、それを参考になさる事は、良いことだと思います。

でもマニュアルにとらわれず、そのお子さまの良きところをほめて見守ってあげて下さい。

子どもたちが、大好きな事、夢中になれる事が見つかれば、その時は、始めるチャンスです。
夢を持ち生きる事は、幸せな事であり強い心も育ちます。

そして学びは、学生時代だけでなく一生です。
だから自発的に学んでほしいと願っています。

この1年間短い期間ではありましたが、本当にありがとうございました。

この学院で今まで経験したことのない学びをたくさんしました。

保護者のみなさまには、温かいお言葉をかけていただき感謝しております。

4月から大阪聖母保育園にまいります。そして再度大学で幼児教育について学び新たな保育を進めていく予定です。これからも学び続け新たな道を切り開く気持ちでいます。

そして建て前や飾りのことばでなく大切な事を真意でお話していきたいと思います。

何かに悩まれた時、私の事を思い出してくださいね。
いつでもお声をおかけ下さい。
またどこかでお会いしたく思います。

みなさまどうぞお元気でお過ごし下さい。

by 江島幸子

 

お別れ会

今日は、晴天の中お別れ会がありました。
オープニング♪マリア会コーラスの保護者のみなさまが、卒園児や進級する子どもたちへ素敵な楽曲を披露して頂きました。
手話による歌唱もあり、
歌や演奏はもちろんの事、保護者のみなさまの愛情に満ち溢れた表情や歌声・演奏にとても感動いたしました。

心のこもった歌声は、子どもの心にも響いたことと思います。
今までたくさん練習され話し合って披露していただいた保護者のみなさまありがとうございます。

みなさん、とても素敵でした。心から感謝申しあげます。

お昼からは、コップを使ったリズムあそびゲーム・シルエットクイズなど楽しませていただき笑いの多い楽しい会となりました。

ご準備頂きました保護者のみなさまお忙しい中、本当にありがとうございました。

by 江島幸子

 

生活発表会を終えて

今日で全クラスの生活発表会(表現あそび)が無事終わりました。

2月は、インフルエンザのためお休みが続き全員が出席できない日もありました。

そんな中、1年で最後の行事生活発表会に向けて今できる事を子どもたちとともに取り組んでいこうという気持ちで進めて参りました。

 

各クラス一人一人の子どもたちが、素敵な個性を表現し、いろいろな花(個性)が咲き、まさに百花繚乱の発表でご家庭と違う表情や成長をご覧いただけた事と思います。

発表が終わったあと、感じられた思いをお子さまにぜひお話し下さい。

お話を聞いて子どもたちもまた頑張った事への喜び自信につながると思います。

 

3学期も後半になりました。

クラスの子どもたちと充実した日々を送りお友だち同士の絆が深まる事を切に願っております。

by 江島幸子

 

立春は過ぎましたが・・・

 昨日は、二十四節気のひとつ「立春」でした。

毎日厳しい寒さですが、昨年植えたチューリップの球根が芽を出し、また梅のつぼみが、膨らんでいる様子を見ると自然界では、着々と春の訪れの準備をしているように感じます。

 

子どもたちも楽しい事・つらい事・頑張ってやり遂げた事様々な経験によって大きく成長していく様子を見ていると自然界と重なる所があり、歌の歌詞のように「世界でひとつだけの花」を咲かせてほしいといつも願っています。

 

今週は、インフルエンザで休んでいるお子さまが、増えてきました。

うがいや手洗いを励行し睡眠を十分とって早く回復して元気な姿で登園してほしいと思います。

 

来週は、今年度最後の大きな行事「生活発表会」を行います。

各クラスお休みがあり全員そろって練習する事が難しい状況ですが、今やれる事を子どもたち同士で力を合わせて表現してほしいと切望します。

by 江島幸子

 

思いを伝える

朝夕の寒さは、日に日に厳しくなってきました。

今朝ロータリーで子どもたちのお迎えをしている時、女の子が「今日の先生、ぶどうみたいだね。」と声をかけてくれました。


確かに私の服装は、むらさきのジャケットとむらさきのストールでした。
思わず苦笑。
子どもたちは、本当にいろいろの事をみて自分の感じたことを表現してくれんだと微笑ましく思っています。

 

お子さまにもよりますが、お家では、お話をたくさんされるお子さまも園では、緊張して言えない時があります。


私は、無口なお子さまが、恥ずかしげにつぶやく瞬間がだいすきです。


ちょっとした一言をできるだけ聞き漏らさず、キヤッチするように心がけています。


こころのつぶやきが言葉として発したとき、ひとつひとつの言葉をパズルのように組み合わせると言いたい事の全体像が見えてきます。


そして、思いが伝わった時「こういう事だったのだね。」といって思わず抱きしめます。


自分の思いが伝わる事の大切さ、うれしさを感じながら成長してほしいと願っています。


これからも子どもたちの心の思いに耳を傾け、私なりに言葉がけをしていきたいと思います。

by 江島幸子

 

3学期 始業式

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

今日から3学期がスタートしました。

冬休みは、短い期間ですが、クリスマスや大晦日・お正月と節目の行事があり、特にお正月はご家族とゆっくりお過ごしになられたのではないでしょうか?

