サーキット

今日も元気にサーキットをしました


最近は、お天気も良くサーキットを終えると
ポカポカと身体が温まるようで・・・

あっつーーーーー

と言いながら、ほんのちょっぴり
汗ばむ様子もあるほどです


サーキットを始める前の体操や整列も
ずいぶん上手になりました


トントン前!トントン横!

で、隣のお友だちにぶつからず体操できるよう
間隔のとり方も上手くなってきています


そして最近のサーキットの内容は、
前転をしたり、身体をまっすぐ伸ばして
お芋のようにマットの上をゴロゴロ転がるなど・・

先日の正課の体操で経験したことも
取り入れながら挑戦しています


また、本日は初めて園庭の遊具の後ろ側も走り
年中、年長の子どもたちと同じような
広範囲でのサーキットに挑戦しました


走る距離も長くなり、しっかりと
足をあげないと転んでしまいます

今日もちらほらすってんころりん

転ぶ姿がありましたが、泣かずに自力で起き上がり
そしてまた走り出す、たくましい子どもたちでした


走るときはしっかり足をあげること
マットの上を転がるときは体をまっすぐ
前転のときは、頭をしっかり中に入れる等々・・


それぞれのポイントに気をつけながら、
楽しくサーキットに取り組んでいます

by 王本陽子

 

出来るといいね!

 昨日のお預かりの外遊びの時間、竹馬を一本だけ持っていた年長さんの男の子がいました。
私が
 「やってみる?」
ともう一本渡すと、最初は
 「えっ?あーそうじゃないねん」
と言っていた男の子。

少し経ってから
 「先生、ちょっとここ持ってくれる?」
と、竹馬を持って言いにきました。

 「今日はじめてするし」
 「バランスが難しいわ」
などなどおしゃべりが続き、、、

  「あっ、乗れた!」
何度か一緒に持って歩いているうちに、3・4歩スムーズに足が動きました。
男の子はかなり嬉しそう

 「もうちょっとで出来そうだね」
と、私が言うと
 「うん、また練習するわ!年長さんの間に出来るようになるかなぁ?」
と言っていた男の子。

大丈夫、きっと出来るようになるよ。
いっぱい一緒に練習しようね

by 北村 架代

 

アンファン火・金クラス

今日はアンファン火・金クラスの最終日でした
朝の集会の前に
「今日でアンファンクラスは最後だって知ってた
と聞いてみました
すると子どもたちは
「知ってるよ
「それは分かっているよー
「4月からまた始まるね」とにこにこ笑顔で答えてくれました
そんな姿に成長を感じながら
「4月からは制服を着て違うお部屋だよ」と伝えると
「そうなの
「違うお友だち」と不思議そうな表情で尋ねていました。
何となく分かっているかもしれないけど
実感がないくらいが丁度良いのかもしれないですね

さて今日はみんなで写真入れを作りました
「前回撮ったみんなの写真を入れるために作ろうか
と声をかけると「作るー」「かわいいー」とノリノリの子どもたち
作っている時は
「私は〇〇色が好きなの
「僕は△△が好き
「きれいな色だねー」と子どもたち同士での
会話も楽しみながら作っていました
出来上がった頃に「でもあれ??写真入ってない」と気が付き
慌てて私に「せんせーい!写真ないよ」と伝えに来てくれる姿が
とっても可愛かったです
写真は出来上がってから入れる予定でしたのでご安心を(笑)
楽しみながら作り進めた写真入れ
ぜひご家庭で飾ってください

最後になりましたが1年間
様々な場面でご理解とご協力を賜り
ありがとうございました
いつも元気いっぱい
笑顔いっぱいの子どもたちに
私自身もパワーをいただきながら過ごせた1年でした
4月からはいよいよ年少さんです
これからも様々なことを吸収し
成長してくれることを楽しみにしています
ありがとうございました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

おさかな、おおきいねっ

「今日、お魚見るんでしょ
子どもたちは、
“出張市場!ものしり先生”
を楽しみにし、
朝からわくわく
「おさかな、どこにいるのかな〜」
と、とても期待していました

「さあ、おさかな見に行こうか
と言うと、
「やったー
「うれしい
の大合唱



お遊戯室へ行き、おさかなを見ると‥
「お、お、おおきい…ね
「この貝(ホタテ)知ってる
大きな魚にびっくりした様子を見せたり、
見たことがある魚や貝を指さし、
お友だちと顔を見合わせたりしていました。

そのあと、たくさんの野菜も見せていただきました
野菜は馴染みがあるようで、
「大きいかぼちゃだねー
「どちらも大根なのに、形ちがうね
と触る姿も見られました

教室に戻ると、
両手を広げ、
「こ〜んなに大きかったね
と表現する子どもたちがとても可愛かったです

毎日私たちの周りにある
たくさんの恵みに感謝しながら、
子どもたちと過ごたいと思います

画像

画像

画像

画像

by 倉畑 歩美

 

まほうの器

今日も朝から、子どもたちの『おはようございま〜す!』という元気なごあいさつに、『さあ、今週も子どもたちのために頑張ろう!』とファイトをもらって、一日がスタートしました。
お天気が良くて、園庭で元気よく活動する日が多くなると、『目に砂が入りました』と言ってくる子どもが増えます。時には、『目が砂に入りました』???という笑いを提供してくれる子も。
たいていは、反射的に瞬時に目を閉じるので、目の中まで砂が入ることはないか、入ったとしても涙で自然に流れてしまうケースがほとんどです。保健室では、まぶたの裏側に砂が張り付いていないかよく観察して、念のために洗眼をします。
まほうのランプのような形をしたガラス製の洗眼器に、涙に近い成分の生理食塩水を入れて、子どもに見せながら目を洗うことを説明します。そして、椅子に座って上を向いてもらい、片目ずつ生理食塩水で洗い流します。
すると、痛みが消えるようで、すっきりした表情になります。
特別に何かをしてもらったという気持ちが、子どもをほっとさせ、安心することにより、痛みが和らぐのでしょうね。
子どもたち一人ひとりに寄り添い、その手当てをしながら今日一日を無事に幼稚園で過ごせますようにと、そんなお手伝いが出来ることにありがたさを感じています。

by 塩貝 喜代枝

 

アンファン月・木クラス

今日はアンファン月・木クラスの最終日でした
気持ちの良い天気の中、登園した子どもたちは
朝の身支度を速やかに済ませ、エッセイズに取り組んでいました
10か月前の5月はたくさん泣いていた子どもたちでしたが
今では子どもたち同士笑顔で挨拶を交わしています
たった10ヶ月でたくさん成長したんだなーと
改めて感じる朝のひと時でした

さて今日はみんなで写真入れを作りました
作る前に集合写真を撮ってわくわく
「お写真はいつ出来るのー」と待ちきれない様子
写真入れは台紙となる画用紙に
様々な色の画用紙を貼っていきました
たくさんある色の中から好きな物を選び順番に
貼り進めている時はみんなとっても真剣で
話し声ひとつせず黙々と取り組んでいました
出来上がると
「出来たよー
「全部貼れたよー
「見て見て」ととびっきりの笑顔で
見せに来てくれる子どもたちがとっても可愛かったです
出来上がった写真も入れて子どもたちはとっても満足そうでした


最後になりましたが
1年間、様々な場面でご理解とご協力を賜り
ありがとうございました
回数を重ねるごとに逞しく成長する子どもたちに
助けられることがたくさんあった1年でした
そして可愛い子どもたちの言葉やしぐさにたくさん癒され
とっても楽しく過ごすことの出来た1年でした
本当にありがとうございました。
4月からはいよいよ年少さんです
これからも素敵に成長してくれることを楽しみにしてます

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

お城を作ったよ

  昨日は「こんなお城があったら良いな。」「大きなお城が好き!」「可愛いお姫様が住んでいるのはこんなお城。」それぞれに工夫をしてお城作りを楽しみました。
 
 でもせっかく作ったお城に今日はインクをべったり塗りました。「え〜〜っ…。」でも大丈夫。上に白い紙をのせて、バレンでこするとあら不思議!「うわぁ!お城が出てきた!」

 みんな大喜びでした。紙版画遊び楽しかったです。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中村雅子

 

