他喜力(たきりょく)

誰かを喜ばせることができる人は、幸せになれるってご存じでしたか?

 他人を幸せにする力を【他喜力】といいます。こんな能力が与えられているのは、地上の生き物の中では人間と神様だけだと言われています。

 誰かに認めてほしいという承認欲求は赤ちゃんにも存在します。大人でもそうですが、そういうもの、他喜力や承認欲求が自分にも他人にもあるのだと客観的にはなかなか思えないですよね。子どもたちを見ていると、その存在自体が周りを幸せにすることができる【他喜力の塊】だと思います。

 明日のクリスマスの集いに向けて、いっぱい練習してきました。一人ひとりが運動会の頃に比べても格段に成長を感じるとともに、先生たちの指導にも頭が下がる思いです。

 ここまで仕上げるのは、大変だっただろうなって思うのは、今年だけかも??そういうものだっていう感覚がないので・・・

 幼稚園の先生だったら当たり前でしょう!私たちプロですからと、職員はきっと思っているでしょうけれど、1年目の素人には新鮮な感動があるわけであります。当たり前のことをしているつもりが、周りを幸せにしている。こういう連鎖がたくさん起きるといいですね。

by 田中ヨシヒロ

 

なぞなぞ!?

子どもたちがすり傷や打撲などのケガをして保健室に来た時に、どこでどのようにしてケガをしたのかを尋ねます。
難しい名称を知らない子どもたちは、その物に関連して知っている限りの言葉を総動員して伝えようとしてくれます。
どこでの説明の時は、なぞなぞクイズのようです。
おへやの、しかくいところの、カバンをいれるところの、、、、、。
   A :棚。
あたまに、しかくいのをかぶったときに、、、、、。
   A :防災ずきん。
おそとで、はしって、まわって、さんかくで、あかくて、、、、、、。
   A :三角コーン。
そとで、はしっていて、しかくい、かたい木があって、、、、、。
   A::地面に埋まっている枕木。
ぼうがいっぱいあって、こうやって、うえにいくところ、、、、、。
   A :ウッドアスレチックの登り棒。
また、どのようにしてという説明の時は、「こうなって!」と言いながら自らジャンプしてみたり、走る真似をしてみたり、からだを使って一生懸命にジェスチャーで表現してくれます。
子どもたちのなぞなぞに、頭をフル回転させながら子どもたちの伝えたいことを聞きとっています。
伝えたいことが伝わった時は、子どもたちの顔がパーッと明るくなって、安心した表情に。痛みも和らいだかのような可愛い笑顔になり、教室に戻っていきます。
明日も楽しいなぞなぞを待っています。

by 塩貝 喜代枝

 

アンファン週5クラス


お久しぶりのアンファン週5クラス…
少しお休みを挟みましたがいつもと変わらない
楽しい雰囲気で朝の時間を迎えました

12月になり、クリスマスが近づくと、

子どもたちとサンタさんのお話をすることが
多くなりました

 「サンタさんに何をお願いするの
 「ぐるぐるのどうろがほしい

欲しいプレゼントを教えてくれてる子どもたち…

そこで、
 「先生にもサンタさん来るかな
と聞いてみると…

 「ううん…」
と首を横に振っていました…(笑)


今日は、借りていた絵本を返しに図書室に行きました
大きい絵本を借りていたお友だちに、
「大丈夫」 と心配して声をかける姿も見られました。
最近お友だちへの優しい言葉が多く聞かれるようになり、
とても嬉しく感じています

電車の絵本、車の絵本、大きな図鑑、かわいい動物の絵本…
好きな絵本は子どもたち一人ひとり違います。
「あ〜好きそうな絵本かりてるなぁ〜〜」と心の中でいつもほっこり。
今日も自分でお気に入りの1冊を見つけていました
またお部屋で読んでみましょうね


そして、お外遊びにもいきました

 「よ〜い、どん
一生懸命走る子どもたち。
かけっこも上手になってきました。
みんな走るのが好きなようで、お外に出ると「かけっこやりたい
と言ってくれました
少し短い時間でしたが、すべり台やお砂場、好きな遊びをしていましたよ。



そして、お遊戯室に行って年少さんの
クリスマスのお歌を聴きにいきました

明日のクリスマスの集いで、幼稚園のお友だちは
歌や合奏、聖劇でイエス様にお誕生日おめでとうの気持ちを伝えます。

年少さんはお歌を2曲、楽器(鈴)を使ったお歌を1曲歌うようです

始まるまでの間、「静かにかっこよく待っていようね
と伝えると、驚くほど静かに待っている子どもたちの姿が……

ざわざわするかな…と心配していたのですが、
子どもたちの静かにしようという頑張りや成長に本当に驚きました

驚きとともにできるようになったんだ…と心の中で感動して
泣きそうになっていたのは子どもたちには内緒です


お部屋でも鈴を使ったことがあるからか、年少さんのお歌に合わせて
トントントンと鈴を鳴らすまねっこをする子どもたち

「鈴やったことあるなあ」 「また鈴やりたいわ
と、先生やお友だちと話す様子も。

クリスマスのお歌が楽しかったようで子どもたちも
ずっとにこにこしていましたよ

またお部屋でも楽しいお歌をうたいましょうね


明日はアンファン週5クラスはお休みです
また木曜日、みんなに会えるのを楽しみにしています


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 熊谷 恵里