元気の源

今日は青空に見守られながら、今年度の修了式がありました。
年少さん年中さんの元気な入場から始まり、昨年4月の入園式、進級式の時と比べて体が大きく成長し、行進する足腰もしっかりと力強いものになっていて、子どもたちの成長した姿を見ることが出来ました。
年長さんが先日卒園されちょっぴり淋しい人数のお遊戯室でしたが、子どもたちはとてもハキハキと大きな声で歌を歌いました。
園長先生のお話を聞いた後に退場する時には、キラキラと眼を輝かせて胸を張って行進し、4月からひとつ上の学年になることの自信に満ちあふれた表情でした。
式の後、預かり保育となって、子どもたちは昼食前に園庭でひと遊び。卒園した年長さんも何人かいて、みんなで楽しそうに園庭を駆け回ったり遊具や砂場で遊んでいました。そんな預かり保育の子どもたちが昼食のために別棟のまりあの教室に行ってしまったら、幼稚園の中がひっそりと静かになってしまい、何だか淋しく物足りない気がします。
いつも子どもたちの元気な声を聞いたり元気に遊ぶ姿を見ることで、元気のパワーをもらっていたのだなあと実感しています。
来週からは春休み。体調を崩したり、大きなケガなどがないように過ごせますように。そして4月に会えるのを楽しみにしています。

by 塩貝 喜代枝