エルフごっこ

1月から始めたエルフごっこ。
そんなに長くはない絵本ですが、1回目に読んだ時は子どもたちに絵を見せず、
1日に1ページぐらいずつ読んでいきました。
子どもたちは絵を見ていない分、頭で色々と想像を膨らませていたようで、
次ははどうなるんだろうと毎日楽しみにしていました。
最初は、楽しいお話なのですが、後半は楽しいだけではない
辛い部分もあります。
最後の方の本読みでは息をとめているのではないかと思うほど
身動きもせず真剣な表情で聴き入っている子どもたちがいました。
「先生、エルフどうなったの?」と心配そうな子どもたちも・・・。
いろいろな捉え方ができるお話なので、
きっとエルフごっこをしていく中でそれぞれの答えが
出るのではないかと思います。
生活発表会では、子どもたちがつくりあげることや子どもたちの
表現を大切にしています。
子どもたちが考えること、感じることは本当に豊かで、ユニークで
私がいくら考えても思いつかなかった発想に
何度も感心させられました。
どんなアイデアだったのかは、保護者の皆様には当日を
楽しみにしていただければと思います。
また、子どもたちは、道具作りも大好きです。
葉っぱ作りや、絵の具塗り、のり貼りと大忙しですが、
わいわいと楽しそうです。
「ぼく、新聞ちぎるし、セロテープで貼ってな。」
しばらくすると、「次、交代するわ。」友だちと作業を分担して
作る子どももいれば、
黙々と葉っぱを作り、作った葉っぱを木に貼っていき、
しばらくすると、少し遠く離れた所から木を眺めて「うんうん。いい感じ。」
と職人のような子どももいます。
今、お祈りの時間に「たんぽぽ」という聖歌を歌っています。
歌う時に子どもたちから「縁の下の力持ちやな」という言葉
が聞こえてきました。
そんな難しい言葉知ってるんだと驚かされました。
華やかな花ではないけれど、冬の厳しい寒さに耐えて春になると
かわいい花を咲かせる力強いたんぽぽがそういうイメージ
だったのかもしれません。
エルフごっこでも、縁の下の力持ちさんがとっても重要です。
中央で表現している子どもたちだけではなく、道具出しに全力で
取り組んでいたり、何かハプニングがあった時に影ながら
サポートしていたり、そんな姿に気付き、認め合って
いきながら、ゆりぐみのエルフごっこを
作り上げていきたいです。

画像

画像

画像

画像

画像

by 坂根 有紀 

 

アンファンクラス

今日は、先日から作っている鬼のお面をかぶって「豆まき」のお歌をうたいました。

とっても気に行っている様子で、そのあとのふれあい遊びもかぶってしていた子どもたちです。

また今日は、みんなでフルーツバスケットをしました。   

自分の好きなフルーツのカードを

「わたしはリンゴ」

「バナナがいい」

「僕は、ブドウ」と選んでお椅子をお引越ししてあそびました。

だんだんわかってくると、動きが早くなってきていましたよ。

また、色んなゲーム遊びも楽しみたいと思います。


そして、大好きなお庭では、

「いらっしゃいませ」
「あいすくりーむいかがですか」
「チョコレートください」
「きょっとおまちください」
とお店屋さんになりきってごっこ遊びをしています。

葉っぱをお金に見立てて、
「はい、10円です。」

「お店の名前はここに書いてあるんです」などなど。

ごっこ遊びのやり取りが続いていました。

お砂場で、お山を作っていたお友だちも、

「ぺったんこ ぺったんこ
と自分たちでリズムをつけたお歌を歌いながら作っていてその歌が楽しくなって
「きゃはは、、ぺったんこ」とのりのりでした。

お庭続きに、幼稚園のトイレの体験もしています。
年少組さんと出会ったりもしつつ、ちょっとお姉さん、お兄さんの気分です。
メザミのトイレは、「一人で行ってみる。」と行ってみて、
「一人でできたよ。」といいお顔だったりと、
一つ一つのできたが、自信につながってきているのを感じ子どもたちの成長が嬉しいです。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 粕渕 享子

 

子どもたちの健康を

新しい年になって早くも1月が終わろとしています。
3学期始業式の週の後半から、発熱で早退する子どもが目立ち始め、翌週にはインフルエンザに罹患した子どもたちが各学年で増えてきて、年長の一クラスが学級閉鎖の措置をとることとなりました。その頃がインフルエンザ罹患数のピークでしたが、先週後半からはインフルエンザでのお休みはなく、今日に至っています。

今回のインフルエンザはほとんどがA型でした。これから、B型も流行ることが予想されます。また、新しいウイルスによる新型肺炎が世間を賑わせています。
これらの感染症は、予防が一番大切ですが、いくら頑張っていても予防しきれないこともあります。

そこで、体調管理に気を配って、特に、罹患したとしても早く回復できるようにまた重症にならないために、免疫力を高めましょう。
そのためには、腸内細菌の善玉菌を増やして腸を健康にすると免疫力が高まり、ウイルスや細菌を体内に侵入させないようにします。また免疫細胞である白血球の働きを活発にすることで、体内に侵入してきたウイルスや細菌を攻撃することができます。
その対策として、日常で出来ることをお伝えします。
・善玉菌の代表である乳酸菌を含む食品(ヨーグルト、チーズ、みそ、納豆など)を積極的に摂る。
・たんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維などをバランスよく摂る。
・平熱を36.0℃以上に保つ。
・ストレスを溜め込まずに、少しずつ発散する。

そして一番大切な手洗いとうがいを忘れずに、規則正しい生活を心がけて、この時期を乗り切りましょう。

by 塩貝 喜代枝

 

表現あそび

毎日表現あそびに夢中の子どもたち!


みんなでお話しに出てくる登場人物や物・自然に変身して
思い切り楽しんでいます


先週までは、

「次は〇〇になってみましょ〜」

「じゃあ今度は〇〇〜」

「今日はお話しのこの部分で遊んでみましょ〜」

などと、子どもの様子に合わせながら

大変身しながら遊んでいました!!!

不思議とセリフや言葉も自由にこの時に出てくるので驚きです


そして今週からは流れを子どもと一緒に作りながら
ストーリを流して遊んでいます。


すると今日こんな事が。


物語の話の中に
お母さんと主人公のやりとりがあるのですが…。


「母さん母さん!」

と呼ばれてお母さん役登場という流れ。


さあ、お母さんなんていって登場する?

と、話し合いの場を設けます。


うーん

と、考える時間はあまり必要なかったらしく。

「はーい!」
「はいはーい!」
「なーにー?」
「どーしたのー?」
「ちょっと待っててー」

と次々と出てきます。


普段お母さんを呼んだときの様子を思い出しながら
こたえてくれる子どもたち


「ちょっと待っててー」
は、思わず笑ってしまいましたが、
生活経験から出てきた発言やナチュラルさが
とっても素敵だなーと思いました。


些細なセリフも子どもたちからの言葉を出来るだけ
引き出しながらストーリーを展開させていきたく
今は話し合いを重ねながら進める取組みを行っています。


どんな言葉(セリフ)でもいいよ!