アンファン火・金クラス

今日はアンファン火・金クラスの日でした
先週から取り組んでいたひなまつり制作を
今日は完成させました

顔と着物をのりで貼りつけ
その後、赤の画用紙におひなさまとおだいりさまを
貼っていきました
今までの制作の中で1番のりを使った今回の制作
「もっとたっぷりのりつけていいよ
「もっともっとたっぷりでもいいよ」と言われることに
ちょっぴり違和感を感じながら貼り進める子どもたち
これまでの制作では
少しずつのりをつけることが多かったからですね
それから今日は説明の時に約束事をみんなで再度確認しました
『1つの指だけで塗っていこうね』という約束です
それに加え今日はたっぷり塗るという約束事が増えました
『たっぷりつけていいけど、のりがつく指は1つだけにしよう』
という2つの約束事を一生懸命守ろうとしていました
他の指につくとはっとして「ついちゃった」と報告してくれる
子どもたちがとっても可愛かったです
そして最後の仕上げにおだいりさまには帽子としゃく
おひなさまには冠と扇を貼りました
「これはおひなさまの頭につける冠だよ」と渡す際に伝えると
「か・ん・む・り」と小さな声で繰り返しながら貼っていました
もちろん帽子やしゃく、扇もすべて貼りながら繰り返しつぶやいていました
とっても丁寧に最後まで取り組むことが出来ましたね
すてきな作品をぜひご家庭でも飾ってみてください

さてアンファン火・金クラス
来週の火曜日が最後となります
あっという間の10か月でした
最後の日も元気いっぱい登園してください

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

アルプス一万尺〜♪

園バスの中で突然流行りだしたことが・・・

それは「アルプス一万尺」です

ある年中の女の子が歌いだしたことがきっかけで始まりました

「アルプス一万尺〜こやりのうーえで」と1番を歌いみんな楽しそう

1番が終わり2番に突入すると・・・

「お花畑で〜昼寝をしーたら ちょうちょが飛んできて キスをする〜」

みんなが一斉に歌い始めたのですがこの歌詞を知らないわたし・・・(笑)

わたしが小さかった頃は違う歌詞だったなぁ〜と思いながら子どもたちに

教えてもらっていました

そんな歌詞があるのか〜と調べてみるとなんと「アルプス一万尺」の歌は

29番まであるそうです

そして子どもたちが歌ってくれた「お花畑で〜」は4番の歌詞でした


子どもたちからの発信でまだまだ知らないこともあるんだなと思いました

新しい歌詞を習得して、子どもたちともっと楽しい時間になるよう努めてまいります

by 前田 杏奈

 

おひなさま

今日は、ひな飾り制作をしました

赤色の毛氈をクレパスで色とりどりに塗った後、着物の模様に使う和紙の色を選び

ちぎったものを、それぞれが折ったお内裏様・お雛様に一枚一枚貼り付けました。

大切に大切に、そして集中して作成していました。

「あかりをつけましょ ぼんぼりに

と、みんなで歌いながら、出来上がったひな飾りをうれしそうに

眺めていました。



午後からは、年長組の2クラス合同で、はじめて卒園式の練習をしました。

普段の行事とは違う並び順(名前の順)でする入場や退場。

卒園の歌をうたいながら、少しずつ意識が出てきています。


卒園まであと3週間ほどとなりました。

一日一日を大切に過ごしていきたいと思います

by 村井 愛子

 

アンファン月・木クラス

今日はアンファン月・木クラスの日でした
前回に引き続き今日はひなまつりの制作をしました
のりで着物や顔を台紙に貼り完成させます

作り方の説明をしようと見本を出すと
「これこのまえのだね
「ぼくのはどれ
「わたしのは〜」とみんなとっても意欲的
のりを使った活動は何度もしてきましたが
今日の制作は今まで取り組んだ中で
1番多くののりを使った制作です
「今日はたっぷりのりをつけてね」と声をかけるも
「これくらいだね」と指につけるのりの量はほんの少し・・・・
「もっとつけていいよ」と何度も声をかけながら(笑)
「塗ったのりが乾いちゃうよ〜」と応援しながら(笑)
最後まで取り組みました
そして台紙に貼って出来上がりが近づくとともに
にんまりと笑みがこぼれる子どもたちに
今日も思わず笑ってしまいました
出来上がったおひなさまとおだいりさま
ぜひ、ご家庭に飾ってください

さて、早いものでアンファン月・木クラス
あと1回となりました
来週もどうぞ元気にお越しください


画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

地域子育て支援講演会

2月22日(水)
本日、地域子育て支援講演会を実施いたしました。

今回はメディアでもご活躍中の、元NHKアナウンサーで医学博士の吉田たかよし氏を講師にお迎えし、子育て奮闘中の保護者の方々にむけて、お話していただきました。

テーマは「ストレスに負けない!楽しい子育て!!」

吉田先生のとても分かりやすく楽しいお話に、会場は終始笑顔で溢れていました!

沢山のご参加をありがとうございました!!


画像

by 寺井朝子

 

楽しい〜♪

今日は、教室で律動をしました

1学期に比べるととても上手にできるようになっていました。

今日は、スキップの律動をしましたが、

「もう1回やりたい!」

「みんなでやりたい!」という声がたくさん聞こえてきました。

そして律動を終えてから、

園庭へ行き、ボールで遊びました!

ドリブル10回を目標にみんなとても頑張っていました!

なかなかボールをつくタイミングが難しかったようで

苦戦する場面も見られましたが少しずつできるようになってきたのが

嬉しかったようで、その後のも

何人かの子どもたちは、ドリブルをして遊んでいました

出来ることがどんどん増えてきて笑顔もいっぱい


あと少しで年中も終わってしまい寂しいですが

残りの1日1日大切に過ごしていきたいと思います

by 浦川 朋美

 

ドッジボール

今日は、サーキットの後、みんなでドッジボールをしました

今日は小春日和サーキットで体を動かすとちょっぴり暑いぐらいでした


正課の体操の時間に各クラスでやったことはありますが、ゆりぐみ対きくぐみでドッ

ジボールを行うのは初めてです

ドッジボールのルールはずいぶんわかってきているようですが、まだまだ中当ての

延長でボールがとんできても受けずに逃げてしまうという子どもたちが多くいます

・・
・ボールを取ったらすぐに投げる。・遠くに届くように投げる。・相手チームのボールに

なったら当てられないようにさがるなどなど・・・。今日2回、対戦をするなかで、少し

ずつコツをつかんできました


負けても勝っても、楽しかったようで、「また、やりたい」と言っていた子どもたち

各クラス投げる練習、受ける練習など自主練をして、また、クラス対抗でドッジボー

ルができたらいいなと思っています

その他、ドンジャンケンポンなどルールのある集団遊びやゲームも好きな子どもたち

です。


最初は担任も入ったり、審判をしたり一緒に行っていますが、グル―プわけやルー 

ルの確認などは子どもたちに任せているところもあります。

小学校に向けて少しずつでも子どもたちだけで集団遊びができるようになるといいな

と思います

by 坂根 有紀

 

ベルナデッタ様のお祝い会

今日は聖女べルナデッタ様のお祝い会でした。


数日前から、ベルナデッタ様について、生い立ちやマリア様に会われ、


奇跡を起こされたのち、わが校の設立母体であったヌヴェール愛徳修道会の


シスターになられたこと、若くして亡くなられた後の不思議な出来事をお話し


していました。


また、私が二十数年前にフランスのヌヴェールの本部修道院に行き


ベルナデッタ様がそのままの姿でガラスの棺に眠っておられるおられることや


今も奇跡の水を求めて世界から巡礼にこられていることなどの実体験を


お話ししました。


昨日、学校内にあるベルナデッタ様のご像を探しに出かけ、べルナデッタ様が


マリア様とお話されているところをみました。


小学校のご像は色がついているので「青いベルトのマリア様見つけた!お話


してはる!」と大喜びでした。


そのことをふまえ、今日は紙芝居でお話を聴き、私がお話していたことが


出てくると私の顔を見て「うんうん」とうなずく合図をおくっていたので


ちゃんとわかって話をきいているのだなと感心しました。

画像

中高の玄関前の植え込みに立っておられるシスターになったベルナデッタ様

画像

赤レンガ・本館内の階段のマリア様とベルナデッタ様

画像

小学校玄関前のマリア様とベルナデッタ様

by 岡林 由希子

 

どこにいらっしゃるかなー?