ご準備は、大変だったと思いますが・・・

おせちを食べながら子どもたちも楽しく過ごしていたのではないかと登園の様子を見ながら感じていました。

少し眠そうなお子さまもおられましたので、早くいつもの生活リズムに戻して下さい。

 

始業式後、保護者のみなさまに「夢」についてお話しました。

先日亡くなられた星野さんも色紙に「夢」とサインされていました。

「夢」を持って生きる事は、とても素敵な事だと思います。

どうぞお子さまにも「夢」について聞いて下さい。

「夢」は、毎年変わっていきますが、書き留めていくと子どもたちが、成長している事や何に関心を持っているのかがわかりますよ。

 

3学期は、クラスの子どもたちとの関係性も強くなり総合的に成長し、協調性・想像力などが、深まっていきます。

年長さんは、独立心も芽生え始めます。

幼児とはいえ、自分自身の思いがありますので、その思いが、言葉で表現できるよう私たちも言葉がけをしていきたいと思います。

来月の生活発表会は、ことば・表現の集大成の発表会です。

個性に満ちたそれぞれの色の花が咲き乱れる事を願っています。

 

みなさまにとりましてご多幸多き一年でありますように願っております。

by 江島幸子

 

2学期を終えて

今日は、終業式。2学期は、行事やいろいろな体験を通して子どもたち同士の関わりも深まりました。

クラスの中で力を合わせできた事への達成感やお友だちとの絆も深まったのではないでしょうか。
時には、思いが届かなくてお友だちの関係が、ぎくしゃくすることもありますが、
自分の思いを伝える事や相手の話を受け入れ許す姿も見られるようになりました。

そんな姿を見守りながら言葉をかけるようにしています。


式が始まり、お遊戯室に入ると子どもたちは、保護者の方の姿を見つけて満面の笑みでした。

ご家族の絆の深さを感じながら愛情一杯の中、日々過ごしているのだと感じました。

 

冬休みは短いですが、クリスマスや大晦日・新年を迎えます。

今年無事に過ごせたことへの感謝と来年新たな一年が、幸多い年でありますよう願いたいと思います。

 

今年一年保護者のみなさまには、大変お世話になりました。

ご支援・ご協力ありがとうございます。

どうぞ良いお年をお迎え下さい。

 

by 江島幸子

 

優しさにふれて

12月に入り毎年のことですが、一年があっという間のように感じます。

子どもたちは、毎日寒さに負けず元気に登園する姿や健気さ・優しさに触れ、日々心の中は温かい気持ちになります。

先日の朝登園時、今にも雨が降りそうな曇り空のなか、年少の男の子がかさを持って来られました。

この日は、なかなかエントランスに入られず、お母さまとお話なさっていて私に声をかけて下さいました。

お子さまが、エントランス前の守護の天使さまにかさを差してあげたいということでした。

その時点では雨は降っておりませんでしたが、これから降るかも知れないから差しておいてほしいというお気持ち。エントランス内のマリアさまは、濡れないから大丈夫。

だけど外の守護の天使さまは、濡れてしまうので自分のかさを置いてほしいという思いです。

お子さま自身から湧き出るやさしさ。

忘れてはいけない大切な思いに感動しました。

いつまでもそのやさしさを持ち続け成長してほしいと願いながら心の中は温かい気持ちになりました。

 

by 江島幸子

 

避難訓練

今日は、避難訓練を行いました。
地震のあと厨房から火災発生という設定です。

園内に非常ベルがなり響く中、泣き出すこともなくアンウンスや先生の話をよく聞いてとても静かに園庭に避難できました。

消防士さんの話を聞いている時に消防車が、登場。
子どもたちは、消防車の仕組みを真剣に聞いていましたよ。

座席に座らせていただいた時は、とてもうれしそうでした。
年少の子どもたちに「お家の車と違うからたくさん見てね。」と言葉をかけると前後左右だけでなく上や下もしっかり観察している姿を微笑ましく(どんな思いなのかな?と想像しながら・・・)見ておりました。

年長さんたちは、無線機の会話が不思議そうな面持ちでした。

災いは、予告なく起こりますが、冷静に判断し、避難したいと思います。

そしてマリアさまに「今日も一日健やかに過ごす事が、できました。ありがとうございます。」とお伝えできるよう過ごしていきたいと思います。

by 江島幸子

 