ではないですが、

その子が考えて発した言葉、
表現している人・物・事に寄り添った思い
経験から出てきた表現、

などを拾い集めながら、深めながら!
すみれ組の創るお話しの世界へとつなげていきたいと思います


ちなみに役も今は日替わりです


やりとりの中で相手役に伝える内容は同じですが
言葉やニュアンスがその子によって違うのが
毎日とっても面白く、おうちの方にはどのパターンを
見て頂こうかと贅沢な気分と悩みを味わっています。


本番の1回がとーっても楽しい!
すみれぐみの『ジャックとまめのき』≫に仕上がるよう
26人で深めていきたいと思います。




ハプニングもあるかもですが・・・
全て含めて・・・おたのしみに

by 王本 陽子

 

アンファンクラス

今日のアンファンクラスでは

ひも通し遊びをしてネックレス作りをしました

毛糸に穴の開いた画用紙やストローを

通していき、みんなとっても集中していました

「トンネルにびゅーん」

「とおったよー!」

「ママはこの色が好きなの」など話しながら取り組む姿は

とってもかわいかったです

完成したあとは身に着けて

みんな大喜びでした

外遊びでは友だちを誘って遊ぶ姿が多く見られ

聞いていても思わずほっこりする会話をされています

「アイス買いにきました」
「このアイスはバニラ味です」

「このアイスはアナとエルサとオラフです」

「はい、じゃあアナください」

「はいどうぞ」

「入ってないですけどー!」

「わっはっはははは!!」と大笑い

みんなでいることや、会話をすることに

居心地のよさを感じはじめている今の時間を

大切に見守っていきたいです

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 北村 晴香

 

ついにツイッターまで

 Twitterを開設しました!

 @seibokinder

  Instagram やFacebookは、投稿後に編集し直すこともできますが、Twitterの投稿済みツイートは後から編集できません。これが怖くてなかなか手を出していませんでしたが、Instagramよりも利用されている方も多いと思い、幼稚園の「今」をお伝えする手段の一つとして活用していきたいと思います。

 #follomejp

by 田中 圭祐

 

ファミーユクラス

今日もファミーユクラスのお友だちが元気に遊びにきてくれました。
 
身支度を済ませると、好きな遊びを楽しみます

ゆったりとした時間のなかで思い思いにおままごとや、おはじきうつし、ひもとおしなどなどに取り組んでいました。

お片付けをすると、椅子を自分で運んできてすわって、おいのりをしたり、手遊びもしましたね。
先生をじっと見て真似をしたり、お歌もかわいい声が聞こえてきました。

そして、今日は節分を前に鬼のお面をつくりました。

「わたしは、赤鬼さん」

「わたしは、みどりがいい」

「角は2本」

と自分で色も選んでつくりました。


鬼の髪の毛を絵の具のたんぽでで「ぽんぽん」したり、クレパスで顔もかきました。

「ぐるぐる」目を描いたり、眉毛を描くとちょっと強そうな鬼になったり、などなど。


お面に仕上げると早速かぶって嬉しそう。

またお家の豆まきで使ってくださいね。


そして、大好きなお庭へ出発。

春から、入園するお姉さんたちは、お庭に出る前に幼稚園のおトイレにも行けました

来週から、2回ファミーユはお休みですが、体調に気を付けておすごしくださいね。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 粕渕 享子

 

黒い忍者の服…!?

たんぽぽの教室にありさんがやってきました
虫カゴの中をジーッと覗きこむ子どもたち。
すると…
「ありさんて、黒い忍者の服着てはるんやなあ」
黒い忍者の服…
か、か、かわいいと思いながら見ていると、また別の声が。
「なんか持ってる!運んではるんちゃう!?」
「先生ちょっとビスケット入れてみてくれへん?」
「園長先生に粉もらったらいいやん。なんでも持ってはるしな」
「あ〜園長先生になりたいなあ!だって、マリオとお友だちやし、なんでも持ってるし」
アリを見ながら大盛り上がり
なるほど〜と感心したり、ぷぷぷっと笑ってしまったり、日常の子どもたちの話が面白くて大好きです。

発表会に向けて、大道具作りが始まりました
出来上がったものを、大事に大事にしながらも、
毎日のように遊んでいます
「こうしてみよう!!」「あっちに置いてみよっか!」と、
どんどん大道具を動す子どもたち
大きな笑い声が響いています。
たくさん表現あそびを交えながら、
たんぽぽ組らしいお話ができあがるといいなあと思っています。

画像

画像

画像

画像

画像

by 倉畑 歩美

 

アンファンクラス

今日のアンファンクラスでは鬼のお面の続きを

しました

顔に目や口を描いて強い、かっこいい鬼さんが

できあがりました

みんな鬼のイメージがあるようで目を鋭く描く子や

口にきばを描く子など、一人一人違って素敵なお面ができあがり

子どもたちも大喜びでした

できたお面を顔に当てて「うおーーーーー

と叫びあって大笑い

また持ち帰りまで楽しみにしていてくださいね


外遊びでは水たまりができている所に

友だちがはまらないようにと、砂を運んで

埋めてくれたり

友だち同士で会話をしながら砂場でごちそうを

作っていました

「〇〇くん何つくってるのー?」
「ごはん作ってるー」
「じゃあ僕も手伝おっかな」
「うん、いいよー。」
「どこで食べる?おうちに行く?」
「おうちにいこいこ」

会話を聞いていても、とってもかわいいです

寒くても元気にサッカーボールを蹴って

シュートを決める姿も

それぞれ楽しみを持ちながら遊ぶ姿が

たくさん見られています

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 北村 晴香

 

アンファンクラス

今日は雨の一日になり、教室で沢山あそびました。

アンファンクラスでは、「雪のこぼうず」や、「こんこんくしゃん」「まめまき」などの歌を歌っています。

あそびながらや、トイレにいくときなどに、

「おにはそとふくわうちぱらっぱらっぱらっ、まめのおと鬼はこっそりにげていく」と口ずさむかわいい姿が見られます。

「まだ、歌いだして、3回目」と担任2人で顔を見合わせ、覚えるのが早くなって、お歌が大好きになってきてくれてるのを感じました。


また今日は、節分を前にして「おにのお面」をつくりました。
 
絵の具の色や、鬼の顔の色も「赤がいい」「私は、みどり」「僕は、青色」と自分で選び、タンポで、絵の具をポンポンとスタンプしました。
角に模様も書いて、次回、鬼のお顔に仕上げたいとおもいます。


そのあと、スモックを脱いでたたんだのですが、
ちいさい手で一生懸命自分でたたんだり、  
「どうやってするの」
とききながら、一緒にしたりとできることがふえて大きくなってきたのを感じます。

また、毎日の生活の中で、
「やってみよう」
「できた」を積み重ねて行きたいです。

そのあと、風船でも遊んでいっぱい楽しんだ様子のこどもたちでした。
また、明日も元気に来てくださいね

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 粕渕 享子

 

幸せになる方法

  昨日の日曜日は世界こども助け合いの日。カトリック教会では世界中の子どもたちのためにお祈りと献金をお捧げしました。幼稚園でもカードと募金袋をお渡し、ご協力をお願いしていますが、先日こんなことがありました。


 降園時エントランスで年少組の男の子が、ドアの方を指差して
「先生。あれ知ってる?」
「う…、うん…?」

私はその男の子が何を指差しているのか良くわからなかったので、曖昧な返事をしてしまいました。

「ぼくはジュース我慢してんねん。」

よく見ると、その男の子が指差していたのは世界こども助け合いの日のポスターでした。

「そう。偉いね。」
「お金が貯まったら袋に入れて持ってくるしな。ご飯食べられへん子にあげて。」
「うん。わかった。ありがとう!」 


 温かい思いに心が洗われました。ご家庭での取り組みにも感謝です。 



自分が幸せになるためにはどうしたら良いか知ってる?
隣の人を幸せにすること。
隣の人が悲しんでるのに自分だけ幸せにはなれないよね。
隣の人が幸せになったら、その隣の人も幸せにしたいと思うし、
そうしたらその隣の人も幸せになって、その隣の隣の人も…。
みんながそう思ったら世界中の人が幸せになるね。 


