それぞれの表現

 子どもたちが担任の先生と作り上げてきた生活発表会が終わりました。練習から当日までの期間はもちろん、一緒に過ごしてきたお友達と「今」できる精一杯を発表できました。

 たくさんの保護者の皆さんを前に、嬉しいスイッチや勇気スイッチが入る子だけでなく、恥ずかしいスイッチや、もっと上手にできるのにというスイッチが作動してしまった子、安心して過ごせる教室とは違う雰囲気に、何か違うぞのスイッチが入っちゃった子など・・・

 それぞれの「表現」がありました。上手に言えなくても、お友だちと一緒に演じている様子に、クラスみんなで歌う姿に胸がいっぱいになった方もいらっしゃったのではないでしょうか。

練習から当日まで、大好きな先生と一緒に考えて、作って、歌って、時にはみんなで踊った発表会までの日。お家の人より、園長先生より、みんなの頑張りを知っているし、嬉しく思っているのは担任の先生だと思います。あっ、それから神様もね!

♪ 忘れないで どんな時も きっとそばにいるから そのために僕らは この場所で 同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ ♬

担任の先生は、そんな余韻に浸る暇もなく、放課後には懇談会と明日の行事のセッティングと息つく暇もない放課後。そして、明日へとつづく感謝!  

画像

by 田中 圭祐

 

生活発表会

 今日は生活発表会の2日目。金曜日の1日目と同様に各クラス、個性豊かな劇遊びを見ていただきました。本番はたくさんのお客様に驚きながら、子どもたちは様々な姿を見せてくれました。どんな姿も今の子どもたちにとって大切な姿、今日の日は成長の過程の大切な大切な1ページです。
 

先日、こんな記事を読みました。 

子育ての「うれしい」「楽しい」を発見する方法は、
・子どもの様子をじっくり見て、何を感じているか、考えているか想像してみる。
・泣く、暴れる、大騒ぎする理由を考えてみる。
・子どもが一人で楽しんでいることに気づき、そのまま見守る。
・子どもの応答を楽しむ。
・子どもが「学んでいること」を想像する…など。



 1年間共に過ごした仲間と一緒に作り上げ楽しんだ劇遊びから、子どもたちはどんなことを学んだのかな…と考えながら私も「うれしい」「楽しい」をたくさん発見しています。
ぜひ、それぞれに精一杯頑張った子どもたちのことを褒めてあげてください。

by 中村雅子