七五三祝福式を終えて

昨日の七五三祝福式で子どもたちが、手を合わせ祈っている姿を見ていますととても幸せな気持ちになりました。

私には、天使のようにみえたのです。

大人になると1年があっという間に過ぎていくように感じますが、子どもたちにとっては、新しい事への発見やさまざまな出来事がたくさんありこころときめく事も多いとおもいます。
いろいろな経験の中で、楽しい事・苦しい事を乗り越えて成長していくという事をあらためて実感しました。

お家の方に守られ神さまのご加護を受け元気に育っている子どもたち。

感謝の気持ちと子どもたちのこころと寄り添いながら園での毎日が、元気で過ごせるよう祈っていきたいと思いました。

by 江島幸子

 

いもほり(年少組)

今日は、年少組のいもほりでした。
昨日は、大阪まで園外保育でしたので、疲れていないか心配でしたが、園バスに乗車している時から元気一杯でした。

有機栽培ですので土の中から虫たちがでてきて「園長先生 こわい。」という言葉も。

雨の後の土壌でしたので、掘りにくい状態でしたが、お家の方の分まで収穫すると言ってかわいらしい小さな手で一生懸命掘ってくれました。

大きいおいもが掘れた時は、「やったー!!」「すごい!!」という歓声も聞こえ、どのお子さまも一心にご家族のみなさまの人数を考えながら収穫されていました。かわいいですね。

帰りのバスもおいもの入った袋をしっかり握りしめ忘れる事無く園まで戻りました。

これから秋が深まり寒くなっていきますね。

お料理なさった時は、一言ことばを添えてお召し上がり下さい。心の中もほくほくしながら。

by 江島幸子

 

明日の運動会

今週は、秋の長雨の一週間でした。

子どもたちも大きなグランドで練習できない日があり、少し残念そうでした。


練習を始めた当初は、朝から暑くグランドで一生懸命練習している子どもたちを見ていて熱中症にならないか心配しておりました。

当初は戸惑いながら練習していた子どもたちも最近は、「もっとやりたかった。」とか「園長先生こうするんだよ」と年少さんから年長さんまで私に指導してくれます。

微妙に違うようで時折指摘もあります。(苦笑)


私自身?十年運動会を行いましたが、雨天で順延した事が、ありませんでした。

今は、明日のお天気が心配で、子どもたちの気持ち、保護者のみなさまのご準備など考えながら雨が降らない事を祈り最終判断をしたいと思います。


どうか雨が降りませんように。そして子どもたちの笑顔や輝いているまなざしが見られますように。と祈っています。

 

by 江島幸子

 

大運動場にて

大運動場での練習が始まりました。

3歳児さんは、あどけなさが残る表情で、
4歳児さんは、少したくましくなった表情で、
5歳児さんは、凛とした態度でそれぞれ、精一杯頑張っています。

徒競走・お遊戯・組立体操・競技・リレーなど種目はそれぞれですが、みんなで力を合わせお友達の動きに合わせる(息を合わせる)気持ちが年齢と共に育っている気がします。

 

運動会は、2学期最初の大きな行事ではありますが、朝のサーキット運動や正課の体操の保育で培われた事をこの運動会で、発揮できればと願っています。


身体を動かす事の楽しさを大きなグランドの中、笑顔でそして個々のまなざしで表現してほしいと思います。


週末から気温が下がるようです。体調に気を付けて元気に登園してほしいと祈っています。

by 江島幸子

 

10月1日

10月1日 日曜日。在園児さんはお休みですが、昨日は、入園願書提出日でした。 朝早くから願書をご提出していただき、この園を選んで下さった事、このご縁に感謝しております。 来春この幼稚園での生活が、子どもたちにとって楽しい毎日でありますように。 また、たくさんのお友達とともに関わりあい実りある幼児期を過ごせることができるよう私たちも真摯に向き合い一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。 入園前には、未就園児のクラス(アンファン・ファミーユ)や園庭解放日(水)・おやこでせいぼであそぼなどの体験できる日もございますのでどうぞご参加下さい。 お待ちしております。

by 江島幸子

 

敬老参観

今日は、敬老参観の日でした。 お子さま達の大好きなご祖父母さまにお越しいただき幼稚園での様子をご覧いただきました。 後半お遊戯室にお集まりいただき学年ごとにお歌を披露しました。 舞台では、手を振ったり笑ったりまたとても緊張していた子どもたち。 みんな様々な表現で精いっぱい歌っていましたね。 1学年の違いや愛らしさを感じて頂ければうれしく思います。 おじいさま、おばあさま、これからも子どもたちの心に寄り添いながらあたたかく見守って下さい。 そして今までご経験されたことによって生み出された知恵を少しずつ伝えていただきその言葉が子どもたちの心の拠りどころになってほしいと願っています。

by 江島幸子

 

