可愛がるより、面白がる保育を

 ある大学教授がSNSで問いかけて、炎上したそうです。

 A、会社の経営で一番大事なことは、社員全員を幸せにすることである。
 B、会社の経営で一番大事なことは、会社の利益を確保することである。

 みなさんはどうでしょう?幸福学の研究者である教授自身は、Aだというのです。

 「幸せな社員」は、普通の社員に比べて創造性が3倍、生産性が1.3倍高いという研究結果があるそうです。

 教授いわく、人が幸せになるための4つの因子をバランスよくもっているといいのだといいます。

 1,「やってみよう」因子
 2,「ありがとう」因子 
 3,「なんとかなる」因子 
 4,「ありのままに!」因子。

 どんな困難にも「なんとかなる」と立ち向かい、いつも自然体で、人の目をあまり気にせず、他人と自分を比べず、自分らしく「ありのままに」振る舞う。やらされるのではなく、自ら「やってみよう」というチャレンジ精神にあふれ、どんな試練にも「ありがとう」と感謝を忘れない。

 周囲にこんな人がいれば幸せそうですよね、と書かれていたのは慶応大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 委員長・教授の前野隆司先生。

 我が子がそうであってほしいと思いませんか?そして4つの因子こそ、幼稚園時代に育めるのではないかな?と思います。それには、やはり人であったり、お友達であったり、保育者であったり、もちろんご家族であったりといった「環境」が影響するのではないでしょうか。

 前野先生は、「幸せを構成する4つの因子をひと言でわかりやすく表すなら、ワクワクです。要は、自分がワクワクする仕事をやればいいのです。」とも書かれていました。
 みなさんは、子育てに、お仕事に、○○に、ワクワクされていますか?

by 田中 圭祐

 

シール貼り♪

今日もお天気は晴れ

朝は、歯科検診に向けて一本電車♪
到着した遊戯室では嫌がることなく、一人ひとりゆっくりと歯の隅々までを診ていただくことができましたよ


「せんせい、きのうたのしかったな〜」

「かばさんいたな〜」

などと昨日の園外保育の余韻に浸りつつ・・・

随分とリラックスして過ごせるようになった今日この頃です。


朝の身支度が徐々にスムーズにできるようになり、お着替えもがんばっています。


今日は、点の上に丸いシールを貼る新しいエッセイズをみんなでしました。

指先を使って一枚一枚丁寧に貼っていました。

4種類のシール貼りを終えると、「じょうずにできたよ!」と、満足気に見せてくれていました。


指先でつまんで調整するこの動きは、お着替えの時のボタン通しにも役立つ動きです。

これからも少しずついろいろなエッセイズに取り組んでいきたいと思っています

画像

画像

by 村井 愛子

 

ファミーユクラス

「おはようございまーす。」
ファミーユクラスのお友だちが元気に登園してきてくれました。

まだ、二回目ですが、メザミの教室に入ると自分のしたい遊びを見つけてうれしそうに遊ぶ姿が見られました。おもちゃをお友だちが欲しそうだと、貸してあげようとしたり、お友だちの隣にすわったり、一緒にいることが楽しい様子。
もくもくと好きなブロックをつなげていって作っていたお友だちは、どんどん大きくつなげて「遊園地ができたよ。」と教えてくれました。
                         
手遊びをしたり、みんなで体を動かして、動物体操をしたり、紅白玉遊びもしましたね。紅白玉を見ると、「わー」とうれしそうな表情になって小さい手に、玉をいっぱいもって、お引越しする姿がとってもかわいかったです。あっという間にお引越しが
できました。紅と白でかごにちゃんと分けて入れられていたのはびっくりしました。

良いお天気の中、お庭あそびに出発し、アスレチックや滑り台、お砂やボールであそびましたね。アスレチックは高いけど坂道から登ったり、はしごをつっかったりゆっくり確かめながらあそんでいました。
お砂場は、だんだんみんなが集まってきてお片付の前には、お友だちでいっぱいになっていました。  

あるお母様とお話ししていたとき、「お家でもおいのりしていました。」とお聞きして幼稚園でしたことを覚えてしてくれていると、うれしかったです。

お庭でも教室でも、もっと遊びたい様子だったけれど「またね」「来週ね」とお手手にたっちしてお帰りになっりました。

また来週、楽しいことを用意してまっています。お母様と気を付けてきてくださいね。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 粕渕 享子