チラシとパンフができました!

じゃじゃ〜ん!できました、できました こんなものできました。

  9月1日から順次、配布および掲示させていただきます。

画像

画像

by 田中圭祐

 

見通しがつくということ

 我が子の宿題をしている場面に遭遇すると、ついつい手を出したり声をかけたりしたくなるのは職業病?でしょうか。でも大抵はこう言われます。「自分でやるから、ほっといて!」

  これは決して私が嫌われているわけではなく(自分ではそう信じているだけ?)子どもなりに見通しが持てている証拠なんですね。要するに、声かけのタイミングが悪かったわけであります。自分でこうやって、こうすれば、こうなるだろうという見透しが持てるのは成長の証であり、それを繰り返すことで自信にも繋がります。

  自分でできるもん!というのが顕著になりはじめるのが2歳児と言われますが、成長にはそれぞれにスピードや得意分野などがあるので、誰かと比較することなく、その子自身一人ひとりのスピードやこだわりを大切にしたいですね。

  でも、これができるのも幼稚園時代が最後・・・とは言い過ぎかもしれませんが、年長さんから小学生へと学年が上がるにつれて、自分がやりたいことと同時に、やらねばならないことも増えていきます。年長さんと1年生・2歳児と3歳児って、本当にこんなに違うんだ、ということを日々実感しています。

 小学校と幼稚園と両方でお仕事をさせていただけたことで、これまで見えていなかった見通しというか、つながりを意識できるようになったのは、とてもありがたいことだと感じています。
  だからこそ、時間がゆっくり流れる幼児期って、人生という長〜いレースをスタートさせる前の準備運動みたいなものだとしたら、相当入念にしなきゃいけないな、と考えたりするのであります。

by 田中圭祐

 

ファミーユクラス

今日は一学期最後のファミーユクラス(未就園児保育親子クラス)でした

今日もみんなで室内遊び、園庭遊び、水遊びをしました
室内では、今日はパズル遊びが人気でお母さんと一緒に頑張る姿が見られました難しいものにも挑戦していましたね。

園庭ではボールを蹴って走り回っていました!!お母さんに負けないくらい走るのがとても速くなってきましたね遊具でも一人でできるよ〜と力いっぱい取り組んでいました。

汗をいっぱいかいたので水遊びをしました。最後のプールなので喜んで入る子が多くて嬉しかったです。先生遊ぼう〜と言ってお母さんと離れて遊び始められたのも良かったです

ファミーユクラスが始まって4ヶ月。みんなで仲良く楽しく遊べて先生たちはとても嬉しかったです!!子どもたちの頑張る姿や遊ぶ表情、時々怒る泣くの表情。色々な姿を見ることがました。二学期からもファミーユクラスを通して子どもたちの成長が見られることを楽しみにしています

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 橋本佳奈

 

幼稚園 ごめんねいいよありがとう

小学校に勤務していた頃、4年生の初めごろまではタイトルの言葉をよく耳にしました。特にお友達とケンカしてしまったあとには、呪文のようにそれこそ反射的に「ごめんね・いいよ」が出てくるのは、幼稚園時代の教育の成果だと思います。

 高学年になってくると、状況によってはそう簡単に「いいよ」なんて言えませんし、時には言うべきでもないこともあると思っています。一方、幼稚園時代の「いっしょにあそぼ」「いいよ」「ごめんね」「ありがとう」は、自然に身につくものではありません。

 それこそ習慣化であります。いいよ、と言える子は、それまでにた〜くさん「いいよ」と自分が許されてきた経験がある子です。「ごめんね」がいえるのは、ごめんねといえば許されるという回路ができている子です。

 そう考えると、「ごめんね」「いいよ」「ありがとう」「いっしょにあそぼ」が言える環境をつくっていけるもとは、ご家庭であり幼稚園であると思います。
 2学期がまもなく始まります。一段と大きく成長した子どもたちと会えるのを楽しみにしています。

by 田中圭祐

 

ファミーユクラス

今日はファミーユクラス(未就園児保育親子クラス)でした

ファミーユクラスのお友だちは元気いっぱい!!ニコニコ笑顔でおはようございますと大きな声で挨拶をして幼稚園に来てくれました

今日も室内遊び、園庭遊び、水遊びをしました

室内遊びでは、昨日遊んで気に入ったエッセイズを繰り返し遊ぶ子が多く見られました。女の子はおはじきのキラキラに興味を持ち、お友だちとばなな〜ばなな〜と謎の掛け合いを楽しみながら遊んでいました。男の子は線路をつなげて電車ごっこを楽しみました。電車の取り合いや進行方向の違いでケンカになりましたが、貸して〜いいよ〜。ごめんね〜一緒に遊ぼう〜と声を掛け合って仲良く遊びました。

