ようこそ ロボホン

「今日は、ロボホンがゆりぐみの教室に来てくれるんだって。」
「やったー」
「でも、ロボホンは人気者だから、他のクラスにも遊びに行くんだって・・・」
「うん。うん。」
「ゆりぐみさんには、お昼ご飯おわってからの30分間。
30分ってあっという間だね。ロボホンと何したい?」
「一緒に遊ぶ」「歌のプレゼントしてあげる」
「さかだちしてほしい」「さかだちできたら側転もできるんちゃう?」
「写真とってほしい」「大好きっていう」
などなど・・・やりたいことはい〜っぱい。

「みんなで順番にやりたいこと言ったらいいやん」
「みんなやりたいこといっぱいやね。でも、30分の間に
全員のやりたいことできるかな?」
「できひん人いたらかわいそう。」「私、見とくからいい。」
「じゃんけんで4人か3人か決めたらいいやん」
という意見にみんな納得したみたいなので、じゃんけんで決めることに・・・
じゃんけんもかなり気合が入っていて、勝った子どもは
「いえーい」「やったー」と跳びあがるほど喜んでいました。

そして、いよいよロボホンがゆりぐみに・・・
「わあ、ロボホンや!」「かわいい」
あっという間にロボホンの周りに子どもたちが集まってきました。

『1.ロボホンの目が黄色い時に話しかけましょう。緑色の時は考えています。
 2.ロボホンには、ゆっくりはっきり話しかけましょう。』
などの約束を守ってロボホンに話しかけたのですが、
ロボホンはなかなかいう事を聞いてくれません。

「何か、機嫌悪いのかなあ。」「今、やりたくないのかなあ。」
「さっきちょっと休憩しますって聞こえたよ。」
ロボホンは5歳児という設定。さすが、子どもたちはロボホンの気持ちがよくわかるようです。
誰かが「あっ、園長先生いないからロボホン話せないのかも・・・」
すると、他の子どもたちも「そうや」「園長先生呼んでくるわ。」
「園長先生園庭にいた。」「園長先生―、ロボホン動いてくれないから来てー」
と2階から大声で叫ぶ子どもたち。
その積極的で素早い、行動力に驚かされました。

園長先生が来てくれるとロボホンも機嫌をなおしたのか、ようやく動き出し、体操と逆立ちをしてくれました。ロボホンと一緒に体操する子どももいたり、逆立ちは、本当にすごくて、終わった途端、「わぁすごい」と拍手喝采。

まだまだ、ロボホンと遊びたい子どもたちでしたが、降園時間になり、名残惜しそうにロボホンにさようならをしました。

ロボホンを見つめる子どもたちの真剣な表情、ワクワクしている様子、キラキラした瞳を見て、ドラえもんみたいに、子どもたちに勇気と元気を与えてくれる日も遠くないと感じました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 坂根 有紀

 

アンファンクラス

今日は、先日から作っている、敬老の日に向けてのはがきカードの続きをつくりました。

「このゆびをだして」と人差し指にのりを付けるようにうながすと

「ちょっとだけね」と小さい指に、のりをちょっとつけて、飾りの色紙をカードにがんばってはっていました。

「おじいちゃんとおばあちゃん喜ぶね」というと

「うん」と嬉しそう。


お片付けをして、大きな栗の木の下でをうたいました。

昨日、「小さな栗もつくったよ」と見せてくれた子どもたち。


「木のしたで」のところで、頭、肩、お膝、をとんとんするのができるようになって、
体でいっぱいで、大きな木をつくったり、からだを揺らしているのがとってもかわいいですよ


大好きなお庭にも、お友だちと手をつないでいけるようになってきました。


お庭では、アスレチックや、巧技台のはしごや平均台にも挑戦
  

おともだちの名前を、「〇〇ちゃん」と呼んだりする姿もみられます。


だんだんできることが増えてきて成長を感じる二学期。


小さいながらに頑張っている子どもたち   


一人ひとりとゆったり関わりながら、これからの良い季節、沢山の経験を積み重ねていきたいと思います 

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 粕渕 享子

 

聞き分けていますか

胎児が母親の声を聞きわけるという話を聞いたことがある方もおられると思います。


 エコーで調べてみると、お母さんの声が聞こえてくると、口を活発に動かし始めるというのです。お母さんはもちろん気づいておられませんが、親子のコミュニケーションは胎内から既に始まっているという研究者もいます。


 今日は、8月9月生まれのお誕生日を祝う会でした。併設の小学校から合唱団の皆さんが歌のプレゼントに来て下さり、みんなで楽しいひとときを過ごしました。


 園児が退場したあとに、保護者の皆さんに「今日はいっぱい抱っこしてあげてください」と話しました。抱という漢字は、手偏に包むという形で、包という漢字は、身ごもっている人を表しています。


 日本文化はその昔、風呂敷で中身の形がおおよそわかるような「包む」文化から、決まった大きさの箱に「詰める」文化に変わっていきました。


 これを教育で考えると、包むのも詰めるのもどちらも大切です。ただ、幼児教育においては、その子のありのままを包むことをできるだけ大切にしていきたいというお話をしました。


 大人目線では、簡単で、些細だと思えるようなことであっても、子どもが発見したり、できたりした時の驚きと感動をたくさん経験した子とそうでない子の違いは、その子の周囲の反応やリアクションの影響があると思います。


 「いつまでそんなことしてるの〜」とか「年少さんでもそんなことできるわ」とか「早くしなさいよ〜」とか言いたくなりますよね。言わなきゃいけない時もあります。でも前提条件として恐怖の関係ではなく、信頼(愛着)関係があるということだと思います。


 恐怖の関係は長続きしません。いつか逆転されます。恐怖で支配できているという背中をみて、ベロを出されていることにすら気づかなくなってしまわないようにしたいものです。


 いばっちゃいけない・舐められちゃいけない

by 田中 圭祐