今を生きる子どもたち♪

♪あかりをつけましょぼんぼりに〜

ひなまつりの歌に合わせ吹いてくるそよ風に、春を感じる今日このごろ。

先週からみんなで取り組んでいたひな飾りが出来上がりました。

生活発表会が終わり、子どもたちからはますます自信が感じられるようになりました。
お友だちといっしょに過ごせることにこの上なく楽しさを感じている様子も

今日の園庭遊びでは、
「せんせい、ぼくのぼれるで、みててな!」とアスレチックをゆっくりじっくりのぼっていくのを見せてくれたり、

「こんなにはやくはしれるよ!(ビューっとひと回り) ほらね!」

「すごいでしょ!」

とできるようになったことを自慢げにアピールする姿でいっぱいでした。

学年がひとつ大きくなるということをこれからひしひしと感じ、またその喜びをからだいっぱいに受けとめていくことと思います。

お帰りの会では、お当番さんに「今日なにがあった?」と担任が聞くと、

「〇〇ちゃんとプリンセスごっこをしたのがたのしかった」
「おひなさまができあがってうれしい」といった声がありました。

一年を振り返る時期ではありますが、子どもたちにとっては今が一番!

私たち大人は次に向けての〇〇を、とか、「この一年でたのしかったことは?」などと思いがちですが、

年少組の子どもたちにとっては「いま、できること」「いまできるようになったこと」が兎にも角にも、うれしいのですね

今を生きる子どもたちと、日々をたいせいつに、お互いの成長をよろこんでいきたいと思います


by 村井 愛子