園庭遊びでは、シャベルを使ってお砂を力いっぱい掘ったり、遊具ではお母さんや先生に見て見てーーと一人で頑張る姿を見せてくれました

水遊びでは、広いプールに入れて大満足!!水の掛け合いをして喜んでいました


今日はお父さんお母さんと離れて遊ぶ姿が多く見られました。少しずつですが、お友だちと仲良く遊べるようになってきたのが嬉しく思いますもっともっと遊んで仲良しのファミーユクラスになって欲しいです。明日も元気に遊びましょうね!!

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 橋本佳奈

 

南門ロータリー歩車分離について

南門ロータリーにおける歩車分離措置についての現況と実施予定内容をお伝えします。

 1、現在の車両通用口から駐車場ネットに沿ってバリケードを設置します。
 2、車輌は従来のロータリーを通行せず、体育館に向かって直進します。
 3、中高体育館の南面にも並行してバリケードを設置、歩行者専用路を確保します。
 4、現在の駐車場出入り口を広くし、駐車場北側に歩行者用の出入り口を設置します。

 以上のような予定で、歩車分離ができるよう学校法人が主体となり動き出していることをお伝えします。 

画像

画像

画像

画像

by 田中圭祐

 

ファミーユクラス

今日はファミーユクラス(未就園児保育親子クラス)でした

今日は園庭遊び、水遊び、室内遊びをしました

園庭ではとんぼを見つけて大喜び元気に走り回っていました。
お砂遊びではお店屋さんごっこをしていました。いらっしゃいませ〜とご飯を作って売って楽しんでいました

水遊びでは在園児の子と一緒に遊びました。水鉄砲で水をかけあい、びしょびしょになって楽しんでいました。

室内ではお気に入りのエッセイズをしたり、お友だちと線路をつなげてあそんだり、ままごとあそびをしたり楽しみましたおもちゃの貸し借りも出来るようになってきて、交友関係が広がってきましたね。

明日もみんなで仲良く楽しく遊びましょうね

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 橋本佳奈

 

見える化プロジェクト

 単純な男です。先日担当した教員研修の出来栄えが何とも不甲斐なく、逃げるように東京出張に出かけては、すっかり機嫌を取りなおして帰ってきました。

 さて、その教員研修では、伝えたいことが整理できていないと、結局何が言いたいのかが伝わらず、小手先の技で目先を変えて自己満足の罠にハマるという、下手くそな授業の典型スタイルに陥っておりました。 伝えたかったことの一つが、<見える化>であります。

 2学期〜来年度に向けて、先生たちは自己申告書なるレポートを提出することになっています。それを作成する際の、キーワードの一つとして<見える化>を取り入れてもらいたかったのです。 このブログの内容が既に<見える化>の一つであります。

昔、言いませんでしたか?「私のことがどれくらい好きななの?」とか・・「言わなくてもわかるだろう」というのは何とも昭和ですね。もう平成が終わろうとしています。世の中、監視カメラだらけになって怖い気もしますが、<見える化>は信用・信頼のモノサシになると思います。

画像

by 田中圭祐

 

幼稚園のお仕事って2

新幹線大好き人間です。東京駅の通勤電車は土曜の朝5時過ぎでも、ほぼ満員で驚きました。新幹線の車窓から見る川の水位が台風の影響?どこも異様に高く思わず怖くなりました。

さて、昨日の研修で気づいたことは、幼稚園でも保育園でも同じだと思うのですが、考え方によっては、すごい贅沢な仕事だなってこと。

カッコつけてる訳じゃなく、この時期ってあっという間に過ぎちゃうし、自分が親としてもそれはまさに実感していたから、保護者さんにも「今しか」ないですよ〜って話していました。

ところがですね、私たちのお仕事は、この時期の子どもさんばかりを扱う訳で、我が子の幼児期なら、あっという間にすぎるけど、園にきてくれる子どもさんは、いつも新鮮?と申しましょうか、常にこの《おいしい》時期を扱える訳であります。とは言え、常に一期一会であることに変わりなく一瞬一瞬を大切にしたいし、幼児期を過ぎてもその子の価値は変わりません。
当たり前やろって思っていたことが、当たり前じゃないってわかった時に感謝できるのだと思いました。

画像

by 田中圭祐

 