今日はベルナデッタのお祝い会でした

今日まで聖歌『ベルナデッタへの祈り』を歌ったり

ベルナデッタ様についてのお話を聞いていた子どもたち


今日のお祝い会ではロザリオを使って

年少・年中・年長のお祈りをしたり

大きな紙芝居でベルナデッタ様について知ることができました


教室に戻ると

「ベルナデッタ様の話、知ってるところいっぱいだった

と話している姿を見かけ、内容を覚えてくれていたんだな、と嬉しく思いました



お昼ごはんを食べた後、園庭あそびの前に

昨日できなかった学院内にいるベルナデッタ様探しに出発

中学・高等学校前のベルナデッタ様はすぐに見つかりましたが・・・

どこにいらっしゃるかなーと院内を散歩していると

「ああそこじゃない

指さす方を見てみると、まさしくマリア様とベルナデッタ様の像がありました

「なんでここだと思ったの?」

と聞くと

「だって、ベルナデッタ様が見たマリア様は青い帯してたもん」

と、子どもたちも今日の紙芝居の内容を覚えていて、自分たちで探すことができてとっても嬉しそうでした


ベルナデッタ様のように強く優しい心が持てますように・・・

by 佐々木 亜里沙

 

アンファン火・金クラス

今日はアンファン火・金クラスの日でした
とっても寒い朝でしたが
今日は院内散歩へ出かけました

に行った時との変化を感じながら歩きました
葉っぱがなくなった木をみんなで眺めて
「葉っぱないねー
「全部ないねー
「またいっぱいになるのかなー
「もうずっとこのままなのかなー」と心配したり
梅の花が咲いていることに気が付き
パッと笑顔になってじっくり観察したりもしました
中学校や高等学校の教室近くを通るときには
お勉強しているお姉さんたちのお邪魔にならないように
「しー」と人差し指を口に当てながら静かに通りました。


みんなで静かに歩くことがおもしろかったようで
通り過ぎた後にはにっこり笑っていました
まもなく幼稚園に着きそうな場所で
ベルナデッタさまの像に気が付き
「これなに
「こうしてる(手を合わせている)からおいのりしてるんだ」と
みんなで考えたりもしました
季節の移り変わりだけだなく
新しい発見もあり、充実した時間となりました

教室に帰ってきてからは、律動をしました
初めての活動でしたが
みんな何とな〜くピアノに合わせながら
走ったり止まったりと楽しんでいました
また少しずつ取り組んでいきましょうね

次回はひな祭り制作の続きをしますのでお楽しみに〜

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

ありがとう

今日、年長児のお母さまとお話しする機会がありました。


その中でお母さまがこんなことをお話してくださいました。




家で子どもがメモ帳に何かを書いていたので、そっと覗いてみると、そこには


【トイレ ・ いす ・ くつばこ ・ ピアノ】 などといった言葉が並んでいたそうです。


不思議に思い、「それ、なにを書いているの?」と尋ねると、その子は、


「『ありがとう』っていうの」と答えました。


卒園を控え、その子は、幼稚園でお世話になった【もの】にお礼を言おうと、


メモに書きだしていたそうです。




「トイレいっぱい使わせてもらったよ。ありがとう。」


「毎日座ったいす、ありがとう。」


「靴箱、毎日靴を入れてくれてありがとう。」


「歌を歌う時にはいつも 奏でられていたピアノ。きれいな音をありがとう。」




仲良く遊んだ友だちや先生は勿論、毎日を過ごした教室や遊具、小さなもの


ひとつにまで、「ありがとう」と感謝の気持ちをもっているその子の姿に


また心が温かくなりました。




こんなふうに、子どもたちの成長を間近で見ることのできる私たち保育者は


本当に幸せです。





by 寺井朝子

 

☆ロネとジージ☆

今日は、幼稚園にクラウン劇団OPEN SESAMEの方々が

来てくださり、とっても楽しい1日となりました


ピエロの名前はロネとジージ
子どもたちを笑顔にしたり、楽しませることが大好きなんだそう



ちょっぴりドジなロネと、それにツッコむジージの
やり取りがとっても楽しく子どもも職員も
大笑いでした


言葉でのやり取りだけでなく、豊かな動作や表情で
たちまち子どもたちの人気者になりました!



チャップリンを思わせるようなやりとりでとっても面白かったです


子どもたちは手品や皿回し、ボール投げ、
エレベーターに乗ってるかのようなパントマイム等々・・・
笑いとともに次から次へ繰り広がっていく内容に
おおはしゃぎ、大笑い!拍手喝采でした


ボール投げでは、子どもたちの中から参加者も・・・

そして、職員からは、中村教頭や園長先生の
参加もあり子どもたちは大喜び


園長先生には、ロネとジージと同じ、
大きな耳をつけることを指示され着用。

すると

うわぁぁぁぁあああああ(笑)


と年少から年長児までみんな大喜びでした



そしてなぜか、中村教頭にだけは厳しい態度のロネに
職員も中村教頭本人も大爆笑・・(笑)
しかし、最後は素敵なバルーンを中村教頭にだけ
プレゼントしてくれた優しいロネでした


最後に、ロネとジージとのお別れの時間だと分かると

「なんだか悲しくなってきちゃった。。。」

と、思わず心の声が漏れちゃう子もいました

すると・・・

「お別れは寂しいよね。でも悲しいことの後はまた楽しいことが
いっぱい待ってるよ!」と励ましてもらいました

さらに・・・

「みんなの笑顔は100点満点!
ロネとジージもみんなの笑顔で元気になったよ!
これからもみんなの笑顔でお家の人や周りの人を
元気にしていってね!」

と、最高に素敵なお言葉もプレゼントしていただきました


とっても楽しく、素敵な時間を過ごすことができました

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 王本陽子

 

お預かりにて

 先週から、リクエストに応えて?お預かりの教室に<あやとり>を置いています。
年長さんを中心に、何人かの子どもたちが手にとっています。
年中さん、年少さんの中には
 「それ、どうするのー?」
と興味深けに見ている子どもも...

 私も子どもの頃、<あやとり>が好きだったのでいろいろ覚えたのですが、
 「あれ?こうだったかなぁ?」
と思い出しながら、子どもたちと楽しく取り組んでいます。

 ある年長さんの女の子は、指がなかなか思うように動かなくて、何度も根気強くやり直して2日目に、はしごを一人で作れるようになりました。
 「先生、見てて」
と嬉しそうに何度も繰り返しやっている姿を見て、私もとても嬉しくなりました。

次は何がいいかな?
また一緒にしようね


 

by 北村 架代

 

アンファン月・木クラス

今日はアンファン月・木クラスの日でした
あと一週間も過ぎれば3月に入るということで
今日はひなまつりの制作をしました

おひなさまとおだいりさまの着物は
デカルコマニーで模様をつけました
おだいりさまの着物は青色の画用紙に
黄緑色と紫色の絵の具で模様をつけて
おひなさまはピンクの画用紙に
赤色と黄色の絵の具をのせました
同じ色の組み合わせで作った着物ですが
色ののせ方や量などによって
それぞれみんな違う模様の着物が出来ました

作り方を説明したときの
デカルコマニーの印象が強かったようで
おひなさまとおだいりさまの顔を描きながらも
「絵の具はまだ
「お着物はー??」と早く取り組みたくて
ウズウズしているようでした
初めてのデカルコマニーは
開くときのワクワクがたまらないというような表情で
みんなとっても楽しんでいました

次回には今日作ったものに加え
しゃくや扇、帽子や冠などを貼り合わせ完成です
出来上がった作品は持ち帰る予定をしていますので
お楽しみに〜

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

体操だいすき♪

昨日は、正課体操の日でした

体操の日を心待ちにしている子どもたち
朝からワクワク!
「今日の体操は、お遊戯室かな〜」
「鉄棒かな〜」
「マットで、でんぐり返りするのかな〜」
と、大盛り上がりでした

体操の時間
子どもたちはとびきりの笑顔でお遊戯室へ
「おはようございますっ
大きな声でご挨拶すると
「おっ今日も元気だね
と迎えてくださいました。

準備体操をして、少し体を動かしたあと、
前回教えていただいた“こうもり”の復習へ。
前回よりも、少し慣れた様子で、
鉄棒に足をかけることができていましたよ
「さあ、今日は‥
“なかぬきまわり”をします!!」
の呼びかけに、
「知ってるー」
「くるんってまわるねんで」
と興奮気味の様子

「お手本やってくれるお友だちいるかな
の一声に
「はーーーーーいっっ
我こそは!と、一斉に手を挙げて
立候補。
お手本を見たあとは、
いよいよ実践です。
体操の先生方に補助していただきながら、
上手に、くるんっとまわっていました
できた時の嬉しそうな顔
自信に満ち溢れる子どもたちを見ると、
とても嬉しくなりました