 世界こども助け合いの日の献金のご協力をどうぞよろしくおねがいいたします。
 

by 中村雅子

 

世界こども助け合いの日

子どもたちへのメッセージ
 くるしんでいる「わたしのお友だち」のために

 みんなには何人のお友だちがいますか?家のまわりに、ようちえんに、外国にお友だちがいる子もいるかもしれませんね。

 ただ、君たちのお友だちはそれだけではありません。お空を見上げてください。神さまがおられます。神さまのおられる大空は、私たちのくらしているこの地球を、スッポリつつんでいます。私たちが見えない地球のうらがわの子どもたちも、きっと神さまを見上げています。

 そのお友だちの中には、食べものがなくて、家がなくて、お父さんお母さんがいなくて、くるしんでいる子がたくさんいまs。今このとき、泣きながら神さまを見上げている子もいることでしょう。

 みんなはいま、うれしいことがあるでしょうか?きょうは何か楽しいことが待っていますか?

 みんなにおねがいです。きょうのみんなのえがおを、たのしみを、くるしんでいるお友だちに分けてあげてくれませんか?

 みんなの持っているおこづかいの中から少し、その子のために「けんきん」してもらえませんか?

 天の神さまにお祈りしてみましょう。「神さま、いま、わたしのお友だちはわらっていますか?それともないていますか?わたしが世界中のお友だちと、いっしょにわらい、いっしょになける人になれますように」

 東京教区 林 正人神父様のことば より

画像

by 田中 圭祐

 

うわー!楽しそう!(^^)!

新しい『KUMINO』という名前の積み木が

幼稚園に新しく仲間入りしました

このKUMINOの積み木はでこぼこ凸凹していて

つんだり くんだり かんだりでき、いろいろな遊び方

で楽しめるようです。また、森の木からできているので

いい香りがします

積み木を見た瞬間

「あっこの積み木遊んだことあるー」

「やりたいやりたーい!」

「うわー楽しそう(^^)」と興味いっぱいの様子

資料を見ながら初めは一人で遊ぶ子どもたち。

触ってみて・組み立ててみて・・遊び方はいろいろ。

次第に友だちが集まってきて

自然と一緒に遊ぶようになり

「ここ持って〜壁になるし」

「もうすぐ完成やでー!」とおうちを作っています

慣れてきたら資料を見ずに自分で考えて作る子どもたち。

「こんな形になったー!」

「なんか神社の鳥居みたいー

長くつなげて遊んだり、形にして遊んだり・・

楽しみ方がいろいろで、どんどん遊びが深まるなと

感じました

遊んだあとは『おかたづけ』

四角になるように片づけると箱に入ることを学び

きれいに片づけられました

「うわー楽しそう(^^)」と興味が出るような遊びの

環境をこれからも考えていきたいな

と感じました

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 北村 晴香

 

アンファンクラス

  今日も、アンファンクラスのお友だちが、元気に幼稚園に来てくれました

上靴に履き替えて、サササッと・・準備を頑張ってくれています

出席カードのシールも、見本のシールを見ながら、

「今日は・・ここ?」
「2と4のとこやなぁ〜!!」・・と言いながら貼ってくれていますよ

そして、今日は、先日に絵の具で描いた雪だるまの絵に、お顔や、帽子や、ボタンなど・・模様を描いてあげて、ニッコリかわいい雪だるまさんが出来上がりました

出来上がった絵を、メザミの教室の入口に貼ってありますのでまた見てあげてくださいね

そして、みんなで粘土遊びをしました

コロコロ丸めたり・・伸ばしたり・・
動物や乗り物やおかずを作ったり・・以前よりも根気良く、黙々と楽しそうに、遊んでいる姿がとっても可愛かったです

そして今日は雨も上がり、園庭で遊べました

お外に出るといつもの園庭なのにいつも「うわぁ〜!!たのし〜!!」・・と言って大喜びしてくれるお友だち

今日もみんなで楽しく元気に過ごせて良かったね

また来週も、みんなの可愛い笑顔をい〜っぱい見せてくださいね

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 上村 紗希

 

即物表現パート2

先日、ひょんなことから

身体表現を年少組とすることができ、

これが年長ならどうなるんだろう?と

教育的興味が湧き上がり、

あるクラスに頼んで時間をもらいました。
 
半ばゲリラライブで年長児は何々?と不思議そう。
 
風船を見せるとパァッと満面の笑顔。

これは年少と同じ反応。しかし、2年の生活経験は大きく、

風船を膨らますと「割れる」を知っているので

「もうそれくらいにしとかな」「まだまだいける、

もうちょっと」といいつつ耳を塞ぐ子どもたち。 

色々な言葉の反応が返ってきました。 

風船を渡すとダイナミックに追いかけ、争奪、

打ち合いのゲームに発展。 

表現をすると年少は風船の膨らみは

上に延び上がることで大きさを表現。
 
年長は背中、腕、肘、膝を曲げ、足の外側を使って

丸さと横幅を表現。 

大きくなると見た目の概念が働くが、それを表現するために

自らの身体を駆使して思いを表現しようとしていました。 

布を使っての表現は、年長は

「魔法のハンカチだよ!むくむく膨れ上がるよー!ほら!」と

誘導しても???あまり反応なし。

それどころかポケットから自分のハンカチを出して

くちゃくちゃに丸めて膨らまないのを確かめて

「ほんまや膨らまんわ」とつぶやく。

(う〜ん、こんなことでは心は動かないか)

一人ひとりに布を渡して自由に遊んでみるうちに、

フワフワと落ちていく様子をじっと見たり、

落ちた布の形に注目する子どもたち。
表現してみると、指先や腕、身体をしなやかにくねらせて

薄い布がゆっくり落ちていくさまやふんわりとしたさまを

表現していました。

「見てみて!僕の、私の布はこんなの!」のアピールも全身で

年少組はみんなと一緒に身体を動かし

同じことをすることや、楽しさを共感することを喜び

年長は、自分が見て思った、人とは違う自分なりの布の形を

表現すること
を楽しんでいました。
今まで同じ題材で学年の感じ方の違いを

見ることはなかったので
「みんな違ってみんないい。う〜ん実におもしろい!」
どこかで聞いたせりふですが、その言葉につきました。
 
現在は、各クラスでは、お話遊びが始まり、

表現から劇遊びに発展させています。
一年の集大成で、担任とクラスの友だちと心を通わせて

そのクラス独自の劇をつくりあげていく過程を楽しんでいます。

心も身体も弾ませて楽しい思い出をつくってほしいと思います。

by 岡林 由希子

 

つめたいひとは・・

「つめたいひとは、つめたいひと」なんですって・・・ ご存じでしたか?