202,075人

2017年度現在、日本のカトリック 幼稚園・小学校・中学・高等学校・短大・大学に在籍している人数だそうです。そのうち、幼稚園児は58,158人。

 今日は、上智大学のキャンパスでカトリック幼稚園とカトリック保育園の園長・理事長研修会に参加、たくさんの学びをいただきました。幼稚園も保育園も教会の活動から派生したにも関わらず、今では教会よりも子供が集まるという意味ではまさに、カトリック教育の未来がここにあると感じられました。

研修会の終了後、エイベックス株式会社の松浦CEOと「お金2・0」の著者である佐藤航陽氏の対談を聞く機会がありました。最先端の話もかなり刺激的でしたけれど、本社ビル17階からみる東京の夜警も最高でした。さすがAvex!と思わされました。

画像

画像

by 田中圭祐

 

コミュニティ宣言!

 せいぼであそぼ〜ヤッホッホ夏まつり〜にご参加いただいた皆様ありがとうございました。親子で一緒に楽しまれているご様子に安堵いたしました。台風の影響で開催も危ぶまれましたが、無事に開催できてよかったです。

午後からは職員研修でした。エッセイズの取り組み方や律動との関連性など、非認知能力を高められること、手先を動かすことによる脳への刺激など、具体的に詳しく学ぶことができました。

 このような研修を通して、それぞれの得意分野を生かし、伝え、広げながら、京都聖母学院幼稚園のコミュニティをボトムアップできる組織にしていければいいなと考えています。

 25日土曜日は、併設の京都聖母学院小学校の入試説明会です。1回目とは違うお得な情報が得られるかもしれません。ご興味のある方は、是非!

画像

画像

画像

画像

by 田中圭祐

 

撒き餌のごとく2

夏休みもいよいよ終盤。前々回に引き続き、面白そうな本を紹介します。
読み物というより、平和学習や調べ学習のための準備というより、考え方の元となりそうな絵本です。

  せかいでいちばんつよい国
もっとおおきなたいほうを
 私の「やめて」(幼稚園絵本大賞)の3冊。

  それにしても、今週は色々な行事が目白押しです。明日23日は「せいぼであそぼ」夏まつりが開催予定。先生たちの準備は整いましたが、台風の影響も気になります。大きな被害に繋がりませんように。

  明日の午前中は「せいぼであそぼ」と並行して朝から幼少職員の健康診断。午後からは幼稚園の教員研修です。健診の前日は、10時間の絶食タイムが必須だったことをすっかり忘れて、いそいそと幼稚園で研修の資料を作っておりました。そうして帰宅してみるとガーン!もう何も食べてはいけない時間帯ではありませんか、;やってしまいました。水だけを頼りにこのブログを買いております。

画像

画像

by 田中圭祐

 

ファミーユクラス

今日はファミーユクラス(未就園児保育親子クラス)でした

久しぶりのファミーユクラス!!元気いっぱいのみんなの顔が見れて嬉しかったです夏休み中の話もたくさん聞けて嬉しかったです

最初は園庭遊びをしました網を持って虫捕りをしたり、スコップを持ってお砂遊びをしたり、空を見てヘリコプターに手を振ったり、遊具で遊んだり、お父さんお母さんと一緒に楽しみました

汗をいっぱいかいたので次は水遊びをしましたすぐに水着に着替えて、友だちを誘い遊び始めました!!お父さんお母さんから離れて仲良く遊ぶ姿が見られましたおもちゃの貸し借りをしたり、水をかけあったり楽しんでいましたよ今日は良い天気だったので水がとっても気持ち良かったですね来週もみんなで思いっきり遊びましょうね!!楽しみにしています

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 橋本佳奈

 

夏休みの工事が終了しました

今日から預かり保育も再開し、先生たちも園児も戻ってきました。おかげさまで夏休み閉鎖期間中に工事をしていただいた箇所が完成しました。

 1、玄関の照明をLEDに交換して明るさ UP
 2、おゆうぎ室の床板をクッション材付き素材にして美しさ UP
 3、園庭のマンホールを3か所削って埋めて安全性 UP
 4、園児用トイレ壁面と便器の位置を下げて衛生面 UP
 5、園児トイレ内の大人用和式トイレを洋式化で快適さ UP

 新しくなるって気持ちがいいですね。新学期からアップアップしないように、先生たちも準備を始めています。9月にみなさんをお迎えできる日が待ち遠しいです。

画像

画像

画像

画像

画像

by 田中圭祐

 

8月15日という日

日本とカトリック教会について、特別な日が一致していることが多いことには本当に驚かされます。8月15日は終戦記念日であると同時にカトリック教会にとって特別の日でもあります。

