まってました、火曜日を!!

今日から子どもたちがとーっても楽しみにしていた
プールがはじまりました!!!


先週からご準備いただいていたプールバッグ!
教室に徐々にプールバッグが集まってくると同時に
子どもたちの楽しみと期待も右肩上がり


いつプール

と、みんなわくわくが止まらない様子でした。


そして同じ子からのこの質問が約1週間続きました。

ねえ先生。今日プール?
来週の火曜日だよー。
そっか。火曜日か。。。


そして次の日もまた次の日も…


楽しみで仕方のない様子と、
この日付感覚のなさ、可愛いすぎます、もう。。(笑)


そしてついにきた火曜日―――

今日ももちろんあの質問


ねえ先生今日プール?
そうだよー!!やっと火曜日きたねえ〜楽しみだねえ〜


やったーー


と言って喜ぶのかと思いきや、、、。


そっか。今日が火曜日か。。。へえ〜〜


と呟いていました。
もちろんその表情はプールへの喜びに満ち溢れていましたが、

あ、そっちなんや…
  プールも楽しみやけどいつからか曜日への興味にすり替わったんやな…
  かわいっ。。。!!


と、胸がキュンュンした私の火曜日でした(笑)



そしてプールはと言うと
もちろんみんなハイテンション

きゅっきゃ、きゃっきゃと叫ぶは叫ぶは大興奮。

今日は水しぶきを浴びたり、ひよこ歩きをしたり。

安全に遊べるようお約束も守りながら、
とっても楽しく過ごしました。

今日のプールはここまで。

と知らせると「えーやだ!まだ入りたいーーー!」という声も。


次回は木曜日

またみんなで楽しくプールに入れますようにっ!!

by 王本陽子

 

アンファンクラス

今日は、アンファンクラス初めてのプール遊びをしました。


靴下も脱いで、プールで使うおもちゃを見せてもらうと、待ち遠しい様子。

「もーいいかい」
「もーいいよ」のこえで、プールの中へ

「きもちいい」 「つめたーい」と、とっても嬉しそう。

じょうろでお水を手にかけたり、お魚や、かにのおもちゃを吊り上げたり、お水をすくってはタライに移したりなどなど。


初めは、そーろと入っていたお友だちも、だんだんダイナミックになってきて、ねころんでみたりもして、

「きもちいいね」

「うん、きもちいいね」と水の感触をいっぱい味わって楽しんでいました。

いっぱい遊んで満足したお友だち。

「もう、さいご」と自分で言ってあがりました。
その「さいご!」という言葉が気に入って、お着替えしながらも
何度も口ずさみながらにこにこしていました。


水遊びの後は、ゆっくり過ごしてお弁当を食べてお帰りの用意をしました。

また、良い天気の日は、お水遊びを楽しみましょうね。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 粕渕 享子

 

最近の仕事ぶりといえば

 今年度に入ってブログを書くペースが落ちている。
 新しい仕事が増えて、そのパターンに頭と身体がもうすぐ慣れそうだけど、
 ブログを書かないことにも慣れちゃいそうだからデスクに向かってみる。

 確認メールを送信するためだけの3本目の腕がほしい、そういえばそんなロボットアームを開発していたなぁ、なんて思いながら

 ・・・5時間後、再び書き始める。
 こんな感じで毎日何をしているのかしらと思いつつ、いったんブログとは違う仕事をします。

 ・・・そして書き始めて12時間後
 再びこの作成画面に戻ってきたのは19時30分でした。

 最近、先生たちも「早く帰りなさい」なんて言わずとも、仕事が残っていようとも
 明日の、来週の準備をしたくても、退勤するように心掛けてくれているので
 職員室は既にスッカラカンです。

 近くの職場の人に聞いてみると、体調不良で欠勤する人も結構いるというこの季節。
 我らが幼稚園は何とかスレスレ気味ですが、みんな何とか頑張っています。

 個人的にはみんなそれぞれに大変なことを精神的にも身体的にも抱えながらも、かわいい子どもたちからエネルギーを吸い取らせてもらっているのでしょう。

 子どもたちが可愛すぎる?否おもしろすぎるからでしょうか
 昨年に比べて職員室で笑い声が響くことが多くなっているように感じています。

 今年のテーマは、かわいがる保育から面白がる保育を目指そうです。
 一人ひとりのお子様の特長をみつけ、おともだちや先生とのかかわりを通して
 その子なりの成長に寄り添い、一緒に喜べる幼稚園でありたいと思います。

 昨日から懇談週間が始まっています。保護者の皆さまにとってはまだまだ行き届かない点や先生や幼稚園に言いにくいこともあろうかと思いますが、1学期間の感謝と一人ひとりのお子様の良さをお伝えできる場になれば、そして信頼関係のもとご家庭との距離が近づく場であってほしいと願っております。

by 田中 圭祐