 いよいよ頭がオカシくなったのではありません。
 購読しているメルマガで面白い記事を発見したのでご紹介します。

 いわく「ココロが冷たく感じられる人は、何でも詰めたい人」なんじゃないかというのです。

 かばんの中に荷物を押し込んだり、机や押入れ、冷蔵庫がパンパンだったり、アタマに知識を詰め込むのに躍起になっていたり・・・・

 そういう「詰めたい」人は、余裕が無いので周りの人に対しても思いやりを失ってしまって
 「冷たい人」に思われてしまうのでは?と・・・

 つまり「詰めたい人は、冷たい人」ということですな、という記事でした。さらに、

 時間にしても、物理的な空間にしても、あるいは精神的な余裕にしても、詰まりすぎて息苦しくなると、人に手を差し伸べる余裕なんて無くなりますし、
 逆に、人からの厚意を受け取る余地も無くなってしまいますよね、とのこと<引用終わり>

 かくいう私も「詰めたい人」ですから、身の引き締まる思いであります。

 旅行に行っても、部屋でボーっとするとかあり得ない!と思っちゃうタイプで、他人から見れば面倒くさい人間でしょうな。

 とはいえ、空白があれば埋めたくなるのは、脳機能の1つの特徴だと習った気もしますが・・どうなんでしょう?言い訳がましい?

 とにもかくにも【詰めスギない】ことを意識してみようと思います。

 若い頃は、詰めの甘いタイプとよく言われた気もしますが・・皆さんはいかがでしょう?
 詰める派?詰められる派?つめたくない派?

by 田中 圭祐

 

クイズに挑戦!!

最近また、寒さが厳しくなってきましたね
毎朝、バスに乗っていますが、
保護者の方とお子様が肩をすくめて待ってくださっています。
いつもいつも寒い中ありがとうございます。
 
今回はバスのでの過ごし方をお伝えしようと思います
 
最近、バスの中では専ら クイズ大会です
バスに乗ると、「先生!クイズしようよ!!」と楽しみにしているお友だちも!
 
そんなクイズをこのブログに書かせて頂こうと思います。

ぜひお子様と考えてみて下さいね。

答えは下の方に書かせて頂きます。
 
?    持つだけで手が震えてしまう家具ってなーんだ?
 
?    ひっくり返るとかるくなる動物なーんだ?
 
?    カメラの中にいる動物は?
 
?    飲むと怒られるジュースって?
 
?    朝になると吠える花ってどんな花?
 
?    とってもおいしいのに「くさい!」と言われる野菜はなあに?
 
?    黙っていてもおしゃべりと言われる乗り物ってなーんだ?
 
?    かっこわるい人が食べても「ステキ!」というお肉ってなーんだ?
 
?    9匹のトラが乗っている乗り物は?
 
?    “うま”と“うし”がレストランを開いたよ。美味しさの勝負でどっちが勝ったでしょう?
 
正解は、、、
?    テーブル(手―ブルッ)
?    イルカ(反対から読むと“カルイ”)
?    カメ(“カメ”ラ)
?    コーラ
?    あさがお(朝、ガオー)
?    はくさい(“くさい”とつくから)
?    シャベルカー(“しゃべる”カー)
?    ステーキ
?    トラック(トラッ9“ク”)
?    うま(うま勝った)

何問分かりましたか?

子どもたちのヒラメキには毎回驚かされています!!

by 藤原 彰美

 

アンファンクラス

今日のアンファンクラスでは運動遊びをしました

フープでケンパができるように1つ2つと順番に並べていき

両足でグー、パーをして遊びました

みんなしっかり両足を使ってジャンプできました

また、大きい積み木を重ねた上にマットを敷き

山を作ってその上を登ったり下りたりして遊びました

1番上まで登れたらポーズ

高いところでも怖がることなくかわいい、かっこいいポーズを

見せてくれていました

特にみんながお気に入りだったのが山を下りるところで

初めは滑り台のようにおしりをついて滑っていたのが

慣れてきたら頭から滑ったり横から割り込もうとしたり

自由に楽しむ姿が見られ、私たちも大笑いで

楽しんでいました

日に日に動きも活発になって、たくましくなってきている

アンファンクラスのみんな

また会えることを楽しみにしています

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 北村 晴香

 

ファミーユクラス

今日はとっても良いお天気の日になりました。

「おはようございまーす。」とにっこりしながらご挨拶してくれる姿から、楽しみに来てくれた様子が伝わってきました。

今日は、ピアノのリズムに合わせてお部屋の中をランニングをしたり、「ストップ」の声掛けで、ストップしたりしてあそびました。


体を動かすと心もはずんでくる様子。

みんな、とってもいい表情でたのしみました。

ストップした時の動きも、いろいろ思いつく様子で、

「次はこんなの」と大きく手や足をひろげてとまったり

目のお隣に眼鏡をつっくたポーズにしてみたり、足も手もピンとますぐにしてみたりなどなど。


「ぴょんぴょんしたい」の声もあったりし、体を動かすのが楽しい様子のこどもたちでした。


そのあとは、絵の具で雪だるまを描きました。

筆の使い方もしっかり聞いて、黙々と取り組んでいたこどもたち。

絵の具と筆の感触が楽しい様子で、ぬりひろげたり、てんてんと描いたり、、、。

「もっとする」ともう一枚描いている姿もありました。


そのあとは、大好きなお庭へ出発

お砂場では、年長組のおにいさん、お姉さんと一緒に遊んだりもできてもっともっと遊びたい様子のこどもたちでした。


また、来週も元気に遊びにきたくださいね。

まっています。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 粕渕 享子

 

頂上見せてあげよう

 頂上を「てっぺん」と読みましたか?

漢字テストに出たら思わず〇をつけてしまいそうになる今日この頃。
 久しぶりのブログであります。

 21Lessonsという衝撃的な本を使っての開運くじ引きで始まった2020年の仕事初めから、あっという間に2月の声が聞こえてきそうです。

 21日をまたいで1月22日になりました。時代の変革期には、いつの時代もヒーローが現れるものです。坂本龍馬に、西郷隆盛、・・・・・・・。

 VUCAと呼ばれる今の時代は、変動的で、不確実なうえに、複雑で曖昧といわれています。この時代の波を乗りこなしていく子どもたち。可能性に満ちたこの子たちに何を教えられるだろう?教えてもらうのはむしろ時代遅れにならぬよう必死な私たち大人かもしれません。

 ワクワクするように、やりたいことが次々に沸いてくるけれど、突きつけられた理想とREALのギャップからも目を背けることなく・・Strong will never get ill. 2020年の前半は、苦労して苦労してそれでもなかなか報われない日々の繰り返しという星の配置だそうです。

 一人では難しいことも、1+1=2以上になる職員チームを目指して
 ♪進化してゆけ We are・・・♪ 

画像

画像

by 田中 圭祐

 

令和 な?ごっこ遊び

今日と明日、二日間に分かれ年少組は書道があります。

ひまわり組は本日でした。

久しぶりの書道でしたが、みんな前回何を書いたか、何のお話を聞いたか等、とっても良く覚えていました

何よりも先生のお話を聞く姿勢に驚かされてしまいました

しっかり前を向き、集中している様子。

ここで集中しすぎてお昼前には
「今日は疲れた〜」
「何か分かんないけどヘトヘト」

なんて声もありました。
幼児の疲労は体力消費だけではない一日でした。

集中している、と言っても緊張しているわけではなく、笑顔あり、笑いあり、ダイナミックあり(!?)のとても楽しい書道体験になりました


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日の話ですが
かけっこやゴッコ遊びで賑わう園庭の真ん中にじーっと立っているお友だちが一人。

