アンファン週5クラス

   今日は良いお天気になって良かったです

今日もアンファンクラスのみんなは、とっても元気でした

今日も、ウキウキ・・で、お弁当が入っているリュックサックを持って元気に
登園してきてくれました

もうすぐ、プールが始まるので、プールの用意も持って来てくれているお友だちも
いました。
間もなく梅雨入りの季節です・・
プール・水遊びを予定している日は良いお天気になりますように・・

・・と祈りを込めて・・

今日は、画用紙でてるてる坊主を作りました

お家で飾ってあげてくださいね

みんなでい〜っぱい水遊びが出来ますように

そして・・待ちに待ったお弁当

みんな、勢いよく
「おいし〜ね」  「たまごいっしよ〜」  などなど・・

楽しく会話もしながら楽しく食べました

みんなで食べるとおいしーね!!

いっぱい遊んで、いっぱい食べたので帰る前は少し眠そうでした

お家に」帰ってお昼寝してるかなぁ?

また明日元気なみんなに会えるのを楽しみにしています

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 上村 紗希

 

メザミの教室にて

メザミのお部屋では、毎日大好きなことに夢中に なる姿があります。 

年少組さんも どんどんあそびがひろがり楽しんで いますよ。 


今、年少組の男の子が夢中になっているあそびは、
 

クーゲルバーンです。 


子どもたちは「ピタゴラ!」と呼んでいます。 


毎日、おやつを食べ終わり、「ごちそうさま」を 終えると、


一目散にピタゴラへ!
 

毎日、異なる組みたて方を考え、楽しんでいます。 


線路が傾きすぎるとビー玉が転がるスピードが速く なりすぎてしまい、


転がっていかないので、 積み木を使って調節をして、、、 


また、棚の下にビー玉が入らないように、 


ゴールに カゴを置いたり、積み木でかこってみたり しています。 


そして見事、最後までゴールすると、みんなで大喜び


子どもたちでアイディアを出し合い、力を合わせ て、 


取り組むことをあそびを通して学んでいるので すね!! 


どんなピタゴラができていくのか今日も楽しみです

画像

転がすよー!!

画像

こうした方がいいんじゃない?

画像

こうしたら面白いんじゃない?

画像

かご使ってみよう!

by 藤原 彰美

 

ファミーユクラス

ファミーユクラスのお友だちが「おはよう」と元気にきてくれました。

自分の棚にかばんをいれたり、「ねじゅみ」と自分の棚をおしえてくれたり、タオルを自分でかけたり、などなど。
幼稚園にもずいぶんなれてきて、なんでも自分でしたい気持ちが見られます。

これからも、自分でしたい気持ちを、たいせつに、これからもたくさんの経験を積み上げていきましょう。

今日は、初めて絵の具を使って織姫と彦星のお着物に、たんぽを使ってお絵かきしました。

「ぽん、ぽん。」と見本に押すと、思わずトコトコと出てくるほど、やってみたい様子がみられました。

「何色にする?」
「ピンク」
「次はどうする」

「もっとする!」

お母さんと一緒にいっぱいたんぽを押して、着物の模様ができましたね。


お顔や、星も貼って出来上がると、

「せんせい、できたよ」と見せてくれる時の良いお顔。


また、七夕の飾りを作ってみんなで飾りましょうね。


そして、大好きなお庭では、アスレチックの上にのぼって、ちょっと怖いけれど勇気をだして階段から降りられると、

「もういっかいする」とまた挑戦していたお友だちもありました。


お友だちとダンゴ虫や、テントウムシを見つけたり、覗き込んだり、

お隣同士で砂あそびをしたり、お気に入りの場所で沢山あそびましたね。


お友だちと自然とそばにいることで、その子が一緒にいるお友だちなんだとわかってきた子もいます。
だんだん、子ども同士の関わりもみられるようになってきました。

「かして」「いれて」「いいよ」のやり取りも
学んでいっている様子です。

ときには貸さないこともあるけれど、それも経験を積み上げていくうちにかせるようになったり、違うもので代用できるようになったりしていく、子どもたちの成長が楽しみですね。


来週月曜日は、「せいぼであそぼ」があります。
ご都合がよけれがご参加お待ちしています。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 粕渕 享子

 

生活の中での視線

6月に入り、

どのクラスも子どもたちが

自分のやりたいことを見つけて

少しずつ落ち着きはじめているようです。
 

エッセイズを見ていると

年中組も縫いさしに興味を持ち、

一生懸命とりくんでいます。
 

年長のように、

画用紙を裏返さず、

図柄を見て縫う点にあたりをつけて

針を進めて縫うことが難しく、
 
画用紙を裏返すと視点がずれて

針を進める場所を見失うようです。
 

真っ直ぐな図柄なら糸が

出た隣の穴とわかるのですが、

図柄によっては並列していないので、

あらぬ場所を縫ってしまって「

う〜ん!わからん!

先生ーこんなんになったぁ!」

と悩んでいます。
 
年齢による経験値である程度、

解消されていきますが、

個人差があるようです。

各学年を回っていると

あることに気づきました。
 

「視線」です。
 
年少組で、

靴を右左反対に履いてしまう子

の様子を見ていると、

大概べたっと座って、

視線は外れています。
 
立って靴をみて履いてごらんと言うと、

今まで座って履かせて

もらっていたので必死です。

棚を支えに、足のつま先に集中して

必死に履いています。

履けたときに「見て!間違ってないでしょ?」

とご機嫌!

また、生活の場が広がり、

2階に上がることが増えました。

手すりにぶら下がり時間がかかり、

えっちらおっちら

降りるのも、手すりに寄りかかり、

園庭で遊ぶ友だちに声掛け、

つまづいてヒヤッとすることがしばしば 

視線が外れています。

ここでも足を見て

トントンと降りてごらんと言うと

なんとまあスムーズに降りること!

ちょっと意識して視ることが生活に、

成長に大きくつながっています。

画像

画用紙を裏返しにすると・・・

画像

ああ、糸があちこち・・・悩んだ跡が・・・

画像

真剣なまなざし!!

画像

きれいに貼れています

画像

落ち着いて、視線と指が合ってます!

by 岡林 由希子