アンファンクラス

「おはようございまーす。」アンファンクラスのお友だちが元気に登園してくれました。


お母さんとサヨナラするときは、涙が出るお友だちも、好きな遊びを見つけて遊びだすと、すっと涙も止まって、木のはめ込みパズルに、星形や丸をはめ込んだり、
サボテンのバランス教材に取り組んだりしていました。また、
汽車のレールをつないでお友だちと、汽車を走らせたり、おままごとをしたりと、自然と隣のお友だちと遊んでいました。


お茶をのんで、おいのりをして、今日はフープであそびました。
きれいな色のフープを見ると、目が輝いて、ハンドルに見立てて「しゅっぱーつ」と運転です。
「さぁついた」とフープを置いて、今度はちょうちょうになってまわりをとびました。
手で羽を作ってとんで、フープのお花にとまります。
「わたしは、むらさきのおはな」
「わたしは、赤いの」と
好きなお花があるようす。
お花の蜜もいっぱい飲んでおいしかったね。


そのあとは、心配していたお天気も大丈夫で、大好きなお庭であそびました。
タッタ、タッタと足取りも軽く、遊びたい気持ちが伝わってきました。
「せんせーい」、と大きな声でいってくれたり、アスレチックの双眼鏡をのぞいて、「おーい」と手をふったり、「もういっかい」と滑り台でトンネルを作ってほしいことをつたえたり、などなど。
少しずつですが、慣れてきて自分を出して遊べてきたようです。


教室でタオルをなおしてリュックを背負うと、お迎えに来てくださるとわかっている様子の子もみられました。


明日は、「せいぼであそぼ!」があります。
よかったら、ご参加ください。おまちしています。



画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

by 粕渕 享子