(何しているのかな?)と思って様子を見ていると フ と何かに何かに気付き

「先生、上!上見て〜」

と駆け寄って来てくれました。

「どうしたの?」

と言いながら上を見ると良い天気の青い空が広がっています。

「良いお天気だね」

「違う〜!ほら、やっぱり飛行機!!」

・・・・。
よぉぉ〜く目を凝らしてみると、確かに飛行機が(画像は最大限にズームしています)

なるほど、何気なく見上げた空に飛行機らしき物を発見し、近くで見えるまで
(と言っても遠いですが)観察していたんでしょう
「飛行機だよ」  ではな   く『やっぱり飛行機』 

と言う言葉は

飛行機 『かもしれない』 気付きに対し、かもしれないを追及したからこそ = 『やっぱり』

になると思いました

「先生、遊ぼっ!撮って撮って」

ということで撮影すると

「違う!先生は僕の飛行機より背が高いから、上から飛行機を撮るドローンでしょ!ちゃんとドローンになって!」

とのこと。

(はいは〜い、ドローンね)

ん?・・・・。
ドローン  に  なる


人生で飛行機や電車、動物草木花に『ごっこ』でなったことはありますが、未だかつて『ドローン』になった体験はなく

実物も見たことがないので、見本を見せてもらいました

それと同時に、昭和な私の時代にあって当たり前だったものは徐々になくなって行き、平成・令和を生きるみんなにはドローンをはじめ色んな物があって当たり前なんだなぁ・・・。。

と、園庭遊びでしみじみ感じてしましました

クラスでも表現遊びは生き物が中心でしたが、折角表現遊びに子ども達が夢中なのでドローンや電車に機械等、何でもなりきってみて貰うのも面白そうなのでひそかに計画中です

画像

集中しています。

画像

お顔に付いちゃっても楽しいワイルドさ

画像

飛行機、見えますか?

画像

ズームした飛行機です

画像

ドローン(お手本)ありがとう

by 溝口 薫

 

即物表現パート1

先日、年少組にお手伝いに入る機会があり、

即物表現をしてみました。 

対象になる物を見て、触って、関わって感じたことを

身体で表現する遊びです。 

先ずは風船 

風船を見たとたん、子どもの表情はパァッと

明るくなり、ワクワク。 

膨らむ様子、飛んで行く様子、萎む様子、

たまたま割れたので割れた様子を嬉々として

身体で表現していました。 

また、化繊の薄い布でも表現してみました。 

ぎゅっと握ってもムクムク膨れ上がる様やフワフワと

空気に舞う布にワァッと驚き、嬉しそう。好きに投げたり

広げて遊び、身体のあちこちを使ってキャッチし、

化繊の布の特性を体感してから表現。 

思い思いに感じた布の感触を身体で表現しました。 

感じたことを全身で表現する様子を見て心も身体も

弾むとはこういうことなんだなと思いました。 

終わったときには「あ〜面白かった!またしてな!」 

と次の予約が入りました。 

終わって部屋を出ると隣のクラスの子どもたちが

駆け寄ってきて

「僕らも風船遊びさし()てください!」と

オファーがありました。 

そこで、年少4クラスを順に廻ることになり、

4クラス4様の表現をみせてくれました。

ある子は、ぷうっとほっぺを膨らませ自分の中身に

空気を取り込んでいる表現をしていました。

こんなに喜んでくれるなんてと見ていてこちらも

嬉しくなりました。 

私を見ると「また風船あそびしてね!」と

催促の声をかけてくれます。

違う題材を研究しなければと意欲を掻き立てられます。

画像

ほら!口をみて!

画像

だんだん膨らんでいきますよ

画像

大きく大きくなっていきます

画像

縦に大きくなっています

画像

わぁ!ふわふわだ!とても良い笑顔

画像

透けて見えるよ

画像

丸めたハンカチがピーン!皆もピーン!

by 岡林 由希子

 

アンファンクラス

今日も、アンファンのみんなは、元気いっぱいあそびました。

絵の具あそびは何度か体験していますが、今日は初め筆を使って絵を描きました。
     

「白くて、お空から降ってくる冷たいものはなーに?」

「ゆき」

「じゃ、その雪をまるめてころがして、作るものなーに?」

「うーんと、ゆきだるま」


とすぐにわかったこどもたち。


紺の画用紙に、絵の具で雪だるまをかいたのですが、よーくお話を聞いていた子どもたちは、ちゃんと筆の絵の具をカップの渕でしごいていてびっくりしました。


筆でまーるく塗りひろげ、くるくる描いて、ふたーつつみあげたり、中には三つつみあげたり。


「大きいのの次は、小さいの。」と描いたり

「雪もふってきたよ。」とてんてんと、雪を描き加えたり。     

手や、ボタンをかいたりなどなど。


みんなそれぞれに自分の思いで雪だるまを、集中して描いていました。

また今度クレパスで書き加えて、壁面に飾ろうと思っています。

楽しみにしていてくださいね。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 粕渕 享子

 

もっと掘るぞー(^○^)!!

最近、園庭遊びにいくとお友だちを誘い合って砂場にいくことが増えてきました

ちいさな山、だんだんと大きな山になっていき、

「ここにトンネルとおそっか!」と言うお友だちもいて遊び方はさまざまです。

するとひとつのグループが「ここに落とし穴つくろう!」と言い出し

せっせと穴を掘り始めました

結構深く掘れてきたくらいでみんながコソコソとなにかを話し始めます

「せんせい、こっちきたらあかんで!」

「目とじて、ここで立ってて!」と少し離れたところで立って待っていました

「せんせいー!!そのまま目閉じてこの道歩いてきてー!」

女の子ふたりに手を繋いでもらい、歩いていくと・・・

ズルっ。

きく組のお友だちが協力してつくった落とし穴にすっぽりハマって砂だらけ

そのあとはいろんなお友だちに手を引かれ上にあがり何度も同じことをくりかえし、

子どもたちと一緒に砂まみれになって遊びました

楽しくて笑い転げて楽しい時間が過ごせました

3学期がはじまって3週目。あっという間に過ぎていく毎日を

子どもたちと大切に過ごしていきたいと思います

画像

画像

画像

by 前田 杏奈

 

表現遊び♪

いろいろな表現遊びをしているこすもす組

今までは【うさぎ】や【くま】など

知っている動物になりきっていましたが、

以前岡林先生が風船を持っていることに気付いた子どもたち

「こすもす組もやってほしいなあ」

「今、言ったら来てくれるんちゃう?」

と言って、岡林先生にお願いしていました


風船が膨らんでいく様子や空気が抜けていく様子、

空気が抜けて風船が飛んでいく様子などをしっかり見た後は

自分たちでも表現

小さくなった風船からどんどん膨らんでいったり、

空気が抜けていろんなところに飛んでいったり・・・

飛んで行った先は、最初は教室の中でしたが

どんどん想像が膨らみ、海だったり、お花の中だったり、

自分の家だったりさまざま

風船の後は、魔法の布を使って表現をしたりしました

見たものをすぐ表現する子どもたちはとっても楽しそう


院内散歩から帰ってくると・・・

「今日の風はひゅーひゅーって強かったね!」

「葉っぱがいっぱい動いてたね!」

と言っていたので、表現あそびチャンス

落ち葉になりきる子や風になりきる子など

役割になりきって楽しんでいました


いよいよ今日からお遊戯室での練習がスタート

初日の今日は、お遊戯室の使い方を伝えて、

少しだけ表現あそびをしました

これから子どもたちと一緒に表現あそびを楽しみながら

生活発表会に向け、お話をつくっていきたいと思います

by 佐々木 亜里沙

 