最後に、
「今日は、ナニまわりしたかな
の質問に、大きな声で
「でんぐりまわり!!」
と返す子どもたち
「あれ‥ちがうよー
“なかぬきまわり”覚えといてね」
と、苦笑いされつつ、
楽しい体操の時間を終えました。

体力をたくさんつけて、
たくさんの技ができるようになりますように

画像

画像

画像

画像

by 倉畑 歩美

 

ひみつのエプロン

昨日の日中は、急に春めいたような暖かい日差しになり、子どもたちが楽しそうに元気いっぱいに園庭をかけ回っている姿を目にして、こちらの心も温かく穏やかになってきました。
保健室にやってくる子どもたちの中で、『おなかが、いたい』と言ってくる子がいます。
おなかのどの辺りが痛いのか、いつから痛くなったのか、朝ごはんの後に排便があったのかなどを聞きながら、顔色やお腹の張り具合などを観察します。また熱はないか検温もします。
そして、特に緊急性はないと思われると判断した後、お腹を毛布で温めたり、手のひらでマッサージをしたり、またはトイレに行って排便を促したりして様子をみます。
そして、異常がないと思われることを確認したあと、『ヒミツのエプロン』の登場!
《からだスーツ たべたら どうなる?》というタイトルで、大人サイズのエプロン状になっているものです。食べ物が食道から胃を通って、さらに小腸から大腸、そして直腸の肛門から出るという流れが、子どもにも分かりやすいイラストになっています。
そして、それぞれのパーツには可愛いキャラクターがいて、そこでのお仕事が描かれています。
食道は通るだけ。
胃では食べ物を溶かしてよくかき混ぜる。
小腸では栄養を取りだす。
大腸では残りかす(うんち)から水分を取る。
直腸はでうんちを溜めて外に出す。
このエプロンを見せながら、子どもにお話しします。そして、『小腸や大腸では腸がムニュムニュと動いてお仕事をしているので、それが少しだけ痛いのかな?でも、大事なお仕事をしているので、少し我慢してみようか。』と伝えると納得してくれ、『そうだったのか〜』というような安心した表情になります。
子どもが、自分の体の調子が分かるようになることも、大きな成長の一つです。『子どもの小さな訴えにも耳を傾けてあげられるゆとりが大切!』と、自分に言い聞かせながら保健室で見守っています。

by 塩貝 喜代枝

 

アンファン火・金クラス

今日はアンファン火・金クラスの日でした
どんよりとした曇り空でしたが
朝1番は何とか雨が降っていなかったので
朝の集会の後、すぐに園庭あそびへ行きました
在園児の中に混ざりながら
逞しく遊んでいる子どもたちを見守りながら
大きくなったな〜としみじみ感じました

さて、教室に戻ってからは
ひなまつりの制作をしました
今日はおひなさまとおだいりさまの
顔に目や鼻、口を描き
それから着物はデカルコマニーで模様をつけました
半分に折ってある画用紙を開き
半分側だけに絵の具をのせ、また折って
ぎゅーっと押して、それから開く
すると左右対称のきれいな模様が出来ています
見本を見ていた時から
「うわ〜」と感嘆の声を上げていた子どもたちは
自分の物を広げるときにも
「いくよ」といっているような表情でこちらを見て
広げたと同時に「わ〜かわいい」と興奮ぎみでした
「つぎはのりで顔を貼る」とさらに次の工程まで
意欲的に聞いてくれましたが、続きは次回に持ち越しです
「乾いてからにしようか」と声をかけると
ちょっぴり残念そうでしたが
「今度するよ」と言うと笑顔になってくれました
次回に向けての期待も高まったようでホッと一安心
来週には完成し、持ち帰りますのでお楽しみに

そして早いもので今年のアンファンクラスも
残すところあと3回です
元気に登園してくださいね!!

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

生活発表会が終わりました。そして今日は小学校へ体験授業に行きました。

生活発表会、当日の朝は全員出席だったことに大喜び。「もも組みんなでぎざみみぼうやができるね!」
おとなしい◯◯ちゃんが、もも組の出番が近づいて教室を出る時、小さな声でぽつりと、でも笑顔いっぱいに「先生。楽しみ。」と言ってくれました。本番では、大道具の動かし方を子どもたち同士が目で合図しながら運んだり、緊張でガチガチになっているお友だちのことを励ましたり…。子どもたち大きくなったなあと思いました。

 発表会が終わった次の日。お家に帰ってからのことをいろいろ話してくれる子どもたちの表情はとても嬉しそうでした。「昨日お母さんが頑張ったねって言ってくれた。」
もう一度みんなでお話を思い出しながら絵本を読みました。「ここは◯◯ちゃんが出くるとこ。」「下のほうに描いてあるちっちゃいうさぎが私。」「ここで先生が間違えた。」みんなごめん!


 読み終わった後、「ほんとは僕、きつねもやってみたかった。」「私はぎざみみのお嫁さんしたかった!」

 そんなリクエストにこたえて昨日と今日、二日間かけて自分がやりたい役をぜ〜んぶ楽しみながらみんなで劇遊びをしました。  


 本番は3人だったヘビ役が今日は5人。長いヘビになりました。でも襲わないといけないぎざみみぼうや役は9人。それにヘビを蹴っ飛ばす強いお母さん役は12人!ヘビさんは大変でした。
雪の中、一人ぼっちでお母さんを探しに行くぎざみみぼうや役は14人!!「お母さんでてきてー!」と大騒ぎ。
 
 
ワイワイ賑やかなドタバタ劇、1日では終わらず昨日と今日の二日間かかりましたが、「あーっおもしろかったぁ!」と大満足で終わりました。
 
 
 
そして今日は、京都聖母学院小学校の体験授業にも出かけました。少々緊張気味の表情もありましたが、帰り道では「また行きたい!!」と元気な声が聞こえてきました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中村雅子

 

アンファン月・木クラス

今日はアンファン月・木クラスの日で
久しぶりの院内散歩に出かけました
秋に行った時とは季節も変わり院内の様子も
少し変化していました

赤や黄色に色づき、枝についていた葉っぱがなくなり
枝だけになった木を見て
「葉っぱなくなってるね」と声をかけると
「ほんとだね〜寒そう
「かぜでとばされたのかな〜
「むしさんがたべたのかもしれないよ
とそれぞれ子どもたちも考えていました
小さなことから感じ、考えている姿に成長を感じました
そして木を見上げた時に、丁度、飛行機が通りました
見えるか見えないかくらいの高い高い所を飛んでいましたが
子どもたちは手を振っていてその姿が可愛くって
思わず笑ってしまいました

さて、院内散歩を終え
教室に帰ってきた子どもたちと
今度は律動をしました
ピアノの音を聞きながら走ったり止まったり
一生懸命取り組めました
また、しましょうね

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

素敵な笑顔(^^)v

生活発表会を終え、またひとつ大きくなった子どもたち


みんなで作った道具やお花、一生懸命動かしたおうちなど

思い出がいっぱい詰まった道具に囲まれて記念撮影の時間


一人ひとり写真を撮るので緊張してしまう子どもや照れてしまう子どもも

担任の先生と一緒にとっても素敵なお顔でパシャリっ


精一杯頑張った発表会はみんなにとってとても大切な時間になったんだなと

写真を撮っていて感じました

今年度も残りわずか・・・

たくさんの思い出をまだまだつくりましょうね

by 前田 杏奈

 

楽しかった生活発表会

昨日、生活発表会の本番を終え、ホッとひと息ついたところで

子どもたちに感想を聞いてみました。

「『西遊記』、楽しかった!」「〇〇の役をしたのが楽しかった」

「ゆり組のみんなでそろってできたのがうれしかった」

「おうちの人に見てもらえてうれしかった」

「みんなと歌っていると、とても感動した」などなど、

子どもたち一人一人が満面の笑みでこたえてくれていました

とても満足気な子どもたちでした



そして、今日。

朝のサーキットでは、年長組の子どもたちの元気いっぱいの声が

「ヤーーッ!」と、園庭に響いていました。

マラソンでは、「吸って吸ってはいてはいて!」と呼吸を整えながら

走る姿が勇ましく、寒さが感じられないほどでしたよ


幼稚園で過ごす残りの一か月も、元気いっぱいで過ごしていきたいと思います

画像

画像

by 村井 愛子

 

