令和元年

  人々が美しく心寄せ合う中で文化が生まれ育つ。

 「令和」の意味するところは日本人の耳に心地よい響きだと思います。
 私たちの幼稚園もまさにそういう場でありたいと思います。

 疏水の桜は、まだまだ蕾ですが、太陽の光を浴びて美しい水面の朝でした。新元号が発表された4月1日の京都は、冷たい雨ふりの午前となりました。

 私たち職員も新しい仲間を3人迎えて、新年度がスタートしました。子どもたちと、保護者の皆さまと、職員とともに心を寄せ合いながら、新しい時代に見合った保育を共に創ってまいりたいと思います。今年度もどうぞよろしくお願い致します。

画像

画像

by 田中 圭祐