あっという間の1学期!

今日は1学期の終業式

入園式のときにはおうちの方と一緒に入場しましたが、

今日は子どもたちだけでかっこよく入場することができました



入園してから4か月・・・

大好きなおうちの方と離れても泣かなくなったり

お友だちと手をつないで並ぶことができたり

トイレが一人でもできるようになったり

お着替えを自分から積極的にするようになったり

給食やお弁当をぴかぴかにできる日が増えたり

子どもたちは入園してからたくさんのことができるようになりました


明日からは夏休み

いっぱい遊んでいろいろな経験をしてきてください

そして、2学期に大きくなったみんなに会えるのを

楽しみにしています

by 佐々木 亜里沙

 

Show must go on

 エンタテイメントの世界で使われる言葉

  何があってもやりつづけなければならない、という意味だそうです。
 日本のエンタメ界を創ってこられたジャニーさんが好んで使われた言葉だとか・・・

 私たちは芸能人ではありませんが、
 神さまから与えられた人生というステージの主人公であることにはちがいありません。
 みなさんは、ステージのどのあたりを演じていらっしゃいますか?

 子どもたちは、明日から夏休みです。

 私たち大人は、自分自身のステージを歩むとともに、
 子どもたちのステージのバイプレヤー(名わき役)であります。

 名監督でも鬼監督でもありません。
 そんな大正・昭和の教育観を引きずっている場合ではありません。
 それは、それで大事な時期がありますが、幼児期には全く不要だと思います。

  それぞれの子どもたち(役者)の良さを強制するのではなく、
 引き出せる役でありたいものです。

画像

画像

by 田中 圭祐