ファミーユクラス

今日はファミーユクラスの日でした
2月も中頃を過ぎたということで
3月3日に向けてひな祭りの制作をしました

おひなさまとお内裏さまの着物は
丸い折り紙をお母さまと一緒に折って作りました
台紙には折り紙をくしゃくしゃ〜
と丸めてから伸ばしたものを画用紙に貼りました
説明の時に、実際に折り紙を丸めると
うわ〜と声が今にも出そうな表情で驚いていました
「今日は丸めても大丈夫またこうやって伸ばして使うよ
と声をかけるとにっこり
安心してくれて私もほっこり

さあ制作開始です
うす橙色の丸画用紙にはサインペンで目や鼻、口を描きます
小さな丸に丁寧に描いて様々な表情の
おひなさまとお内裏さまが出来ていました
全てのものが揃ったら次はのりで貼っていきます
お母さまに順番を促してもらいながら
一生懸命貼り進めていました
出来上がるとニコニコしながら
ちょっぴり照れくさそうに「出来たよー」と
持って来てくれるのがとっても可愛かったです


さて、早いもので今年のファミーユクラスは
次回で最後となります
来週の22日(水)は
地域子育て支援講演会の日となりますので
最終日は3月1日(水)です
最後まで元気な姿で皆様にお会い出来ることを
楽しみにしています

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

ヘンゼルとグレーテル♪

今日は子どもたちが楽しみにしていた生活発表会でした

ばら組は「ヘンゼルとグレーテル」のお話をしました



年中になり、セリフ以外にもお道具の出し入れや

歌う曲目も増え、覚えることがたくさんあり、

苦戦しながらも一生懸命頑張っている姿が

練習でも多く見られました

ヘンゼルとグレーテルの物語の中に魔女が出てきます。

ある時、「こうやった方がもっと怖くなるんじゃないかな?」

とお友だち同士で話している姿も見られました。


今日の本番では少し緊張している姿も見られましたが

発表が終わり、教室に戻ってから

「緊張したけど楽しかったね〜

「またみんなで劇したいねっ(^○^)」

という声を聞くことができて嬉しく思いました

おうちでもまたお話を聞いてあげてくださいね

by 浦川 朋美

 

がんばったね!生活発表会

昨日の生活発表会では、きくぐみみんなでつくり上げた『かたあしだちょうのエルフ』

の話をおうちのかたに観ていただきました 


本番で少し緊張気味の子どもたち 


いつもとちょっぴり違うことが起こっても、さすが年長組子どもたちの力で臨機応


変に頑張っていました 


生活発表会の題材を『かたあしだちょうのエルフ』に決めた時は、この深くて難しい話


が子どもたちにどれだけ伝わるのかと思いましたが、発表会を終えた今、子どもたち


は一人一人それぞれエルフの気持ちを理解していたのだと強く感じ、この話を選ん


で本当によかったと思いました


さて、今日は、生活発表会が終わりほっこりした1日を過ごしました


終わってからも、エルフごっこのセリフやナレーションを口ずさんでいる子どもたち


「昨日の発表会楽しかった」と満足感いっぱいの様子でした


今日は、みんなでエルフの絵を描きました


一人一人好きな場面を思い出して描いていました


図鑑を見たり、どう描こうか「う〜ん」と頭を悩ませたり、本当に一生懸命描いていま


した


エルフに対するたくさんの思いが込められて素敵な絵ができあがりました
 

by 坂根 有紀

 

たんぽぽ組 生活発表会

今日は、生活発表会第一日目 たんぽぽ組の発表でした。


保護者の方が来てくださっているのでウキウキわくわく!


出かけるとき、同じ学年のこすもす組に「いってらっしゃ〜い!頑張ってね!」と   


励まして送り出してもらい「うん、いってくるよ〜!ありがとー!」と嬉しそうに


手を振って元気に遊戯室にむかいました。


子どもたちはとても楽しみにしていて緊張しているのは担任だけのようでした。


思っていたよりたくさんのお客様に驚いていましたが


普段通り楽しんで取り組んでいました。


発表を終えて部屋に戻ると運んだ道具が並べてあり・・・???


「先生、もういっかいしよか?」とまだ遊ぶつもりのようでした。


その姿を見て、発表することを意識していたのは担任だけで


子どもたちにとっては、遊んでいるところを見てもらうだけだったんだなと


気づかされました。


まさしく、子どもたちが園で生活し、成長した姿を見てもらう『生活発表会』


でした。


明日は、発表会二日目、ひまわり組・こすもす組の発表です。


今日、励ましてもらい、とても心強かったので、2クラスが出かける前に


たくさん励まして送り出してあげたいと思います。




画像

たんぽぽ組 「もりのこっこさん」たのしかったよ〜!

by 岡林 由希子

 

よくがんばりました♪

今日は生活発表会1日目

たんぽぽ組、もも組、すみれ組、きく組の発表がありました



年少の時と比べ、セリフや出番が多くなったり、

お道具を自分たちで出したりと苦戦している姿も見られましたが

今まで教室やおゆうぎ室でたくさん練習してきた成果を

見ていただけたと思います


練習を重ねるごとに子どもたちから意見が出ることも多くなり

四季の部屋の場面では、図鑑を見ながら生き物の特徴を見て

自分たちで気付いたことを表現していたり

浦島太郎を歓迎する場面では、海の生き物の気持ちになりきり

一緒に振り付けを考えました



朝、教室で育てているヒヤシンスには

すみれ組にぴったりなきれいな紫色の花が咲いていました

それを見つけた子どもたちが

「ヒヤシンスの花が咲いて、がんばれ!って言ってくれてるみたい

「ヒヤシンスも応援してくれてるし、大きな声でがんばれそう

と、テンションも上がっていました

たくさんのお客様に見ていただき、緊張している姿も見られましたが

楽しんでいる姿が見られ、緊張しているのは担任だけのようでした



発表が終わり、教室に戻ってきてからも

「まだまだ浦島太郎やりたいな」

「次は違う役やセリフ言いたいな」

など、劇あそびが大好きになっていた子どもたちでした


大きな行事も終わり、みんなと過ごす時間も少なくなってきました

これからの1日1日を大切に過ごしていきたいと思います

by 佐々木 亜里沙

 

おむすびころりんすっとんとん♪

生活発表会の日を楽しみに子どもたちは毎日の
取り組みに励んでいます

ひまわり組は『おむすびころりん』のお話で
劇遊びを楽しんでいます


何気ない時間にも、誰かが
「おむすびころりんすっとんとん♪」と、
歌い始めるといつの間にやら全員で大合唱


日常の中でも、大好きなお話であることが伝わってきます


子どもたちはセリフを覚えたり動きを真似たり、、
出番を理解したり、、、
子どもたちの吸収力はほんとにすごいです


劇の中の様々なことに自信をもつと、朝シールを貼りながら・・


あ、生活発表会まであと〇日や

えーーー!!きゃぁ〜〜〜


と、嬉しそうな声を聞かせてくれる毎朝です


そして最近は、お客さんに見に来てもらえることが一番嬉しいようで

今日は〇〇組がみんなの劇を見にきてくれるんだってと伝えると、

やったぁぁぁあああああああ

と、大喜びです


しかし、いざその時がくると、ニヤニヤ、、もじもじ、、、(笑)

緊張と戦う様子もありますが、どの子も一生懸命
頑張っています


いよいよ来週は本番です
どうぞ、子どもたちの表現の世界をお楽しみください

by 王本陽子

 

おねえちゃん、ありがとう!

