小学校体験授☆

本日は体験授業を受けに小学校へいきました。

2学期に1年生のお姉さんお兄さんと交流を
深めていたこともあってか朝から、

「小学校行くんでしょ?」

と、ワクワクした様子の子どもたちでした。


出発前には小学校に行く前にいくつかお約束

お勉強中かもだから廊下は静かにね。

先生のお話ししっかり聞こうね

いつものように元気いっぱいのご挨拶もできるかな?


などなど。。。
普段「はーーーい」と返事する子どもたちが、
約束事項に「はいっ」とキレの良い返事と表情。
何も言ってないのに背筋もピンッピン!
楽しみにしつつも小学校へ緊張感を感じているんだなー
と受け止められる様子でした。


とは、いえ
小学校に着くと、先生方が温かい笑顔で迎え入れて下さり
子どもたちの緊張も次第に解けました。
いつもの元気良さで体験授業(図工)を受けたり、
アートフェスティバルでは小学生の作品を
ゆっくり鑑賞させて頂いたり…



「コレ(作品)すごいね」
「あ、私のお姉ちゃんが作ったのや」

と、話しながら楽しむ様子もあれば、

「なんか見てたら作りたくなってきた」なんて口にする様子もありました。


みんなとっても楽しい時間を過ごせたようです。



また、本日作った粘土の小物入れは、
後日持帰りますのでお楽しみに

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 王本陽子

 

アンファンクラス

今日も元気いっぱいのアンファンクラスのみんな

教室ではリズム遊びをしました

鈴を見た瞬間「やったー!」と大喜びでした

最初は先生の見本のあとに続いて

シャンシャンシャンと鳴らし

リズムが変わっても、よく聞いてリズムに合わせて
鳴らして楽しんでいました


ピアノの音に合わせて、歩きながら鳴らして

音楽が止まるとピタッとポーズをとって

止まってみんな大喜びでした

また、途中でタンバリンも使ってみんなで順番に鳴らしたりして

いろいろな楽器に親しんでいます


アンファンで過ごす時間もあと少しですが

いろいろな経験をしたいです

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 北村 晴香

 

ファミーユクラス

今日は、久しぶりにファミーユクラスのお友だちが遊びに来てくれました。


きらきらのビーズに、細い紐を通そうと集中して通したり、

ジグソーパズルを最後まで仕上げたり、おはじき移しをしたりなどなど、

したい遊びを見つけて取り組んでいた子どもたち。


そしてお片付けの後、今日は写真たてを作りました。

ハサミは、何度目かになるけれど、今日は線の上を切ることに挑戦です。

ちいさい指をハサミに入れて、じっと見て真剣です。

初めはそーっと切っていた子も、切り進めると、のってきた様子で何度も何度もきっていました。一度で、ちょきんと切り落とせるのが楽しい様子


お母さんと写真たての周りに、切った画用紙をはってできあがり。お母さんと協力して、かさねてはったり、模様にしたり、素敵な写真たてが出来ましたね。

また、ファミーユクラスのみんなでとった写真を飾れるようにご用意するので楽しみにしていてくださいね。

そして、大好きなお庭でもいっぱい遊んで楽しかったね。

水曜日は園庭開放のお友だちともお庭で出会って、砂場であそんだり、大きなお山をお母さんと作ったり、寒さに負けず元気に遊んでいた子どもたちでした。

その帰り、幼稚園のトイレの体験をして
「おしっこでたよ」と嬉しそうなお友だちもありました。

だんだん、できることが増えてきて、おおきくなってきました。


今年度のファミーユクラスもあと二回です。
体調に気を付けてお休みしないできてくださいね

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 粕渕 享子

 

生活発表会の舞台裏のドラマ

先日、生活発表会が無事終わりました。

舞台の裏方は初めての経験。

色々な確認や準備があるので大忙しで

こんなに大変だったんだと今までのフリーの

先生方に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

今日は、知られざる幕内の子どもの様子を

ご紹介したいと思います。

年少は、たくさんの動物がお話に出てきましたが

幕内に入っても動物のまま席まで戻る子、

風の表現で舞台に出て、幕内に入っても風のまま

くるくる・・・目を回して待機席でバタンと倒れているところで

次の出番! 「ちょっとまって〜ふ〜!」

なんてかわいいのでしょう!

幕内に入ったからと言ってさっと切り替わるのでなく

それほど役に思いが入っているということなのでしょうね。

年中組は、役交代が多く、大忙しでしたが

「あ!○○ちゃんがいない!」と気づいて

そっと友だちを呼びに行くなど自主的に

動いていました。

年長組は、小道具も多く、幕内では子どもたちが

ほとんど自分たちで準備します。

ある子は、先に準備に入り、ペアの友だちが

出番が終わって帰ってくるのを待ってそっと

小道具を渡して「はい」「ありがと」「ん」

小声であうんの短いやり取り。

ある男の子は、小道具を同じ向きにし

「これは○○くんの・・・これは○○ちゃんの」と

つぶやきながら等間隔で並べていました。

きっと、友だちが取りやすいようにと

配慮しているのでしょう。

けれど、突然せっかく並べた小道具を

がさっとまとめて上手に走って行きました。

出番が終わった子にすぐ準備できるように

手渡しているのです。

彼なりに、出番に余裕がある自分が

友だちのために出来ることを考えているのでした。

なんて素敵なのでしょう!

これこそone teamですよね。

小さいころ「ママがいい!お家に帰りたい!」と

泣いていたころを思い出し、私は幕内で感涙

本当に大きくなりました。

年長児は、充実した成長を感じると

巣立ちが近づいてきた証拠なんですよね。

どの子もそれぞれのクラスで1年過ごし

先生や友だちと歩んだ成長の過程が

感じられる素敵な発表会でした。

by 岡林 由希子