アンファンクラス

アンファンクラスのみんなは今日も元気いっぱいで

きてくれました

教室で歌っている1月のうたで『コンコンクシャンのうた』は
とくにみんなお気に入りで、出てくる動物さんになりきって

身体をつかって表現しながら歌うことを楽しんでいます

先日はさみで切った紙を画用紙にのりで貼って遊びました

「ぺったん、ぺったん」と言いながら貼ったり

自分なりに色合いを考えながら、作る姿も見られ

1人1人違った素敵な作品になりました

また持ち帰りまで楽しみにしていてくださいね

外遊びでは砂場にいくと大きな穴ができていて

みんなも大喜びで穴に入ったり、スコップで掘ったりして

「工事中〜」と楽しみながら遊んでいました

大きい穴を見たら、さらに大きく作ろうと思ったみたいで

ショベルを持ってくるところが、すごいなーよく観察してるなと

感じました

寒い日が続きますが、体に気を付けて

よい週末をお過ごしください

また来週お会いできることを楽しみにしています

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 北村 晴香

 

色あつめ♪

今日のもも組のお友だちは朝から
なんだか嬉しそう…

理由は、晴れたら行こうねと言っていた
【色集め】のおさんぽの日だからです


前日に伝えた時の子どもたちの
目の輝きは忘れられません…笑
キラッキラの眼差しで担任を見つめます
晴れるようにとお祈りもしました。

お祈りが神様に届いたようでいい天気に恵まれ、
おさんぽにしゅっぱ〜つ

色集めというのは、先日「フレデリック」の
絵本を読んで、目に見えなくても想像することの
大切さを子どもたちに伝えました。
その時、「〇〇もやってみたい
と興味をもった子どもたちから声が…

おさんぽに行って想像で色を集める…
難しそうですが子どもたちは楽しみで
仕方がない様子でした


今幼稚園の周りには、葉っぱの落ちた木や、
枯れてしまった草など冬の姿に変わった植物が
たくさんあります

その木は、夏はどんな葉っぱをつけていたかな
秋にはどんな色だったかな

春のお空はどんな色だったかな

目を閉じ、頭の中でイメージをしました
ギュッと目を閉じ、
「(秋の木は)赤色だった
「じゃあ思い出してみるわ
「(空の色は)もっと青かった〜

おさんぽ中、楽しそうな声がたくさん
聞こえてきました


みんなで楽しくおさんぽができ、
子どもたちも満足な様子でした
子どもたちと話し合って見つけた色を
紹介したいなと思います

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 熊谷 恵里

 

アンファンクラス

アンファンクラスのお友だちが、今日は全員そろうことができました。
  

一緒に本を見たり、
 
 「いらっしゃいませ  」
「ポテト、いかがですか?」とお店屋さんをしたり

お友だちと遊ぶのが楽しい様子


今日は、ピアノのリズムに合わせて、走ったりストップしたり、動物になったりして遊びました


ストップした時に、ロケットになったり、両手を広げてお星さまになったりなどなど


色んなポーズを体いっぱいでしていた子どもたち。

そのあと「おおかみさん、今何時」ごっこをしたのですが、

「今、6時」
「あーよかった」のやり取りも楽しかった様子。

「今、3時」「ガオー」
「きゃー」「わー」と逃げて隠れるのがとっても早くてびっくり

先生といっしょにオオカミ役をした子もありました。


また、みんなで、色んな遊びを楽しみたいと思います。  

暖冬と思っていたこの冬もだんだん寒い日が続くようになってきました。
風邪をひかないように気を付けてくださいね 

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 粕渕 享子

 

絵馬

3学期が始まって1週間。

もちもちの木の絵を描いたり、表現遊びをしたり

書道体験、お誕生会など盛りだくさんの毎日!!

プラスうめ組はクラスで絵馬を作りました


「どんなお願いごと書くの〜」と担任が聞くと

「内緒〜書いてからのお楽しみ!!」と一言

みんなスラスラとお願いごとを書いていて

書き終わったお友だちと見せ合いっこ

「みんなの願いがかないますように!」

「なわとび・サッカーが上手になりますように!」

「いつまでも元気でいられますように!」

「みんなが風邪ひきませんように!」

「お勉強がんばれますように!」など

さまざまなお願いごとを書いて

絵馬の後ろには今年の干支のねずみを書き

まわりをコラージュしました!

とっても素敵な絵馬が出来上がり

自画自賛の子どもたちです

子どもたちの思いが神様に届きますように・・・


教室に飾ってあるのでぜひまたご覧ください!

by 浦川 朋美

 

アンファンクラス

今日は、アンファン週5クラスのお友だちが、来てくれました

今日は、新聞遊びをしました

新聞を広げて、上に立ち・・

次は、半分に折って・・乗って・・

を、繰り返し、小さくなった新聞紙に「無理や〜!!」
「落ちる〜!」と、賑やかに遊びました

そして新聞の上で、片足を上げて「片足上げて〜両手広げて〜!」
と、みんなでバランスを取っていました!!
みんなすごく上手で、一生懸命頑張ってくれていました

そのあとは、手でビリビリ破いてシッポー!!と言っておしりに挟んで遊んだり、丸めてボールを作ったりしました

今日は体調が優れずお休みしたお友だちの為、クラスのみんなで、「早く元気になりますように・・」とお祈りしました

みなさんも体調に気を付けてくださいね

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 上村 紗希

 

3学期もワクワク♪

3学期が始まり、ちゅうりっぷ組の教室にもにぎやかな声がもどってきました。

新しいエッセイズへの挑戦や、お友だちとのかかわり


中でも遊びに関してのやり取りがとても増えていて、
「じゃあ、順番でしよう」「つぎはこうやってやろ!」
そんな声が多く聞こえてきます。

園庭遊びもとてもイキイキ。
元気いっぱいです


「明日もあさってもようちえん、ある?」という問いに

「もちろん、あるよ!みんなでこんなことやあんなことしたいな〜って思ってるよ!」と担任が伝えると、ニンマリ そして、期待感からのワクワク

嬉しそうに微笑みあう子どもたちの姿に、担任もいっしょにワクワクしつつ、一層気が引きしまる思いです

一日いちにちを大切に、過ごしていきたいと思います

3学期もどうぞ宜しくお願いいたします。

画像

前よ〜し!後ろよ〜し!

画像

電車運転士のふたり

画像

どうやってあそぼうか

画像

もう一本もってきたで!

画像

整理整頓

画像

ドミノもきれいに並べて片付けます

画像

手洗いをしっかり

画像

うがいも念入りです

by 村井 愛子

 

アンファンクラス

 今日は、アンファン火・金クラスのお友だちが、今学期初めて登園してきてくれました。

今日は、週5クラスのお友だちと一緒だったので、とっても賑やかに、1日を過ごしました

少し不安そうなお友だちもいましたが、遊んでいるうちに、ニコニコ笑顔を見せてくれてこちらも安心しました

今日は、凧上げの凧を作りました

ペンとシールを使って、自分で好きな絵を描いたり貼ったり・・

可愛く仕上がりました

そして、外へ出てみんなで凧上げをしました

みんな大喜びで「うわ〜すご〜い!!」
「おもしろ〜い!!」・・と楽しんでいました。

今は、なかなかお外で凧上げをしている方を見かけませんが、お正月遊びとして、アンファンクラスのみんなと凧上げが出来て嬉しかったです!!