 お預かりの時間
 「先生、わんちゃん折ってー」
と年少さんの女の子が言ってきました。
すると、近くで聞いていた年長さんの女の子が
 「私、折れるで」
と言ってくれたのでお願いしました。
  「顔と体も作ってほしいの」
と言ってる年少さん。
 「いいよー作ってあげる!」
と体の部分も作ってくれました。
可愛い犬が完成して
 「おねえちゃん、ありがとう」
と、とても嬉しそうな年少さん。
お礼を言われて年長さんも嬉しくて、さらにはりきって椅子やテーブルなども作ってくれました。
 年長さんの名前も覚えた年少さんは、帰る前にもう一度
 「〇〇ちゃん、ありがとう!」
とお礼を言っています。
年長さんはちょっと恥ずかしそうに
 「どういたしまして」
 優しい年長さんの一面を発見し、とても温かい気持ちになった出来事でした

by 北村 架代

 

アンファン火・金クラス

今日はアンファン火・金クラスの日でした
前回はさみで切った画用紙を
今日は具材に変身させ、お好み焼きを作りました

「今日はお好み焼きを作ろうかと思ってね〜
と話しはじめると
「みんなで作るってことは、みんなで食べるってこと
とつぶらな瞳で見つめ、聞いてくれる子どもたちに
「これはえのぐだから、食べられないの」と伝えるのが
ちょっぴり心苦しかったです
どう説明しようかな〜と考えながらも
作る工程を説明していると
「あ〜えのぐか
「これは食べないものだね
と納得したような声が聞こえほっとしました

さて食べることは出来ないけど
本物そっくりのお好み焼き作りの開始です
まずは生地となるえのぐをたっぷり塗って
それから前回切った画用紙をのせ
ソースに見立てた茶色のえのぐをトントンのせて
最後の仕上げにマヨネーズ
特別容器に入ったえのぐでしたが
子どもたちは
「これは本物」「これマヨネーズでしょ
と目をキラキラさせながらかけていました
とっても美味しそうなお好み焼き
最後のマヨネーズに気合が入りすぎて
マヨネーズたっぷりのお好み焼きが完成しました
しっかりと焼き上がったら(しっかり乾けば)また持ち帰ります

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

アンファン月・木クラス

今日はアンファン月・木クラスの日でした

前回1回切りの練習をした画用紙を使って
今日は絵画をしました
切った画用紙の色は茶、黄緑、赤、緑です
それぞれの色が具材に変身しお好み焼きを焼きました

まずは薄い茶色の絵の具で生地をのばします
鉄板に見立てた画用紙は黒と灰色のどちらかを選択します
「ホットプレートだね」と言いながら好きな方を選んでいました(笑)
生地がのばせたら今度は具材をのせます
前回切った画用紙を1枚1枚のせるお友だちや
豪快にばらばら〜と巻くようにのせるお友だちと様々でした
次にソースを塗って最後はマヨネーズ
マヨネーズは特製ケースを用意していたので
本物そっくりで子どもたちは大興奮
「これは最後やな」と始める前から
指をさし、確認する子どもたちからも
わくわくが伝わってきました
ソースまで塗り終わったところで
最後にもう一度気合を入れて取り組む子どもたちが
とっても可愛かったです

描き終えたあとは
「おいしそうだね〜
「でも食べたらお腹痛くなるよね」と
子どもたち同士でも会話をしていました
また完全に乾き次第、持ち帰りますのでお楽しみに

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

子どものお肌は

立春のこの時期、毎年のことですが寒さが厳しくなります。
寒さと同時に空気が乾燥しているためか、手指のさかむけや手あれ、唇のひび割れで保健室に来る子どもが増えています。

皮膚の一番外側にある角質層には、外からの刺激から肌を守る働きや、肌の水分が必要以上に奪われるのを防ぐ働きなどのバリア機能があります。
しかし、子どもの肌の角質層は、大人の1/2〜1/3の厚さしかなく皮脂量も少ないことから、バリア機能が未熟なためにさかむけやひび割れが出来やすくなります。
また、角質層が乾燥すると、バリア機能が低下し、外の刺激に敏感になり、かゆみが生じて、かいてしまうことで角質層が傷つき、さらにバリア機能が低下するという悪循環に陥ります。

この時期は特に、風邪やインフルエンザの予防のために、手洗いの回数も増えていることと思います。
手を洗った後は、すぐにハンカチやタオルでしっかりと水分を拭き取り、潤い成分を蒸発させないようにすることが大切です。

また、ご家庭では保湿クリームやローションを使って、水分や油分を補うことをお勧めします。保湿剤は、少量を薄くのばして塗ることが肝心です。
大人の手のひらに取って、手のひらの体温で薄くのばして、その手のひらでやさしく包み込むように塗ってあげましょう。
お互いの体温が伝わって、あったか〜〜い気持ちになることでしょう。

by 塩貝 喜代枝

 

できてきたねっ♪

もうすぐ発表会
劇遊びのなかで使う小道具や壁面を
子どもたちと作っています

壁面の木は、手形でつくりました
手が緑色や茶色に染まっていく様子を喜び、
お友だち同士で手を見せ合ったり、
手形しなくていいところまで、
ぺたぺた‥ぺたぺたぺたぺた

「だれ〜こんなところまで手形したのー
担任の叫びに
キャハハハハハハ
いたずら顔を見せ、さらにぺたぺた‥

雪の結晶は、ストローで吹き絵に挑戦!
真ん中にポトッと落した絵の具を、
一生懸命に吹いて広げていました

雪だるまは、小さい丸と大きな丸の上下を決め、
帽子は2つ折り切りでカット
可愛い顔と模様を、思いおもいに描いていました
とーっても可愛い雪だるまが、
たくさんできあがりましたよ

壁面や小道具ができあがっていく様子を見ながら、
「できてきたねっ
「〇〇組の先生にも、見てもらおうよ」
と、嬉しそうに話しています

子どもたち一人ひとりが作った雪だるまや雪の結晶なども、
どうぞ、お楽しみに

画像

画像

画像

画像

画像

by 倉畑 歩美

 

今日は午前保育の日

 今日は午前保育の日。


「お弁当持って来てないから、ちょっとしか幼稚園にいられない・・・。」

「給食もないし、早く帰らなあかん日やなあ。」

「嫌やなあ。」

 こんな嬉しい会話が聞こえて来ました。気心の知れた仲間と、もも組の教室で過ごす楽しい時間。ずっとずっとこのまま、こんな時間が続けば良いのにと思ってしまいます。
 でも子どもたちの心の中には年長組になる期待も大きく膨らんできています。


 教室で育てていた、もも組色のピンクのヒヤシンスが咲きました。これが咲くとそろそろお別れが近づいたしるし。

「年長さんになったら黄色いバッチかなあ。白いバッチかなあ。」
とても嬉しそうに笑顔で話してくれます。

「ピンクのバッチのままでも良いよ。」と私が言うと

「う〜ん、それはちょっと・・・。」と。
そうだよね。大きくなることが嬉しくって、楽しみ!!
そう思えることって素晴らしいことだなあと思います。 




今日も、もも組はぎざみみぼうやのお話で遊びました。

「早くみんなに見に来て欲しいなあ」と、本番の日を楽しみにしています。

by 中村雅子

 

あと少し!!

来週の生活発表会に向けて毎日に励んでいます


限られた時間の中で動きや言葉、たくさんのことを覚えています


劇中では子ども同士で声をかけ合いとても貴重な時間を過ごしています


同じ道具を運ぶ子ども同士も助け合う姿が

「〇〇ちゃん、次だよ」

「次こっちだよ」

クラスの子どもたち全員で作りあげていく劇


よいものにしようとみんなはりきっています


本番まであと少し!!!

素敵な発表会になるように残りの日々も楽しみましょう

by 前田 杏奈

 

ファミーユクラス

今日はファミーユクラスで雪だるまを描きました

画用紙で目や口、帽子や手袋などの
パーツを作ります
おうちの方と一緒にはさみを握ったり
おうちの方がクレヨンで描いたところを
一生懸命なぞるように切るのに挑戦したり
工夫しながら作り進めていました
雪だるまは太い筆を使ったことで
ダイナミックに描けました
最初は小さな丸を描いていたお友だちも
絵の具が伸びていくのが楽しかったようで
どんどんと大きな丸になり
最後は大きな雪だるまに変身しました

絵の具が乾かないうちに
画用紙で作ったパーツをのせ
最後にタンポで雪を降らせました
パーツをのせるのは少し緊張した様子
丁寧にのせていましたね
とっても可愛い雪だるま
またご家庭に飾ってあげてください

寒い日が続きますが
来週も元気な姿でお会いできることを楽しみにしています

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

みんなそろえば負けないぞ♪

先週の節分の日に突如ゆり組の教室に現れた「むらい鬼

赤いお面に黒い手袋、茶色い首巻きで棒を持ち、「ウォ〜〜!」と出たものの、、

少しも怯まず、新聞紙を丸めた豆をなげなげ、果敢に立ち向かう子どもたち

なのでした

その元気があれば、大丈夫

元気いっぱいに春を迎えられることでしょう



さて、生活発表会に向けクラスのみんなで取り組んでいる『西遊記』の劇作りです

が、子どもたちのアイデアは尽きることなく、次から次へと出てきます。

みんなからの「こういう風にしたら?」「こんなのはどう?」という声で、

だんだんと形になってきています。

子どもたちそれぞれが今までになく思いついたことを発言したり、表現したりして

います。

強くなりたくてたまらなかった「そんごくう」が、周りの助けや仲間との出会い、そして

力を合わせて乗り越えることを知って、やがては本当につよくてやさしい心になって

いくということを、自分たちと重ね合わせ、みんなで成長を喜んでいければなあと

願っています



by 村井 愛子

 

