視力検査

今日は年中組の視力検査の日でした。


少し前に検査で見る「C(視標)」の説明を教室で行いました。
この時期になると保健室から毎年お借りする
ランドルト環という「C」の薄い板。
担任が手に持って右左上下と自由自在のものです。


繋がっていないところ。
穴の空いた切れている方向を教えてねと説明。

先週にこのお話をしていたので覚えてるかな〜と思い
保健室での検査をする前に教室でもう一度思い出してみました。


教室では右といいながら左を指さしながら答える子もいましたが
左右を勘違いしているだけでやり方の理解はばっちりそうでした


保健室での検査が始まると自分の順番は
まだかまだかとなんだかワクワクしている様子で
順番がやってくると、よし来た!と、ニンマリ


検査なんだけどな・・と思いましたが、
子どもたちにとってはクイズのような
楽しみがあったようでした。


頑張っても頑張っても見えないときは
一言「見えません」
これも話していたように上手く言えました


2学期に入ってから、担任のメガネに興味津々の
すみれ組の子どもたちでしたが、、。


子どもたちの目がこれからも健康でありますように。

画像

画像

画像

画像

by 王本陽子