クリスマスおめでとうございます。

 今のご時世のきらびやかなクリスマスとは違い、その始まりは、暗くて薄汚い糞尿にまみれた臭いがする馬小屋。一等地でなく忘れ去られたような場所。

 誕生の知らせを一番に聞かされた羊飼いも、当時は辺境に置かれた人たち。

 イエスに選ばれた弟子たちも、最後の晩餐においてでさえ、誰が一番偉いかと言い争い、十字架のあとはイエスを知らないと逃げ出した人たちでした。

 いずれも一流だからという条件で選ばれた訳ではないようです。

 馬小屋も、羊飼も、弟子たちも、その存在が【聖】とされる背景には、神の計らいにより選ばれ、清くされたのではないでしょうか。

 独りの存在や独りで出来ることって限られている訳で、神様はもちろん、誰かに、何かに助けられてこそ、生かされている自分がいるのかもしれない、と考えるようになりました。

 クリスマスおめでとうございます。

画像

by 田中ヨシヒロ