アンファン火・金クラス

今日はアンファン火・金クラスの日でした
先週の豆まきで、ぐっと心も身体も成長した様子の
子どもたちは今日、はさみに挑戦しました

朝のお集まりが終わったら
「今日は何するの
「スモックは着るー??」
とわくわくした声で聞いてくれます
「今日は、はさみをするよ」と言うと
「あーしたことあるー
「切れるやつだね」ととっても良い反応(笑)
使い方の説明を聞きながらも早くやりたくて
うずうずしているようでした

今日は赤、茶、黄緑、緑の細長い画用紙を使って
1回切りの練習です
口がパクパクしたり
肩に力が入ったりしながらも
一生懸命取り組んでいました
何回も切っていると
だんだんと色んなところが疲れてくるようで
終わった後はみんな
「はあ〜」とため息でした
ちょっぴりニヤつきながらのため息には
思わず笑ってしまいました
真剣に取り組むみんなの表情が
とっても可愛かったです
今日切った画用紙は次回野菜などに変身
お好み焼きの絵画をしますのでお楽しみに〜

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

もうすぐ 生活発表会

いよいよ、来週は生活発表会です 


きくぐみでは『かたあしだちょうのエルフ』という物語に取り組
んできました

 

 

アフリカの草原にすむ動物たちの物語なのですが、1月に絵本を読

んでから、子どもたちはそこに住む動物や植物に興味をもち、図

鑑で調べたことを紙に書いてもってきてくれたり、動きや生態

を研究してきてくれたりとエルフ熱は冷めません 


エルフごっこ中にここはどうしたらいいかな?と行き詰まると一

生懸命考えて、たくさんのアイデアをだしてくれます

一度決めてもしっくりこない時はもう一度考えます。 そのうち、

突如いい考えが思いついてこれでいこうと決まることもありまし

た。

そんなみんなの思いのつまった「かたあしだちょうのエルフ」が

少しずつ形になってきました 


道具もみんなの協力のもと、どんどんできあがっていきます。 


楽しい場面ばかりのお話ではなく、辛く悲しい場面もあります


が、きくぐみのみんなで取り組む最後の生活発表会を楽しみなが


ら、そして惜しみながら今週を大切に過ごしていきたいと思いま


画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 坂根 有紀 

 

あと何回〜(^◇^)?

来週は、いよいよ生活発表会です
劇の練習に励んています\(^o^)/

練習をするたびに自分が出る場面も覚え、
自信がついてきたようで、声も少しずつ大きくなってきました

朝の身支度を整えた後、
「今日も劇遊びする?いつ?はやくしたいな〜」
と劇遊びを楽しみにしているこどもたち!

劇中たくさんの歌を歌います
セリフ以外にも覚えることがたくさんありますが
子どもたちはやる気いっぱい!
歌を歌うことも大好きでいつも元気に歌っています

「あと何回寝たら生活発表会?」
「あと何回練習できる?」と毎日のように質問がきます(笑)
観てもらえることを楽しみにしている子どもたち!

生活発表会まであと少しですが、
25人全員で力を合わせて素敵な劇にしたいと思います

by 浦川 朋美

 

アンファン月・木クラス

今日のアンファン月・木クラスでは
初めてはさみを使いました

みんなに見えるように、はさみを出すと
「あー知ってる」の声が
そして「使ったことある」の問いかけにも
ほとんどの子どもたちが手をあげてくれました
使い方の説明の中で危険な使い方を例にあげて見せてみると
子どもたちは「あーだめ
「せんせい、危ないよ
「きれちゃう」とドキドキした様子で言ってくれました
さすがということで
早速始めてみることにしました

今日切る画用紙は
茶色、黄緑、緑、赤です
細長く切った画用紙で1回切りの練習です
手がグーパーするのと一緒に口もパクパクします
疲れてきたかなーと見守っていると
じーーっと私を見つめてくれます(笑)
上手に出来てるゆっくりでいいよ」と
声をかけることで丁寧に最後まで切ることが出来ました

切れたあとは「は〜」とため息交じりに
にっこりとこちらを見てくれるのがたまらなく可愛かったです
よく頑張りましたね
今日切った画用紙は次回お好み焼きの材料となります
どんなお好み焼きになるかなー
お楽しみにー

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

おには〜そと!

今日は2月3日節分です


「今日って鬼さんが来る日やんな」

「鬼さんっていつ来るん?」

「先生、鬼さん会ったことある?」

と、子どもたちは教室に入ってきてからそわそわ・・・


「先生、実は鬼さんと友だちなんだ」

と冗談で言うと、

「何色の鬼さんと友だちなん?」

「鬼さんってどこに住んでるの?」

と、興味を持つ子もいれば

「先生、お友だちでも幼稚園には呼ばんといてな」

「いい子にしてれば鬼さん来ないよね?」

と、怖がる様子も見られました


“鬼さんと友だち”という言葉が効いていたのか

今日のすみれ組はとーっても静か(笑)

そして、行動も素早かったです

子どもたちが団結していて鬼の効果は絶大


豆まきをするときも鬼のお面を付けて

教室に鬼が入ってこないように、と大きな声で

「おには〜そと!ふくは〜うち!

と言っていました


豆まきをして悪い鬼が逃げていったので

みんなに良いことがおこりますように

by 佐々木 亜里沙

 

アンファン火・金クラス

今日はアンファン火・金クラスの日でした
今日は2月3日節分
ということで豆まきをしました

「鬼さんは豆が嫌いだから大丈夫
と言っていたものの幼稚園には豆がありません
そのことを子どもたちに伝えると
「えーー」と困惑ぎみ・・・
でも大丈夫
幼稚園では新聞紙を丸めて特製豆を作りました
一生懸命丸めていますが
表情は恐々・・・目はキョロキョロ・・・・
緊張感が漂っています(笑)
「大きな声を出しながら投げたら、鬼さんもきっと逃げていくよ
「豆まきしたら強いお心と元気な身体になるよ
と声をかけるとやる気が出てきました
怖がる気持ちは充分にありますが
『強いお心』の言葉が効いたようです
勇気を振り絞りドアの方へと向かいます
左手に豆入れ右手に特製豆を持ち戦闘モードです(笑)
ドアを開けると一斉に大きな声で「おにはーそとー
とっても大きな声で頑張って豆まき出来ました

とっても怖かったようですが
終わった後の子どもたちからは達成感がみなぎっていました
お茶を飲みながら話している子どもたちは
「おにさん逃げていったね
「わたし、見えなかったわ
「わたしはね、青色の手が見えたよ
と楽しげに言っていました
今回の豆まきは、鬼の姿は見えなかったはずなのに(笑)
もしかしたら子どもたちには、見えたのかもしれないですね
不思議〜不思議〜

でも一生懸命みんなで豆まきをしたので
きっとまた1年、心も身体も健康で過ごせることと思います
制作し、持ち帰った豆入れを
ぜひ、ご家庭でもお使いください

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

まめまき大会

今日は節分 


何日も前から、まめまきを楽しみにしていた子どもたち。



朝登園するなり「今日豆まきする?」とわくわくしていました。



どのクラスも期待度が高く、合同で豆まきをすることにしました。


角をつけて、新聞を丸めた豆を持って・・・あれ?おかしいなぁ?


鬼が豆を持つのはおかしいよ?・・・ということで鬼と豆まきする子とわかれて開始!


鬼はそと!福はうち!


朝のすがすがしい園庭に子どもたちの声が響きます。


最後は大人の鬼が登場!


子どもたちはその鬼が誰かわかっているようで3クラスに分かれて


豆を投げつけて・・・ぃぇ・・・撒いていました


肌寒い朝でしたが、走り回って皆「はぁ〜面白かった!はぁ暑い!」と楽しそうでした

画像

鬼は外!福は内!見て!この笑顔!!

画像

あ、大人の鬼が登場!

画像

う!動けないカメラマンの鬼にここぞとばかりにぶつけ放題

画像

あ、また違う大人の鬼登場!

