メリークリスマス

皆さま、冬休みをいかがおすごしですか? 

明日はクリスマスですね。 

今日は、少し遅くなりましたが、クリスマス会の

舞台裏のお話しをします。

初めて舞台裏の手伝いをし、子どもたちの様子を

知る体験をました。

年中・年少は本番が一番良い笑顔で

真剣に取り組んでいました。
 
練習過程では、集中がもたなくて

紆余曲折する場面もありましたが 

幕が閉まると緊張がほどけ、体調を崩す子も

あるなど、 小さいなりに、発表することを

意識して頑張っていたのだなと思います。

年長の聖劇は、舞台裏の暗い中で

(
安全のため、懐中電灯はつけています

大天使は、ゆりの花を握りしめ、

羊はそっと羊飼いの膝の上に手を忍ばせ、

羊飼いはその手を握る。
 
天使たちは、暗闇の中を歩いて来る聖歌隊の

足音とピアノの重低音に耳を澄ませて

背筋を伸ばして待機しています。
 
とても神秘的な表情でした。
 
歴代の子どもたちも、こんな表情で

クリスマスを迎えていたのだなと思うと

感慨深いものがありました。

途中、トイレに行ったり、体調が悪くなり、

いつ舞台から下ろそうかとカーテンの陰で

ヒヤヒヤする場面もありましたが、

立派に最後までやりきった年長児の気骨。

それぞれが、平和の天使となって、

クリスマスの本当の意味を来てくださった方々に

お知らせするという使命を果たせていました。

感動することがたくさんあったクリスマス会でした。
 
帰りのバスでのこと。 年中の男の子が、
 
ぼそぼそと何かを話しかけてきました。 

「え?何?」
 
「先生、いつもそばで見ててくれてありがとうな」 

いつもは、はにかみやさんでそんなことを言う

男の子ではないので
びっくりしました。そして感涙。

素敵な心のプレゼントをいただきました。

神さま、イエスさま、あなたがよこしてくださった子どもたちは、

こんなに素敵にに育っていますよ。

メリークリスマス

みなさまの上にも良いクリスマスが訪れますように。

画像

by 岡林 由希子