聖母マリアの被昇天といい、天国に召されたという祝日であります。それだけでなく、フランシスコザビエルが日本の鹿児島県に上陸した日でもあります。ザビエルが日本で過ごしたのも2年間だけでしたが、日本におけるカトリック その初穂となったのが彼の2年間でした。

イエスが布教したのも3年間だけと言われています。期間の長さよりその熱量が勝るということがあるのだと思います。

2月11日は聖母女学院の設立母体ヌヴェール愛徳修道会があるルルドの聖母の祝日です。
  同時に日本の建国記念日でもあり、なんとバチカン市国の建国記念日でもあります。

12月8日は、太平洋戦争開戦日であり、無原罪の聖母マリアの記念日でもあります。

9月8日は、サンフランシスコ講和条約締結日であり、聖母マリアの誕生日でもあります。

このように日本とカトリック教会には、ただの偶然とは思えない関係があります。そして、日本ではお盆として先祖・全ての先人に感謝して、今を大切に生きる覚悟をする日でもあります。

画像

画像

by 田中圭祐

 

撒き餌のごとく

 魚釣りをするときに、撒き餌(まきえ)といって、魚を集めるためにえさをまくという方法があるのをご存じの方もいらっしゃると思います。辞書によると、ここから転じて『人々を集めるために金品をばらまく』という意味もあるそうです。

 我が家でもリビングに【まきえ】をするわけですが、中々つれません。どうせ撒くなら大人も楽しめるものを、と選んでいます。

図鑑シリーズはまさにそのもので、子どもがつれなくてもいいから自分が読みたかったもの。学校では教えてくれない大切なことシリーズは、タイトルがいいですよね。でもイマドキの子には「学校でも塾でも教えてくれない」とすればもっと売れる気がしますね。いずれも小学生向きでしたね、すみません。幼児さんには、今しかできない添い寝&読み聞かせですね。

 さて、今年は何冊読めるかな?明日から学校閉鎖期間に入ります。
暑い日が続きますが、みなさまどうぞご自愛ください。

画像

画像

by 田中圭祐

 

ファミーユクラス

今日はファミーユクラス(未就園児保育親子クラス)でした
お休みのお友だちが多かったですが、新しいお友だちも増えてみんなでワイワイ暑さに負けず元気に遊びました

今日もみんなで水遊びをしましたプールに入るのも慣れてきた子どもたち。バケツに水を入れて頭からかぶったり、お母さんと水鉄砲で掛け合いをしたり楽しんでいました

次回は8月22日ですみんなに会えるのを楽しみにしていますね

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 橋本佳奈

 

その出会いは偶然ですか?

今日は学校法人の全体研修です。二人の牧師さんからお話を聞きました。キリスト教にもいろいろありまして・・・カトリック教会では司祭とか神父という呼び方をします。カトリック学校なのに?牧師さんから?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 出会いは必然という言葉があります。神様の計らいは、われわれが知る由もありませんが、最高のタイミングで必要な人と出会わせてくれるという言葉は、キリスト教に限らず計り知れない大いなる存在が導いてくれるという教えとして有名ですよね。

出会いが必然だとして、でもそれを生かすかどうかは、われわれに委ねられているわけでして・・・アーサー牧師には、多大なるインプットをいただきました。

  午後からは、性格を生かしたチームの作り方研修で、幼稚園の担任の先生たちの思考パターンが次々とあらわになり、〇〇先生と話す時は・・・に気をつけながらとか、みんな爆笑しながら大盛り上がりの楽しい研修でした。他所属に比べて人数も少ないので、あのような時に妙な?一体感が生まれたりして、なんだか嬉しくなるのでした。

画像

画像

by 田中圭祐

 

ファミーユクラス

今日はファミーユクラス(未就園児保育親子クラス)でした


8月になり暑い日が続いてますが子供たちは元気いっぱい!!今日から新しいお友だちも増えてみんなで仲良く遊びました

初めに園庭遊びをしました。遊具やボールを蹴って走ったり、お砂遊びでお店屋さんごっこをしたり、お父さんお母さんお友だちと一緒に楽しみました
在園児のお友だちと一緒にセミやカマキリを観察をしました。何??うわーーー!!!とびっくりでも興味を持ってじーっと見ていました

次にお楽しみの水遊びですいっぱい汗をかいた後だけに、お水かけてーーと積極的にびしょびしょになってみんなで遊びました

来週も水遊びをして楽しく遊びましょね

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 橋本佳奈