「天才」は学校で育たない、という本

 汐見先生は育児や保育を総合的な人間学と位置付けておられます。この考え方に私は心の底から同意の100%agreeであります。

 NHKのすくすく子育て(毎週録画してます)にもコメンテータとして出演されているので、ご存じの方もいらしゃると思います。私たちの業界で知らない人はモグりです。

 個人的な感想は、私の大好き本の殿堂入りが決定。職員の課題図書にできないかと思うほどであります。そんなワクワクしながら読める本を小学生の授業風に紹介したいと思います。

 「本のタイトルを読みなさい。」

 「あれ、声を出していない人がいますね、全員起立!」

 「本のタイトルを3回読んだら座ります。」「さん、ハイッ」

 「天才は学校で育たない・天才は学校で育たない・天才は学校で育たない」

 「読めました。」

 「汐見先生は、天才は”どこで”育たないと書いていますか?」

 「学校です。」

 「正解!学校です。」

 「幼稚園ではないのです」

 「授業を終わります。」

 是非!ご一読を

画像

画像

by 田中 圭祐