間に合ってよかった砂遊び

 さすがに朝はまだ冷え込みましたので心配しましたが年長さんがお砂場遊びをするころには、ぽかぽか陽気になってひと安心でした。

 卒園までに泥遊びをすることができました。短い時間でしたが、他学年のお友だちが羨ましそうにする中を裸足で砂の感触を楽しんでいました。

 はじめは砂に足を埋める子が多く、そのうち穴を掘ったり、山をつくたり、トンネルを開けたりしていると、泥団子つくりが始まりました。砂場とは違う種類の砂が必要だと、園庭の砂をかき集める男子たち。さすがの行動力に思わず感心。

 今日は午後から卒園式の練習もあり、お昼は本館前でお弁当タイムなど、まさに分刻みのスケジュールの中で、園長が卒園までに砂遊びを!なんていうものだから現場は大わらわ。泥遊びのあとも、雑巾で足を拭いているのか、みんなで廊下を拭いてるのか、それでも裸足で教室まで歩いて帰る年長さんはとても満足そうに見えました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 田中 圭祐

 

大好きな場所

 背中の大きさとリュックの大きさがアンバランスになってきた年長さんの後ろ姿を見ながら、今年度も残り少なくなってきたことを感じています。 




 先週末、園庭に新しい砂場ができ、子どもたちは遊びたくてうずうずしながら、先生たちは子どもたちの喜ぶ姿を見ることを楽しみにしながら迎えた月曜日は残念ながら雨。1日待った分、喜びが大きくなりました。今日は文句なしの春らしい良いお天気! 





 幼稚園キラキラプロジェクト。子どもたちの大好きをたくさん作りたい。新しい砂場が大好きな場所のひとつになりますように。

画像

園庭に二つ目のお砂場ができました!

by 中村雅子