今日は、お昼間はお日様が出ていて少しあたたかくて、気持ち良かったので、凧上げをした後も、園庭でいっぱいみんなで遊びました


風邪や、インフルエンザが流行る季節ですので、体調には気を付けて、楽しい連休をお過ごしください


また、連休明けにみんなに会えるのを楽しみにしています

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 上村 紗希

 

預かり保育

預かり保育では異年齢の子どもたちと一緒に

好きな遊びをしています

こま遊びでは手の力を使って少しずつ回せるようになり

「せんせーい!見て!めっちゃ速いで〜」

「ぼくと勝負しよ!!」と友だち同士で声を掛け合って回すことを

喜んでいます

みんなとっても頑張り屋さんで何回も練習しています

あやとり遊びでは初めは難しくてできなかったお友だちも

一緒にすることでできるようになってきました

やり出すとどんどん楽しくなるあやとりの
魅力を子どもたちにも伝わればいいなと思っています

ままごと遊びでは新しくなったキッチンがお気に入りで
友だちと一緒におかあさんごっこや
お店屋さんごっこをして楽しんでいます

「わたし作るね〜」

「ハンバーグのできあがり」

「つぎは何作る〜?」

声を掛け合いながらごっこ遊びを楽しんでいます

できあがったごちそうをみんなで「いただきます」と

喜んで食べました

異年齢の友だちがたくさん集まり、いろいろな遊びを
楽しんで過ごせる預かり保育が
子どもたちにとって居心地のいい場所になれるようにと思っています

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 北村 晴香

 

3学期が始まりました!!

3学期が始まって、まだ数日ですが、いろいろなことに取り組んでいます

園庭遊びでは、朝の雨のせいで遊具がぬれている事に

気付いた子どもたちが「先生、すべり台とかぬれてるけど、ふく?」

と言いに来てくれました。

お願いすると、ぞうきん片手に

鉄棒、すべり台、うんていと丁寧にふいていってくれます。


使っているぞうきんがびちょびちょにぬれてしまうと、また、新しいぞうきんを借りてき

てふきつづける子どもたちに

「遊ぶ時間少なくなっちゃうから、

後は先生がふくね」と言っても

「ふくの楽しい」と子どもたちにとっては

楽しい遊びのひとつになっていたようです。

ふき終わったときには、心もすっきり嬉しそうな表情を見せてくれました。


また、12月に植えたチューリップの球根。

ほんの少しかわいい芽が顔を出し始めました。

水やりはお当番の子どもたちのお仕事です。

今日は、水やりをしようと準備をした途端、突然の雨が

「雨が降ってきたし今日は水やりしなくても大丈夫かな」と言うと

「えーやりたい」

「でも、雨降ってるよ・・・」

「だって、お当番やし・・・」自分たちの植えた大切なチューリップ。

お世話をしたくて仕方がない様子です。



教室では、かるた作りもしています。

何を描くかは自由なので、どんな絵を描こうか頭を悩ませている

子どもたちもいますが、冬休みに楽しかった事を絵にしたり、

自分の好きな事を絵にしたり、お友だちとの事を絵にしたり・・・

楽しいかるたができそうです

by 坂根 有紀

 

ありさん、でてこ〜い!!

春や夏の間は、園庭で遊んでいると、
子どもたちが大好きなアリさんがたくさんいたので
「いた!ほらここっアリさんいっぱいやで」と
嬉しそうに教えてくれていました。


でも季節が変わり、寒くなるとアリさんたちの姿を見かけなくなったので
「なあ〜アリさんってどこに行ったんやろな」
「セミとかバッタとかいいひんなったもんなあ」と
残念そうな話し声が聞こえてきました。

園庭にはいなくなったけど、園庭の外はもしかして…
ということで、今日はアリさん探しに出発
たんぽぽ組だけでのお散歩は初めてなのでちょっとドキドキしたけれど
でもさすが3学期
「ちょっと〜〇〇ちゃん、先生の見えないところに行ったらあかんで」
「ここ、水たまりあるしな。気つけてや」と
子ども同士で注意し合い、呼びかける頼もしい姿が見られました
アリさんは葉っぱの下で寝ているのかな?と、葉っぱをどけて覗いたり、
端っこに隠れているのかな?と、じーっと見つめたり、
「アリさ〜ん!でてこ〜い!!」と大きな声で呼んでみたり、
すると…
「あったー!ここに穴があるーーーーー
アリの巣??を発見
「どこどこ!?」みんなが駆け寄ります
そこで、担任が持っていた魔法の粉を見せると、
「えっ?塩もってきたん?」
「ちゃうって、絵本でアリさんはクッキー運んでたやん、砂糖や」
「ちゃうで、これは、こーなっ!」
この魔法の粉は、お散歩に行く前に園長先生からいただいたお砂糖
穴のそばに置いてみました。
「出てくるかなあ」
「えっこれってまた明日も見にきたら粉なくなってるかもよ」
「明日も、明日の明日もお散歩きて、見たらいいやん、イエーイ」
と、大盛り上がり
さあ、アリさんは出てきてくれるかな

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 倉畑 歩美

 

アンファンクラス

 今日も元気に、みんな元気にアンファンクラスに来てくれました

登園後のお部屋遊びでは、カラー積み木を並べて、ミニミニサーキットの様にして、
遊ぶ姿がありました。

色々な形の積み木があるので、みんな考えながら楽しく遊んでいます

そして今日は、凧上げの凧をみんなで作りました


ビニール袋にペンで、好きな模様を描いて・・・

シールをペタペタと貼って・・・

出来上がり・・・

みんな早くお外へ行きたくて・・  早く凧上げがしたくって・・

赤白帽子を被り、上着を着てお外へ行く準備の早い事・・

靴に履き替えるのも早かったです

今日は、良い感じに風が吹いていたので、紐を持った手をたかーく上げて!!
走りました!!

ビニール袋に空気が入って膨らむのをすごく喜んで、みんな一生懸命に走りました

楽しかったね〜

そのあとは、園庭で遊びました

今日はお外でたくさん遊べて良かったね

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 上村 紗希

 

エッセイズ♪三つ編み折り☆☆☆

昨日から3学期が始まりエッセイズの棚もリニューアル
変化に敏感な子どもたちは教室に入るなり、


わぁーー変わってる〜
  3学期やから新しく変えたん?
  早くやりたい〜!

と、とっても楽しみにする姿がありました。


そして今日、一斉提示でみんなで一緒に
3つ編み折りに挑戦しました


3本の細長い紙を規定の貼り方にくっつけて、
編むように折りたたんでいくのですがこれが結構難しい…

順番の理解や、折るということの経験。
隣の紙とまっすぐに合わせることのコツやその力加減。

たくさんの【気を付ける点】が順番にやってくるので
ひたすら、集中集中。。。


やり始めは様々な理解が結び付かず

「先生分からへーーん!」

の声でいっぱいの教室でしたが一緒にしていくうち、

「(あっ、)」

と、急にコツを掴めるタイミングがそれぞれにあるようでした。


子どもたちの柔軟な脳が羨ましい・・・・


今日は、時間的に1本編むので限界でしたが子どもたちは、

もっとやりたい・・・

なんか楽しくなってきた・・・

と、呟いていまいした。

3学期は3つ編みも人気が出そうな予感です


その後は、給食をモリモリ食べてお外あそびへ


明日製作予定の凧あげを見せようと、
見本で作った凧を上げることに。

外で1人、凧を持って空高く全力疾走する担任の姿に

ぅぅうわああああああ、やりたい!