画像

かわいい小鬼が子どもたちに向かっていきます。

画像

遊んだ後は劇遊びの土台に。エコロジ〜!

by 岡林 由希子

 

オオカミごっこ

寒い日が続いていますが、子どもたちは毎日
戸外遊びの時間を待ち遠しそうにしています


春からず〜っと過ごしてきたひまわり組の子どもたちも
絆が強まってきたのか、最近は自然とクラスみんなで遊ぶ姿が
とっても印象的で微笑ましいです


子どもたちが好きな遊びが”オオカミごっこ”
なんじゃそりゃ♪(笑)と、初めて聞く遊びを
眺めていましたが、内容は鬼ごっこ?探検?と
謎は深まるばかり・・・


誰が何をするか・・・
なんていう相談はないようですが
オオカミになりたい子は、自らオオカミに変身!
「待て待て〜」

なるほど!追いかける遊びなんだ


、、と思いきや、
今度はオオカミ同士連れ添いながら
一列になり仲良く草むらを探検したりと、
初めてみる遊びに興味深々の担任です

しかし、子どもたちの”遊びの世界”の中で
成り立っているものがあるのか、とにかく
キャッキャキャッキャと嬉しそうに遊んでいます


お入りになると・・・
「あ〜〜途中でおわっちゃったね〜」
「明日もしよか〜」
「あしたはわたしもオオカミ」
「ぼくもオオカミ」
「わたしもやで」
「ぼくもやで」

「え、みんなオオカミになっちゃうやん」


「・・・・・・・・・・・・・」


「ぎゃははははははははは」

と、大爆笑


わたしも仲間に入れてほしいぐらいですが、
担任の事は眼中に無さそうなので
明日もじっくり様子を見ようと思います・・・

by 王本陽子

 

アンファン月・木クラス

今日はアンファン月・木クラスの日でした
前回作った豆入れを使って今日は豆まきをしました

投げるための豆は新聞紙をちぎって丸めます
紙芝居で鬼のイメージを膨らませてから取り組んだため
豆となる新聞紙を丸めている時は終始そわそわ・・・・
そんなそわそわしている子どもたちに向けて
「あっ」と大きな声をあげてみました
するとビクッとなったと同時にどんどん怖い気持ちも
大きくなってきたようです
座っていた場所を隅の方に移動したり
まだ大きく残っている新聞紙を一気にまるめて
とってーも大きな豆が出来たりと
みんな大慌てです
「鬼さん来ないように豆まきしようか」と声をかけるも
「もう今日は豆まきやめとこ」と意気消沈の子どもたちも
でも大丈夫
「豆まきしたら強い心と元気な身体になるんだよーどうしようか
と再び声をかけると「じゃあ・・・・・する」と返事が聞こえました
やると決まればみんなでやる気を出してくれます

ドアの前にちょっぴり窮屈めに並び(その方が安心するのかな?)
一生懸命投げてくれました
小さな声で、でもはっきりと「おにはそと」と言いながら
頑張って豆まき出来たからきっと大丈夫
今年も健康で過ごせることと思います

終わった後はみんなでほっと一息お茶タイムです
「こわかったなー
「これでおこころつよくなる」とお喋りしながら
くつろぐ子どもたちがとっても可愛かったです
せっかく作った豆入れですので
ぜひ、ご家庭でもお使いください

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯

 

お預かりにて

 昨日、私がお預かりにある箱のポストを修理していると、年中さんの男の子が
「一緒にするよ!」
とお手伝いしてくれました。
破れているところを見つけたり、一緒にテープを貼ってくれたり・・・
「ここも、ここも」と何ヵ所か直しながら、ボソッと
 「ポストさんかわいそうだね」
と男の子が呟きました。

 そうだねー大事に使わないとダメだね!
と話しながら、男の子の優しい気持ちが伝わってきて、とても嬉しく思いました


 もうひとつ、折り紙を折って欲しいと言ってきた、3人の年中さんの女の子たち。
私が
 「ちょっと待っててね」
と他の事をしていると、3人の会話が始まりました。
 「先生は1人なんだし、順番に待っとかないと」
 「そうそうーでも、先生のおてて、いっぱいあったらいいのになぁ!」
 「ほんとに、5本ぐらい欲しいわ!」

私は、3人の可愛い会話を聞いて、急いで用事を済ませました

 子どもたちの呟きや、楽しい会話がたくさん聞こえてくる毎日です。

by 北村 架代

 

もっとやりたいなあ♪

「先生今日もやるでしょ


「おはようございます!」
のあとに、必ず今日の予定を聞く子どもたち
「やるよ〜♪」
と答えると、
「長い針がどこになったら、お遊戯室いく?」
と、目をキラキラさせています

教室では、
お話しのなかでうたう歌をうたっていたり、
声を合わせて台詞を言ってみたり・・・
そのあと、顔を見合わせてにっこり笑う子どもたちが
とても可愛いです

こすもす組は
“ねんころカメのこもりうた”
を、お話し遊びします
寒くなると冬眠して雪が見られないカメさんを
なんとか起こそうと、悩んで考えて・・・
動物たちがダンスを踊ることに
そのダンスも子どもたちと一緒に考えました
積極的に、
「こういうふうにしたら?」
「ここはジャンプしたら可愛いんちゃう?」
と、たくさんの案をだしてくれたので、
すぐにダンスは決定

また、お話し遊びをしていると、
お友だちの役も覚えていて、
「いまっ!いま出るときやで!」
と、頼もしい姿を見せてくれています
「〇〇ちゃん、いま出るときやで」
の言葉に
「違うちがう、今日はウサギの役やから」
などの、やりとりもあり、
しっかりしてきたなあ・・・と
しみじみ感じる一面も

「今日は、これでおしまいっ」の言葉に、
「えーもっとやりたい!」
「明日もやろっ♪」
と、言ってくれるのでとても嬉しくなります。
発表会まで、
子どもたちにたくさんの自信をつけてもらいながら、
お話し遊びを進めていきたいと思います

by 倉畑 歩美

 

ある日

月日の流れが早く、今年もあっという間に2月になりました。
寒い日が続いていますが、子どもたちは毎日、元気いっぱい、笑顔いっぱいで、活動しています。

先日、ある男児が、「足が痛いんです」と言って、保健室にやって来ました。
外見や機能上に異常はなく、痛みの強さも「なんとなく痛い」という状況でしたので、保健室の壁に貼ってある『バランスよく食べて、元気いっぱい!』のポスターを見ながら、『ほねやからだをつくるたべもの』の欄にある、牛乳、さかな、たまご、なっとう、チーズ、とうふ、わかめなどを毎日食べるようにしたら、痛みが治まるかもしれないよとお話しました。

後日、その子のお母さまとお会いする機会があり、「うちの子が、牛乳となっとうを毎日食べると言うんですよ」と話してくださり、保健室で子どもに話したことをお伝えしました。
その子が保健室での話をきちんと理解してくれ、なおかつ実行しようとしてくれることに、とても嬉しく感じました。

そして、そのお母さまはずっと以前にお会いした時に、私が発行した『ほけんだより』を基に、ノロウイルスに備えて消毒薬を作って、家に常備していると教えてくださっていたことを思い出しました。

その時、『子は親の背中を見て育つ』という姿が目に浮かび、とても素晴らしい親子だなあと感心しました。
そして、私自身の子育てを振り返り、反省するきっかけになった一日でした。

by 塩貝 喜代枝

 

ファミーユクラス

今日はファミーユクラスの日でした
今日から2月がスタート
2月といえば節分
ということで今日はみんなで豆まきをしました
その前に豆まきの準備をしました
まず、鬼についての情報収集です
紙芝居の鬼を見ながら
少し緊張した様子の子どもたち
お母さまたちと私たちはにっこり
次は、豆を入れる三方つくりです
画用紙をお母さまに折って頂きリボンを付け
ちいさな鞄のようにしました
出来上がった豆入れには鬼に負けないようにと
ペンでお絵かきをして
それから、投げるための豆の制作です
ファミーユクラスでは、お母さまと一緒に
新聞紙をちぎって丸めて作りました

小さい豆をせっせと作ったり
鬼に負けないようにと、とっても大きく丸めたり
様々なファミーユ特製豆が出来ました
さあみんなの準備が整ったところで
豆まきスタートです
ドアを開けると鬼が入ってくるかも
ドキドキしながらドアの前で待つ子どもたちが
とっても可愛かったです
小さい声で「おには、そと」と言いながら
一生懸命豆まきした甲斐あって
鬼に遭遇せずに済みましたね
よかったよかった
しっかりみんなで豆まきも出来たので
今年も1年元気に過ごしていきましょう

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 中越 唯