2学期始業式

少し日差しが優しくなった今日、2学期の始業式を行いました。 日焼けしてたくましく成長した子どもたちが、元気に登園し、園内は子どもたちの笑顔と楽しげな声にに包まれ、こうして元気に会えたことに感謝したいと思います。 神さまありがとうございます。 2学期は、実り多き季節。 運動会などの大きな行事や園外保育などたくさんの事を体験します。 心が躍動するような体験が、実り多き秋に子どもたちの心に響きますよう願っています。

by 江島幸子

 

終業式

今日は、1学期終業式。 猛暑の日々が続く中、子どもたちは元気に登園しています。 日々の活動を通して成長していく子どもたち。 受け止め方も感じ方も様々ですが、子どもたちの何気ないことばに成長を感じたりいろいろな事を学んだ気がします。 幼児期のこどもたちには、好奇心いっぱいの冒険という扉がありこの夏様々な経験をし、 成長していきます。 内なるものが光り輝く(ときめく)出来事がたくさんあると良いですね。 ご家族での楽しい思い出をたくさん作って下さいね。 夏休みに入り生活のリズムが変わりますので、体調を崩さずに元気にお過ごし下さい。 2学期、日に焼けた元気な子どもたちに会えることを楽しみにしております。

by 江島幸子

 

七夕とはじめての体験

今日は、五節句のひとつ七夕(しちせき)ですね。 子どもたちが書いた短冊の願いは、どんな願いだったのか、叶うようにと祈りながら一日を過ごしていました。 どろんこ遊び最終日。今日は、年少組さんでした。晴れて良かったです。 土に触れ砂遊びからお山の上に登り最初は、触れる事から始まりだんだん大胆に! 頂点に穴を掘ってお風呂のように片寄せあったり、川を作ったり無邪気に砂遊びをしている子ども達を見ていて躍動する気持ちが伝わってきました。 降園時にも「お砂遊びもう一回したい!」と私の顔をみてたくさんの子ども達が言ってくれたので、来年はこの時期に2回は、体験できるよう取り組んでいきたいと思います。 子ども達の遊んだあとの崩れた砂山をもとの形にして下さった本館男性職員のみなさま、暑い中ありがとうございました。子どもたちは、大はしゃぎでした!!

by 江島幸子

 

5月 楽しみいっぱい

5月1日。五月晴れ。爽やかな季節となりました。 子ども達にとって新しい環境の中で、少しずつ園生活にも慣れ愛らしい笑顔と異年齢児の交流も少しずつ増えています。 今日の参観では、1学年大きくなりました子ども達の様子をご覧いただきました。 子ども達は、笑顔いっぱいでいつもより張り切っていて楽しそうにしていましたね。 お家に帰られましたら園でのお話をぜひ聞いてあげて下さい。  さて、今月は五節句の一つ、端午の節句ですね。 子ども達の成長に感謝し、これからものびのびと健やかな成長を見守りたいと思います。 あさってからは、連休になります。ご家族で何か計画をたてておられますか? ご家族のみなさまにとりまして穏やかな素敵な日々を過ごせられますよう願っています。ご家族での思い出が子どもたちにとって良き思い出となりますように!笑顔の花が、いっぱい咲きますように。

by 江島幸子

 

ありがとう

今日、年長児のお母さまとお話しする機会がありました。


その中でお母さまがこんなことをお話してくださいました。




家で子どもがメモ帳に何かを書いていたので、そっと覗いてみると、そこには


【トイレ ・ いす ・ くつばこ ・ ピアノ】 などといった言葉が並んでいたそうです。


不思議に思い、「それ、なにを書いているの?」と尋ねると、その子は、


「『ありがとう』っていうの」と答えました。


卒園を控え、その子は、幼稚園でお世話になった【もの】にお礼を言おうと、


メモに書きだしていたそうです。




「トイレいっぱい使わせてもらったよ。ありがとう。」


「毎日座ったいす、ありがとう。」


「靴箱、毎日靴を入れてくれてありがとう。」


「歌を歌う時にはいつも 奏でられていたピアノ。きれいな音をありがとう。」




仲良く遊んだ友だちや先生は勿論、毎日を過ごした教室や遊具、小さなもの


ひとつにまで、「ありがとう」と感謝の気持ちをもっているその子の姿に


また心が温かくなりました。




こんなふうに、子どもたちの成長を間近で見ることのできる私たち保育者は


本当に幸せです。





by 寺井朝子