『男の子が前向きになる子育て』河合恒男 PHP研究所より

洛星中学高等学校の阿南校長先生の講演会にお邪魔してきました。
 その中で、私も大好きだった河合神父様の著書が紹介されていたので引用したいと思います。以下引用

 「家庭には、2種類の人間がいてほしいと思います。一つはきちんとルールにのっとり判断できる人・もう一つはルールを超えて受け入れてくれる人です。男の子がいる家庭なら、前者の役割をお父さん、後者の役割をお母さんが担うのがやりやすいかもしれません。
 反対に女の子の家庭なら、役割をひっくり返した方がうまくいくこともあります。シングルで子どもを育てている方は、一人で二役を使い分けることでちゃんと対応できます。

 相撲でも、稽古場で投げ飛ばしてくれる人がいないと、相撲取りは強くなれません。弱い相手ばかりだと慢心してしまうからです。でも、全部が全部、投げ飛ばすような強い相手ばかりだと、自信を失ってつぶれてしまいます。

 どこかで受け止め、励ます優しい人もいてほしい。といっても、その2種類の人が対立してはいけません。(中略)「あんなに言うことないわよえね。お父さんって嫌ね」などと否定するようなことを言っては台無しです。引用おわり 

 そういわれてみれば、確かに私自身も息子にくらべて娘には超法規的になりがちかもしれません。河合神父さまのこの本で、私自身がおすすめしたい内容がもう一つあります。

 『お子さんの前で先生の悪口を言ってはいけない』という箇所です。これは先生だけじゃなく、子どもの友だちやその保護者に対してもそうだと思います。学校や幼稚園には絶対服従しなさいという意味では勿論ありません。そんなことしたら推薦がもらえないとか、そういう問題でもありません。子どもの前ではやめましょうということです。

 子どもなりの世界観に、大人の眼鏡(見方や価値観)をすり込む事になるのでは?・・・と。これは私個人の意見です。詳しくは書籍をお読みください。

画像

by 田中 圭祐

 

アンファン火・金クラス

今日はアンファン火・金クラスでした
二週間ぶりに会う子どもたちは変わらず元気いっぱい
お休みの間のお話をたくさん聞かせてくれました


もうすぐ三月!ひな祭り!ということで、今日から二回にわたって
ひな祭り制作をしようと思います
今日はお雛様とお内裏様の顔と服を作りました!
目は・・・鼻は・・・と言わなくても上手に顔が描けるようになり、
お雛様は女の子お内裏様は男の子としっかり区別しながら
顔を描いていて、感心させられました


服は台紙の半面に模様を絵の具で描いて、真ん中で折り合わせると、
何も描いていないもう半面に転写されるという”デカルコマニー”という
技法を初めて使いました
子どもたちの前で見本を見せている時に、真ん中に折ってこうやって
両手ですりすりするんだよというと、自分でやる時にも両手で紙を挟んで
しっかりとすりすり、反対側にも模様が写るようにこすり合わせていました
開けるまでは、ちゃんと模様が写っているのかドキドキ、、、、開けたら
綺麗な模様がついていて「わあ」と笑顔がこぼれる子どもたちでした


その後は、今日は雨が降っていて園庭遊びへは行けなかったので、
週5クラスのお友達と一緒に遊戯室に行って「5つのメロンパン」の
ペープサートを見ましたメロンパンがたくさん出てきて、お腹が空いた
ところで、部屋に戻ってお弁当を食べました
ひまわり組には週5クラスのお友達が作ったお家が、、、
お弁当を食べ終わった子どもから、一緒に家に入れてもらって
遊んでいましたお片付けの時間になっても、家の中からなかなか
出てこない子どもたち!かなり魅力的だった様子でした

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 佃 知佳

 

アンファン週5クラス

5日間のお休み、そして朝から雨降りでしたが、
元気に全員出席
1人ずつお休みの日の話を聞いてみると、
「マミーと遊んだ」
「ねえねとプリンセスごっこした」
「ママとパパと水族館いって魚見たの、ドリーがいた!」
などなど、お友だちが答えるたび、
僕も!私も!もっと聞いて!!
と言わんばかりの大合唱

今日は、ひなまつり制作
制作の前に、紙芝居をよみました。クイズ形式になっていて、
ひなあられはどっち
桃の花はどっち
おひなさまが持っている扇はどっち
など、2択クイズをすると、
ひなあられは大正解だったのですが、
扇とうちわでは、「うちわー!!
桃の花とタンポポでは「たんぽぽー!!
張りきって答えていました。
「正解はー…桃の花でした」と言うと「えー!」と驚き、
可愛い反応を示す子どもたち。
帰りの集会の時間に、もう1度聞いてみると、
見事全問正解でした
紙芝居のあとは、初めての折り紙
線に合わせて折ったら、人差し指でアイロン…
あわてんぼうのお友だちは、
「こう?こう?」と言いながら、ぐしゃぐしゃと折り進め、
「できたー!!」と嬉しそうな顔。
線にピッタリ合わせて折ろうとするお友だちは、
「なんかー、ガタガタなるわ」と話しながら、
なんとも真剣な表情で取り組んでいました。

そして今日は、お遊戯室で粕淵先生手作りの
ペープサートを見せてもらいました。
「パン屋に5つのメロンパン〜」と歌が始まると、
体を揺らしたり、指差ししたりしながら、
夢中で見ていました

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 倉畑 歩美

 

ベルナデッタのお祝い会

今日はベルナデッタのお祝い会がありました。

少し前からベルナデッタさまの話しをしたり、ベルナデッタさまの歌を歌ったり

してきました。

今日のお遊戯室でのお祝い会では、ベルナデッタさまがマリアさまの姿を

見たといわれているルルドの岩屋を再現したものを見たり、その時の話しの紙芝居

を見たりしました

紙芝居は長いものでしたが、子どもたちは真剣に観ていました。

その後、ロザリオを使ったお祈りもしました

年少組は、お友だちに優しくできる素敵な年中組になれますように。と

年少組のお友だちと楽しい毎日が過ごせますようにということをお祈りしました。

ベルナデッタさまにもマリアさまにもみんなの祈りが届いたことだと思います


さて、今日は雨の一日でしたが、生活発表会で取り組んだ、

エレくんとよわちゅうの絵を描いたり、積木をしたりと楽しい一日でした

絵画では、「ぼくのエレくんは、虹色のお鼻にしよ」ときれいな色で模様を描いた

り、ぞうの鼻の先にりんごの絵を描いて、「エレくんりんご食べてるねん。」

「エレくん砂あびしてるよ。」と楽しく話してくれました

描いているうちに話しがどんどん広がっている様子でした

とっても楽しそうな絵ができあがりました

画像

画像

画像

by 坂根 有紀