慣らし保育始まりました

今週から慣らし保育が始まりました

先生たちはみんなに会えるのをとっても楽しみにしていましたよ

朝はどきどき緊張したお顔で登園してきてくれた年少ぐみのお友だち

リュックを降ろして、タオルとコップをだして、水筒をかけて、うがいをして・・・

入園式に会った時からまだわずかですが、初めてのことにも一生懸命頑張っている

姿に成長を感じました


おうちの方と離れる時は悲しくなってしまうお友だちもいましたが、エッセイズをした

り、シールを貼ったりするうちに少しずつですが、笑顔が見られたり、お話をしてくれ

たり、話しかけるとうなづいてくれるようになりました


子どもたちにとっては、園庭が何よりも魅力的だったようで、「公園行きたい」「お外で

遊ぶ」と早く遊びたくて仕方がない様でした。

園庭では、ボール投げをしたり、すべり台がお気に入りで何度も滑ったり、ちょっぴり

難しいアスレチックや巧技台にも果敢に挑戦したり・・・

また砂場で遊んでいるお友だちを見つけると、砂場に行き、関わりはまだほとんどな

いものの、それぞれスコップでバケツに砂を入れたり、プリンにして「どうぞ」とさしだ

してくれたり、思い思いの遊びを楽しんでいました


帰りの時間になりおうちの方の顔を見ると、満面の笑みになるお友だち、ホッとして

泣き出してしまうお友だち、おうちの方にぎゅっと抱きつくお友だち・・・みんながどん

なに気がはっていたのかどんなに頑張っていたのかということがわかりました


長い間お休みだったので、週に1回の登園でしたが、心も体もくたびれたと思います

みんな本当によくがんばったね

また、来週、楽しいことをして遊ぼうね

by 坂根 有紀