と、満面の笑みを浮かべる子どもたち!

(シメシメ・・・笑)


廊下には、、、
あれはナンダ!
と、たんぽぽ組の子どもたちと倉畑先生の姿が(笑)

「もっか〜い」とかわいいアンコールをくれました



――――――――――――


そしてそして、戸外遊び中のすみれ組。

凧揚げ希望者は列に並び園庭を一周すると
リレーのバトンのごとく凧を交代で
持ちかえていました(笑)


その時間約1秒。なんてスムーズ!!!


並んでいる子は友だちがあげている様子に

もっと手上にあげ〜〜〜な〜〜〜〜


今風いい感じやーーん!ほらもっと走りーーー


と、なかなかの京都弁で応援&アドバイス

そして自分があげる時にはそれを活かすという…


友だちとの信頼関係も徐々に深まっている3学期らしい幕開けに、心がほっこりしました♪


新しいお友だちも1名加わり26名となったすみれぐみ
3学期もみんなで笑顔いっぱいの時間を過ごせますように

画像

画像

by 王本 陽子

 

アンファンクラス

 アンファンクラスの3学期が、今日から始まりました

   今年もよろしくお願いいたします

3学期初日の今日は、残念ながら雨となりましたが・・

お休みのお友だちもなく、みんな元気に登園してきてくれました

久しぶりの幼稚園なので、どうかな?泣いちゃうかな?・・と少し心配していましたが・・
朝の準備もしっかり自分で頑張ってくれていました

新しいおもちゃも少しあって、みんな嬉しそうに遊んでいました!!

「一緒にあそぼー!」  「これ新しい〜!!」・・と
賑やかに楽しく遊びました

今日は、椅子取りゲームをしました

ルールがよくわかってきたので、音楽が止まったら椅子に座るのにみんな必死なこと・・
一生懸命な表情がとっても可愛かったです

そして、カプラもしました

横に並べたり、高く積んだりして遊びました!!

お友だちの作っているのを見て、同じのを作ってみたり・・
楽しくみんなで色んなものを作りました。

そして、お片付けをした後は、お待ちかねのお弁当です

久しぶりにみんなでワイワイ楽しくお話しをしながら食べて嬉しかったね

サンタさんにもらったプレゼントや、お正月のお話もたくさんしてくれました

みんなで楽しく3学期を過ごそうね

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 上村 紗希

 

ファミーユクラス

新年を迎え、今日からファミーユクラスがスタートしました。

冬休み、お家でご家族と良いお正月を過ごされた様子。

「あけましておめでとうございます。」とかわいい声でご挨拶してくれましたね。

お友だちを見つけるとにっこりしたり、そばで遊んだり、追いかけっこしたりと子どもたちも、お母様も再会を喜んでおられる姿がみられました。 

早いもので、5月から始まったファミーユクラスも今学期を残すのみとなり、心も体も
大きくなってきた子どもたちを見つつ、今学期も色々な経験を積み重ね、成長できるように増々頑張りたい思いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


今日はみんなで「ふくわらい」を作って遊んだり、影のプレゼントのあてっこをしてあそびました。


お母さんと一緒に、目や鼻、口眉毛などを描いて切って作ったのですが、ハサミを持つ手つきもしっかりしてきましたね。


先生が、お話しをしている時も、目がしっかり向いて聞いている姿など、大きくなってきたのを感じました。


福笑いでは、一つおいてそっと覗いて確かめたり、お母さんに一生懸命教えてあげたり、ずれているとそっと修正したりなどなど。


日本の伝承遊びにふれる良い機会なので、またご家族で楽しんでみてくださいね。


今日はお天気が悪くて大好きなお庭には、遊びに行けなかったけれど、来週は、良いお天気になりますように、みんなでお祈りしましたね。

また、来週元気なみんなに会えるのを楽しみにしています。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 粕渕 享子

 

誰だったら助けますか?

 待ちに待った始業式!子どもたちが帰ってくるのを本当に楽しみにしていました。

 あいにくの雨模様でしたが、朝のお出迎えの時には一人で「あけましておめでとうございます」と言える子、恥ずかしくて言えなかった子、いつも通りの子、いつもより張りきっている子など様々でした。

 何よりママと離れたくない・・と言う子がいなかった?気がつかなかっただけかもしれませんが・・そんな気がします。

 『幼稚園に行くことが楽しい!』と多くの子どもが思ってくれているなら、それが何よりです。今はまだ、お正月の挨拶ができなくても、エンチョー!としか呼べなくても、幼稚園に楽しく行けることの方が価値があるような気がします。

 挨拶しないと怒られるからとか、先生と呼ばないと叱られるからという恐怖体験がベースにある子どもがいたとしたら、幼稚園だけでなく楽しい毎日が、創造的な時間が、感受性豊かなこの時期を過ごせているだろうかと思います。

 小さい頃から、自分で判断する、考えさせるということ、特にそれによる失敗経験は、適切なフォローさえできれば大きな財産になり得ます。そういう子どもは、成長すればできるようになります。周りがそう信じて、彼らに任せているからでしょうか。

 逆に、心配して失敗しないように、周りの反応を意識しながら、言われた通りにするように育った子は、どうでしょう。

 ついつい手や口を出したくなる大人、私たちのような仕事は特にそうですから、気をつけたいものです。

 始業式では、聖書にある『よきサマリア人』の紙芝居を読みました。

 みんなも困っている人がいたら、それが大好きなお友だちじゃなくても、助けてあげられるといいね、というお話をしたあと、世界には幼稚園や小学校に行けずに家族のために仕事をする子どもがいることを伝えました。

 本日【世界子ども助け合いの日】のカードと募金袋をお渡ししています。先日来日した教皇フランシスコが主催する児童福祉会による事業です。

 本日開催いたしました制服リサイクルバザーの売上金51,700円も、こちらに寄付させていただきます。ご協力ありがとうございました。

画像

画像

by 田中 圭祐

 

はじめの第一歩

教皇フランシスコは、バチカンで行われたクリスマス深夜ミサで、次にように話されました。

 「恵みを受け取ることは、感謝を知ること」

 イエスという贈り物を受けたわたしたちは、
 わたしたち自身もイエスにような贈り物にならなければならない。

 「自分が贈り物となることは、人生に意味をもたらす」

 自分のいのちを贈り物としながら、他人を変えようとするのではなく

 自分自身が変わろうとする時、
 自分も、教会も、歴史も変わり
 それは世界を変える最良の方法となる。
 以上、引用おわり

 私たちは、ついつい自分は変わろうせずに、相手を変えようと、どうしてわかってくれないの?どうしてできないの?と不満をもってしまうことがあります。

 自分の限界を知ることは、諦めることでも放棄することでもなく、相手を受け入れるための初めの一歩なのかもしれません。

 自分こそが完璧だと思う人には神は必要ありませんね、自分が神だから・・

 相応しくない自分自身を受け入れることは、イエスを受け入れることかもしれません。
 その上で、自分以外の誰かと力を合わせていきたいですね。

 あなたは誰とCollaborationしますか? さあ踏み出そう!はじめのい〜っぽっ!

画像

by 田中 圭祐